高機能な無料デザインソフトCanva【アイキャッチ画像の作成】

これからブログを始める方で、アイキャッチ画像の作り方に悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

そこで紹介したいのが、無料のデザインソフト「Canva」です。

このソフトを使用すれば、手軽におしゃれなアイキャッチ画像を作成することができます。

この記事を読んでわかること:
Canvaの特徴と使い方

Canvaとは

基本使用は無料ですが、テンプレートの購入には1ドルほどの課金が必要になります。月額プランも存在します。

テンプレートは8000点以上存在し、画像、ロゴ、フォントなど豊富なデザイン素材が揃っています。

また、TwitterやFacebook、Instagramなどのテンプレートも存在するので、SNS用の画像作成も容易に行えることができるでしょう。

Canva – Webサイト

会員登録

まず会員登録を行います。

GoogleやFacebookアカウントを使用することが可能です。

基本的な使い方

Canvaは、シンプルなインターフェイスから直感的な操作が可能です。

基本動作は下記で完了します。

スライドの選択

テンプレートの選択

タイトルの変更

ダウンロード

1.スライドの選択

まず、アイキャッチ画像を作るために、「デザインを作成」からスライドを選択します。

ブログやTwitter、Facebookなど用途に合わせて選択してみましょう。

また、「カスタムサイズ」から自分でスライドの大きさを指定することもできます。

管理人は「1600×900」がちょうど良かったので、いつもこの大きさにしています。

ベストなサイズに調整するのが、一番手っ取り早いでしょう。

2.テンプレートの選択

スライドを選択したあとは、テンプレートを選択します。テンプレートの右下に「無料」のロゴが入っているものは、無料で使用可能です。

それ以外のテンプレートは有料です。選択はできますが、ダウンロード時に課金する必要が出てきます。

 

3.タイトルの変更

テンプレートを選択したあとにタイトルの変更を行います。

4.ダウンロード

画面右上にある、「↓」を選択してください。「ファイルの種類」から「.png」または「.pdf」が選択できます。

最後に「ダウンロード」をクリックすれば、ダウンロードが始まり、アイキャッチ画像の作成は完了です。

個性を出す

基本的な使い方だけでは、味気ないので、テクニック的なものも紹介します。

帯入れ

よく見るアイキャッチ画像として、帯が入ったものが上げられます。

1.「アップロード」から「画像をアップロード」を選択して、真っ黒な画像をアップロードします。(色はお好みで)

2.アップロードした画像を帯状に貼り付けます。

3.右上にある「透明度」のボタンから透明度を調整します。

4.テキストから「テキストボックスの追加」を選択して、タイトルを追記します。テンプレートを使用してもOKです。

5.テキストのカスタマイズ

テキストを打ち込むとき、左上に出現してくるパラメーターから、文字の大きさや色、文字間隔などが調整可能になります。

帯入れのアイキャッチ画像が完成しました。帯が濃いと思う場合は透過率をもっと下げましょう。

ぼかし

1.ぼかしたい画像をアップロードします。

2.画像を選択すると、左上に「フィルター」「調整」「切り抜き」「反転」といった項目が出ていきます。

「調整」の「ぼかし」部分を調整することで、画像をぼかすことが可能です。

ぼかしを利用したアイキャッチ画像が完成しました。

ロゴ

タイトルを強調させたいときに、ロゴを使用するのはどうでしょうか。

1.「素材」からお好みの素材を探してくささい。

2.アイキャッチ画像に反映させます。

帯状のロゴを使用して、タイトルを強調させてみました。

フォント

アイキャッチ画像に必ずしも背景は必要ありません。

1.多種多様なフォントが用意されています。テキスト挿入時に左上のフォント欄から選択してみましょう。

2.面白いフォントがたくさんあるので、ブログのアクセントとしては十分でしょう。

有料版

もっといろいろなテンプレートやロゴが使いたくなった場合は、有料版に登録しましょう。

月額12.95ドルとなっています。

Canva for Work

まとめ

無料デザインソフトCanvaについて紹介してきました。

Canvaを使えば、おしゃれなアイキャッチ画像を数分で仕上げることができます。

アイキャッチ画像で、ブログを華やかにしてみてはいかがでしょうか。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

Canva – Webサイト

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー
<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!