AQUOS 「sense lite SH-M05」「R compact SH-M06」「sense plus SH-M07」を徹底比較!!

シャープから展開されているAQUOSシリーズのスマートフォンは、ミドルハイクラスのスペックにリーズナブルな価格設定となっています。また、おサイフケータイなど日本国内のサービスへ対応している機能が搭載されているため、その利便性から高い人気を誇る端末です。

そんなAQUOSシリーズの中でも比較的新しい機種が「sense lite SH-M05」「R compact SH-M06」「sense plus SH-M07」となっています。

映像美に定評のあるIGZOディスプレイや指紋センサー、海外メーカーにはあまり搭載されていないおサイフケータイ等日本で使用するにはとても扱いやすい仕様だと感じました。

性能も価格帯もばらばらなので、それぞれの端末を比べてどういった方におすすめなのか見ていきたいと思います。

端末スペック

端末
スペック
AQUOS sense lite
SH-M05
AQUOS R compact
SH-M06
AQUOS sense plus
SH-M07
キャリア SIMフリー SIMフリー SIMフリー
プラットフォーム Android™ 7.1
OS 8.0に順次アップデート
Android™ 8.0 Android™ 8.0
プロセッサー Qualcomm® Snapdragon™ 430 オクタコア,(1.4GHz+1.1GHz) Qualcomm® Snapdragon™ 660 オクタコア, (2.2GHz + 1.8GHz)
Qualcomm ® Snapdragon 630 /オクタコア 2.2GHz+1.8GHz
液晶ディスプレイ/解像度 5.0インチ IGZO 1920×1080ドット (FHD) 4.9インチ ハイスピードIGZO 2032×1080ドット (FHD+)
約5.5インチ IGZO 2,160×1,080ドット(FHD+)
メインメモリ 3GB 3GB 3GB
内蔵メモリ 32GB 32GB 32GB
外部メモリ容量 256GB 400GB 400GB
Bluetooth Bluetooth4.2 Bluetooth5.0 Bluetooth5.0
テザリング対応
無線LAN規格 802.11 b/g/n 802.11 a/b/g/n/ac
802.11 a/b/g/n/ac
Webカメラ メインカメラ:1,310万画素
インカメラ: 500万画素
メインカメラ:1,640万画素
インカメラ: 800万画素
メインカメラ:1,640万画素
インカメラ:800万画素
耐水・防水機能 IPX5/IPX8 IPX5/IPX8
バッテリー容量 2,700 mAh 2,500mAh 3,100mAh
GPS機能
ハイレゾ
おサイフケータイ
認証機能 指紋認証 指紋認証 指紋認証
サイズ 高さ約144mm×幅約72mm×厚さ約8.5mm 高さ約132mm×幅約66mm×厚さ約9.6mm
高さ約151mm×幅約71mm×厚さ約8.9mm
質量 約147g 約140g 約157g
SIMサイズ nano SIM nano SIM nano SIM
カラー ゴールド、ホワイト、ブラック、限定色多数 ホワイト、シルバーブラック
ホワイト、ブラック、ベージュ
外部接続端子 USB Type-C USB Type-C USB Type-C

「SH-M05」は他の端末と比べて発売が早いぶん性能は低めとなっていますが、それらのデメリットを飲み込んでしまうほどの低価格です。性能が低いといってもブラウジングや動画鑑賞をなどで支障をきたすことはないでしょう。

性能的に最も高スペックな端末は、「Snapdragon660」を搭載しているの「SH-M06」となっています。

「SH-M07」は「SH-M05」の完全上位互換となっているので、比較対象としては「SH-M06」に近い性能となっていることがわかります。

ただ、高性能な「SH-M06」が一概に良いというわけではなく、プロセッサー以外の部分では「SH-M06」より「SH-M07」が勝っている部分が多々あり、価格差を考えると「SH-M06」より「SH-M07」の方がコストパフォーマンスは高めとなっています。

