After Effectsで波打つテキストの作り方

動画編集にて印象付けたい場面でテキストを波打たせることがあります。そこでAfter Effectsで波打つテキストの作り方を紹介していきす。

After Effects – Webサイト

コンポジションの作成

After Effectsを立ち上げたらコンポジションを作成してテキストを挿入してください。

テキストは左上にある「T(テキスト)」を選択することで打ち込むことができます。

波形ワープを選択

エフェクト&プリセットから「波形ワープ」を選択して、テキストに反映させてください。

エフェクトコントロールにて波形ワープのパラメーターを調整することで、波の打ち方を調整できます。

とりあえず「波形の高さ」「波形の幅」を変更しておけばいい感じになります。

Premiere Proへの導入

After Effectsで作成したコンポジションをPremiere Proに連携させるためには「Adobe Dynamic Link」機能を使用します。

そうすることでPremiere ProでもAfter Effectsのコンポジションを利用することが可能。

まず、Premiere Proを立ち上げます。操作は下記の通り。

・ファイル⇒Adobe Dynamic Link⇒After Effectsコンポジションを読み込み

まとめ

After Effectsで波打つテキストの作り方を紹介しました。印象づけたい場面で使用すれば、より強調させることができるでしょう。

After Effects – Webサイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!