「1homefurnit GDM01U」ガススプリング式モニターアームで机環境を改善!!

デスク周りが煩雑になり過ぎると集中力も作業効率が下がってしまいます。

管理人も机の上にスピーカーやヘッドホン、キーボード、ディスプレイなどセットしていて物体の占有率が高めです。そして非常に狭い。

なんとか机のスペースを有効活用したと思い、行きついた先がモニターアームでした。

今回は低価格でレビューの評価も良かった「1homefurnit GDM01U」モニターアームをチョイス。

低価格のモニターアームですが、現状しっかりと使用できています。

そんな「1homefurnit GDM01U」モニターアーム をレビューしていきます。

種類と価格

モニターアームの種類には大きく分けて「水平直下可動式」「水平可動式」「直下可動式」が存在します。

その中でも「水平直下可動式」は、稼働にガスシリンダー圧が使用されることが多く操作も簡単です。

その反面、高価格になりがちなのもこの「水平直下可動式」となっています。

1homefurnit GDM01U」モニターアーム は現在Amazonで2,900円と水平直下可動式のモニターアームでは超が付くほどの安値で提供されています。

どう考えても破格です。

これだけ安値にも関わらずレビュー評価は上々なのでそれほど悪い製品ではないのではと感じました。

性能


ガススプリング式のモニターアームで、VESA規格に対応しているので特殊なモニターでない限り、たいていのモニターに取り付けることができるでしょう。

対応モニターサイズは27inchまでとモニターの一般的なサイズまで賄えているのがGoodな点です。

設置方法はデスククランプ式とグロメットベース取り付け式に対応しているので、ユーザーの環境にとって最適なものを選択できます。

・型式       ガススプリング
・カラー      ブラック
・規格       VESA  ネジ穴距離:75×75mm,100×100mm
・耐荷重      2~6.5kg
・対応モニター   13~27inch
・可動範囲     上方向に90°
          下方向に45°
          左右に±90°
          回転 360°
・設置方法     デスククランプ デスクの厚さ:10~83mm
          グロメットベース取り付け 穴の幅10~50mm
・重量       2.88kg
・素材       アルミニウムと鋼

デザイン

開封していきます。

中身はこのような感じです。今回はデスククランプ式で固定していきます。

取扱説明書と工具、ネジ類は既に入っているので他に準備するものはありませんでした。ただ、このモニターアームはネジが堅かったので工具用のドライバー等があればより簡単に設置できるかもしれません。

USB端子とオーディオ端子、マイク端子が装備されているので使用する場合はPCに繋げる必要があります。

管理人の机周りはケーブルが多すぎてごちゃごちゃしており、これ以上ケーブルを増やさないようにするために取り外しました。

アルミニウムと鋼が使われているので手にしてみた感じでは、すごく頑丈そうです。ある程度ずっしりとした重みがありしっかりとしていることがわかります。

しかし各所に使われているプラスチックとの組み合わせで高級感は感じません。そのへんは価格なりだと思います。

机に挟み込みました。

デスクにモニターアームを固定しました。固定方法はデスクにクランプでかませています。

VESA規格に対応しており、このモニターアームには、
ネジ穴距離:75×75mm,100×100mmのモニターを設置することができます。

購入する前にモニターのネジ穴を確認してみるといいでしょう。

アームの下側にプラスチックカバーがあり、ケーブルを束ねれるようになっています。最後にケーブルを束ねてセットが完了しました。

実際に設置してみて机まわりが広くなりました。

モニターを設置していた場所が随分と広がり余裕ができたため、今まで以上に机のスペースを有効活用できそうです。

モニターアームのもう一つのメリットとして、モニターの高さや角度を自由に変更できるという点があります。作業内容によって自信にとってベストな位置と角度に設定できるので体にも優しいです。無理な体勢を取る必要は無くなります。

実際にモニターアームを設置している画像がこちら。

ちなみにモニターアームを使用する前はこのような感じでした。モニターの脚が邪魔でオーディオ機器をモニターの奥に設置していたりと、空間に余裕ができたことは一目瞭然です。

気になったところ

しかし気になったところがいくつかあります。

堅い

この商品ですが全体的に稼働が堅めです。

なので手に添えてスルッと動かせるようなものではありませんでした。可動域の堅さを調整できるように調整用のボルトを回したりしましたがそれでも堅いです。

使用していけば少しはスムーズになるかもしれませんが、最初は力を必要とします。

そんなにフレキシブルでもない

ガススプリング式のモニターアームをといえば、モニターを縦横無尽に動かせるイメージがありますが、このモニターアームはそれほど可動域が大きくありません。スムーズに動かせないイメージです。

また可動自体が堅いため余計にそう感じてしまいました。上下左右に動かすことは問題なくできますが、あまり期待しすぎないように。

物自体はしっかりとしていますが、価格的に細部のスペックダウンは免れません。

最後に

ここまで、「1homefurnit GDM01U」モニターアームを見てきました。

気になるところはあるものの、しっかりとしていて机環境も改善できたので非常に満足しています。

モニターの下に小物を置けるようになりスペースを有効活用できたりと、値段以上の活躍を見せてくれました。

ガススプリング式のモニターアームとしては非常に安価なのでモニターアームを使用していない方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!