価格重視でいくと「AQUOS sense lite SH-M05」

性能重視でいくと「AQUOS R compact SH-M06」

コストパフォーマンス重視でいくと「AQUOS sense plus SH-M07」

本体価格

「AQUOS sense lite SH-M05」   29,800円

「AQUOS R compact SH-M06」 67,800円

「AQUOS sense plus SH-M07」 39,800円

すべて参考価格です。現在は値下げ傾向にあり、通信業者によっては大幅な値下げやキャンペーンを実施している場合があります。

<OCN モバイル ONE>
通常価格ですが安めに設定されています。プランの組み合わせ次第では値段を大幅に抑えることができます。

【OCN モバイル ONEへ】

<BIGLOBEモバイル>
全端末対象で「音声SIM3GB以上なら最大10,800円OFF!」というキャンペーン実施中。
対象機関:2018年8月6日~2018年9月30日までとなっています。

【BIGLOBEモバイルへ】

<楽天モバイル>
楽天モバイルでは、通話SIMでお申し込みの場合キャンペーン価格となります。
AQUOS sense lite SH-M05    14,800円
AQUOS R compact SH-M06  49,980円

【楽天モバイルへ】

プロセッサー

「AQUOS sense lite SH-M05」   Snapdragon430

「AQUOS R compact SH-M06」 Snapdragon660

「AQUOS sense plus SH-M07」 Snapdragon630

この三機種を比較する上で一番大ききな違いとなるのがプロセッサーの性能でしょう。

ベンチマーク測定アプリの「Antutu」での値は下記数値を推移しています。

Snapdragon430 50000~60000

Snapdragon630 80000~90000

Snapdragon660 110000~120000

「Snapdragon400番台」のプロセッサーはミドルスペックで「Snapdragon600番台」のプロセッサーに対して性能は劣ります。

スマートフォンでアプリゲーム(3Dゲーム等)などをされる方は「600番台」、欲をいえば「800番台」のプロセッサーを搭載しているスマートフォンだと快適にプレイすることができるでしょう。しかし、「400番台」のプロセッサー搭載機であってもブラウジングや動画鑑賞程度であれば問題ない性能を有しています。

「Snapdragon600番台」のプロセッサーはミドルハイスペックに相当します。「Snapdragon660」に比べると「Snapdragon630」はスコアで劣っていますが、通常の使用においてはスコアほどの性能差は感じにくいのではないかと思われます。

IGZOディズプレイ

「AQUOS sense lite SH-M05」   5.0インチ IGZO 1920×1080ドット (FHD)

「AQUOS R compact SH-M06」 4.9インチ ハイスピードIGZO 2032×1080ドット _________________(FHD+)

「AQUOS sense plus SH-M07」 約5.5インチ IGZO 2,160×1,080ドット(FHD+)

すべての機種で「IGZO」ディスプレイが採用されています。繊細さと鮮やかさに定評のある「IGZO」ディスプレイですが高解像度であることも相まって画質に不満がでることはまず無いでしょう。

この中では「AQUOS sense plus SH-M07」が画面が大きいぶん解像度も高めになっています。

FHD+とはアスペクト比が18:9になる少し特殊な解像度です。テレビなどが16:9なのでFHD+は少し縦長になります。

カメラ

「AQUOS sense lite SH-M05」  メインカメラ1310万画素 インカメラ500万画素

「AQUOS R compact SH-M06」 メインカメラ1640万画素 インカメラ800万画素

「AQUOS sense plus SH-M07」 メインカメラ1640万画素 インカメラ800万画素

「SH-M07」と「SH-M06」が同画素となっており「SH-M05」が他の端末より画素数は劣っています。

カメラの性能として十分高画質な写真を撮影できますが、他メーカー製の現行機種と比べるとカメラ性能は全体的に劣っている印象を受けます。

スマートフォンで綺麗な写真を撮りたい方や写真にこだわりがある方は注意が必要です。

バッテリー

「AQUOS sense lite SH-M05」  2700mAh

「AQUOS R compact SH-M06」 2500mAh

「AQUOS sense plus SH-M07」 3100mAh

「SH-M07」はサイズが大きいぶんバッテリー容量も豊富です。

低消費電力といわれるIGZOパネルを採用しているAQUOSであれば、バッテリー容量が3000mAhを超えてくれば電池持ちとしてはそこそこではないでしょうか。

Wi-Fi

「AQUOS sense lite SH-M05」   802.11 b/g/n

「AQUOS R compact SH-M06」 802.11 a/b/g/n/ac

「AQUOS sense plus SH-M07」 802.11 a/b/g/n/ac

「SH-M05」は、5GHz帯に対応しておらず、機種を選定するさいのデメリットになっていました。しかし「SH-M06」と「SH-M07」は5GHz帯にも対応しています。

