After Effectsで編集した動画をMP4形式で書き出す方法

After Effectsからは直接MP4形式で書き出すことができません。

After EffectsからだとAVI形式やMOV形式から選択することになります。ただこれらの形式は、かなり大きなファイルサイズになってしまうので個人使用では少し扱いづらさを感じてしまいます。

そこで、Adobe Media Encoderを使用することで、MP4形式で書き出すことが可能になるでしょう。

After Effects – Webサイト

Adobe Media Encoderキューに追加

「ファイル」⇒「書き出し」⇒「Adobe Media Encoderキューに追加」の順に選択してください。

Adobe Media Encoderの設定

Adobe Media Encoderが立ち上がるとキュー欄に書き出したい動画ファイルが表示されています。されていない場合は少し待ってみてください。表示されるまでにラグがあります。

表示されている動画ファイルの青文字をダブルクリックすることで「書き出し設定」を立ち上げてください。

書き出し設定

書き出し設定の形式にて「H.264」を選択してください。これによりMP4形式で書き出すことが可能になります。

またはプリセットをクリックすることで、TwitterやFacebook、YouTubeなどのSNS等に最適な形式に変更することも可能です。

最終的にAdobe Media Encoderの緑色の矢印アイコンをクリックすることで書き出しが始まります。

まとめ

After Effectsで編集した動画をMP4形式で書き出す方法を紹介しました。Adobe Media Encoderを利用すればMP4だけでなく様々な形式で保存することができるでしょう。

After Effects – Webサイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!