amazonタブレット「第8世代Fire HD 8」×「第7世代Fire HD 8」を比較!!

amazonから、「第8世代Fire HD 8」が新しく2018年10月に発売されます。前機種にあたる「第7世代Fire HD 8」とどう異なるのか確認していきます。

端末スペック

型式 第8世代Fire HD 8
第7世代Fire HD 8
CPU クアッドコア1.3GHz
クアッドコア1.3GHz
ディスプレイ 8インチ HD 8インチ HD
解像度 1280 x 800 (189ppi)
1280 x 800 (189ppi)
メモリ 1.5GB 1.5GB
ストレージ 16/32GB 16/32GB
OS Fire OS 6.0.0 Fire OS
駆動時間 10時間 12時間
オーディオ Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
Bluetooth
接続端子 Micro USB Micro USB
外部ストレージ microSDカード
400GBまで対応
microSDカード
256GBまで対応
カメラ 2Mピクセルフロントカメラ
+
2Mピクセルリアカメラ
2Mピクセルフロントカメラ
+
30万画素ピクセルリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド a/b/g/n
デュアルバンド a/b/g/n
本体サイズ
(横幅×奥行×厚み)
214 x 128 x 9.7mm
214 x 128 x 9.7mm
重量 369g 369g

高コストパフォーマンスの「第8世代Fire HD 8」

更に値引きの「第7世代Fire HD 8」

正直マイナーチェンジのレベルです。

端末自体の基本的な性能はほぼ変わっておりません。

変化したところは、こちら。

・外部ストレージに使うmicroSDカードが400GBのものまで対応
・フロントカメラの性能が30万画素から200万画素まで向上
・駆動時間が12時間から10時間に短縮

駆動時間が短くなってしまったことは残念・・・。

しかし、第7世代と比べると各モデルとも価格が3,000円ほど安くなるため新規で購入する場合は絶大なコストパフォーマンスを誇ります。

本体価格

「第8世代Fire HD 8」   16GB:8,980円 32GB:10,980円

「第7世代Fire HD 8」   16GB:10,890円 32GB:13,980円
※発売当時

「第8世代Fire HD 8」は第7世代と比べると、価格が抑えられて発売されます。

ただでさえ、コストパフォーマンスでは最強クラスと言われていた「第7世代Fire HD 8」が第8世代になってさらに安くなるので、これから購入される方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

発売は10月からです。現在amazonで予約が受け付けられています。

一方、既に「第7世代Fire HD 8」をお持ちになっている方にとっては特に買い換えるメリットはありません。

基本性能がほとんど変化していないので第7世代でも問題なく使用していけるでしょうし、第8世代に買い換えてもその恩恵を感じることはあまり無いのではないでしょうか。

現在、新機種発売前のセールで「第7世代Fire HD 8」が2,000円OFFで発売されています。いつまでセールが続くかわかりませんが、普段よりさらにお安くFireタブレットを手に入れるチャンスです。

少しでも安く購入されたい方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

16GBモデルは販売が完了されており、32GBモデルのみの販売となります。

変更点

外部ストレージ

「第8世代Fire HD 8」   400GB microSDカード

「第7世代Fire HD 8」   256GB microSDカード

「第8世代Fire HD 8」において、microSDカードが256GBから400GBまで対応されました。

ここに大きなメリットを感じる方はあまりいないような気も・・・。
写真や動画等を大量に保存できるようになります。

カメラ

「第8世代Fire HD 8」   リアカメラ    200万画素
_____________ フロントカメラ   200万画素

「第7世代Fire HD 8」   リアカメラ    200万画素
_____________ フロントカメラ   30万画素

フロントカメラに200万画素のレンズが採用されています。フロントカメラを利用したビデオチャットで強みとなるでしょうが、使い勝手としたは第7世代と変わらなさそうです。

バッテリー

「第8世代Fire HD 8」   10時間

「第7世代Fire HD 8」   12時間

第8世代では、駆動時間が10時間と前機種と比べ2時間ほど短くなっています。

タブレットをいざ使おうと思って電源を入れると、充電がほどんど無いという状況はよくあることなので、唯一の残念ポイントです。

最後に

「第8世代Fire HD 8」は第7世代からマイナーチェンジに留まったものの、依然として絶大なコストパフォーマンスを誇ります。

これから購入される方にとっては間違いなくベストバイになるのではないでしょうか。

しかし、既に「第7世代Fire HD 8」を所持されている方にとってはしばらく様子見でもいいのかなといった印象です。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!