それにより、2.4GHz帯での通信が混雑している場合に5GHz帯へ切り替えることで快適な通信速度を維持できるでしょう。

無線LAN規格 通信速度(最大) 周波数帯
IEEE802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯
IEEE802.11n 300Mbps 2.4G帯/5GHz帯
※2.4G帯のみ対応の場合あり
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz帯
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz帯

ワンセグ

「AQUOS sense lite SH-M05」   なし

「AQUOS R compact SH-M06」 あり

「AQUOS sense plus SH-M07」 なし

「SH-M06」のみワンセグに対応してあります。スマホでテレビを見られる方は要確認事項です。

防水/防塵/耐衝撃

「AQUOS sense lite SH-M05」   防水(IPX5/8) 防塵(IP6X)

「AQUOS R compact SH-M06」 防水(IPX5/8) 防塵(IP6X)

「AQUOS sense plus SH-M07」 防水(IPX5/8) 防塵(IP6X)

ディスプレイには強化ガラスを採用し高い防水防塵性能で雨やほこりから本体を守ってくれます。

すべての機種で、防水性能は「IPX5/8」といって規定されているランクにおいては最高峰に位置し、「ある程度継続して水没しても内部に浸水することがない」レベルとなっています。そのためお風呂場での使用にも対応しているので湯船に浸かりながらスマートフォンを使う方にもおすすめできます。

防塵性能は「IP6X」というランクですが、こちらも規定されている防塵性能のなかでは最高レベルに位置し「まったく塵埃を侵入させない」というレベルになります。

難しいワードが出てきましたが、つまり外部の環境変化においてはかなり頑丈だということがわかります。

耐衝撃性能においては、MIL規格(MIL-STD-810G)という振動や衝撃、落下、高温高湿などを主な試験内容としている厳しいテストをクリアしているようです。

MIL規格とは米国国防総省が定めた軍事関連で取り扱う携帯機器の環境耐性を定めた規格なので、この規格をクリアしているということは相応の堅牢性を期待できそうです。

詳しいテスト内容が公式のWebサイトにあったので気になる方は確認してみてください。

【AQUOS公式Webサイト】 MIL規格

おサイフケータイ

海外メーカーのスマートフォンにはおそらくほぼ実装されていない機能です。電子マネーで素早く決算できるので重宝している方は多いのではないでしょうか。

公式Webサイトでも確認できますが対応しているサービスは下記のようになります。

※ 対応しているサービス

・楽天Edy
・モバイルSuica
・モバイルWAON
・モバイルJMBWAON
・nanacoモバイル
・iD
・QUICPay™(クイックペイ)

※ 対応していないサービス

・PayPass
・payWave
・J/Speedy

* dカード、dカードminiは非対応。

最後に

「AQUOS sense lite SH-M05」「AQUOS R compact SH-M06」「AQUOS sense plus SH-M07」はそれぞれミドル~ミドルハイクラスの端末になり、突出した性能ではありませんがオールラウンドに様々な場面で使いこなせそうな端末です。

防水やおサイフケータイ、そして指紋認証がついている端末の中でコストパフォーマンスを求めるなら最良の端末ではないでしょうか。

特にSIMフリー端末でおサイフケータイを扱うことができる端末となるとほとんど選択肢が絞られてきます。

また通信業者のキャンペーンによっては大幅な値下げを実施している場合もあり安値で購入できる可能性があります。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

キャンペーン情報

<OCN モバイル ONE>
通常価格ですが安めに設定されています。プランの組み合わせ次第では値段を大幅に抑えることができます。

【OCN モバイル ONEへ】

<BIGLOBEモバイル>
全端末対象で「音声SIM3GB以上なら最大10,800円OFF!」というキャンペーン実施中。
対象機関:2018年8月6日~2018年9月30日までとなっています。

【BIGLOBEモバイルへ】

<楽天モバイル>
楽天モバイルでは、通話SIMでお申し込みの場合キャンペーン価格となります。
AQUOS sense lite SH-M05    14,800円
AQUOS R compact SH-M06  49,980円

【楽天モバイルへ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!