おすすめコンパクトモニタスピーカー7選!!人気機種を厳選

DTMなどの音楽制作で重要なツールとなるのがモニタースピーカーです。

DTMの普及により、自宅の限られたスペースでも十分活用できるコンパクトモニタースピーカーが各社からラインナップされています。

サウンドのモニタリングをはじめとするミキシングやマスタリング、レコーディングなどの音楽制作で大きな力を発揮してくれるでしょう。

また、映画鑑賞といったリスニング用としても高い能力を発揮してくれ、様々な用途に向けて使用できることも大きな特徴です。

モニタースピーカーとは

モニタースピーカーは、リスニング用スピーカーとは異なり原音に忠実でフラットなサウンドを出力してくれます。

それはDTMなどでエフェクトの効果や録音したサウンドを正確に聴き取る必要があり本来の音を出力することを求められるからです。

そんなスピーカーは主に2つのタイプに大別できます。

アクティブ・スピーカー

アンプを内蔵しているタイプのスピーカーとなっています。内蔵されているアンプはスピーカーにとって最適な条件になるようにチューニングされています。

スピーカーの本来の実力を一番引き出せる状態になっているので最初から高音質なサウンドを出力させることが可能です。

音楽制作の現場ではこのアクティブ・スピーカーが主流のようです。

パッシブ・スピーカー

パッシブ・スピーカーはアンプが内蔵されていないので別途アンプを用意する必要があります。カスタマイズ性は高いですが、規模が大きくなりがちといったデメリットも存在します。

おすすめワイヤレスイヤホン

FOSTEX PM0.3H

「FOSTEX PM3.0H」はモニタースピーカーの人気モデルの1つです。

「PM3.0H」は「PM3.0」をハイレゾ音源に対応させた改良モデルであり緻密なモニタリングを可能にします。

低音用のウーハーと高音用のツィーターが搭載された2ウェイ構成です。

入力端子には「RCA」と「ステレオミニプラグ」に対応しています。

オーディオインターフェイスによく搭載されている「TRS」には対応していないところが注意ポイントとなるでしょう。

音楽制作だけでなく、別売りのアクティブ・サブウーハー「PM-SUBminin2」と組み合わせることで、テレビやパソコンでの映画鑑賞やゲーミングを、今までのスピーカーでは感じられない迫力と臨場感で体感できるでしょう。

【サウンドハウス】FOSTEX PM0.3H

主なスペック
・タイプ        2ウェイ・バスレフ方式
・内蔵ユニット     7.5cm(3インチ)コーンスピーカーウーハー
__________  1.9cm(3/4インチ)ソフトドームツィーター
・再生周波数帯域    110Hz~40kHz
・クロスオーバー周波数 2.65kHz
・総合出力       15W+15W
・入力端子       RCA端子
__________  AUX端子
・出力端子       3.5mmステレオミニプラグ
・電源         AC
・ハイレゾ       対応
・外形         185×100×130 mm(高さ×幅×奥行)
・重量         1.5kg(アクティブスピーカー側)
__________  1.44kg(パッシブスピーカー側)

MACKIE CR3

「MACKIE CR3」はプロフェッショナル・スタジオモニタースピーカーとしての人気を確実なものにしています。

テレビやパソコンのリスニングから音楽制作まで幅広くカバーし、最適なサウンドを提供してくれるでしょう。

電源ボタンやボリュームがフロントパネルに搭載されているので、すぐさま微調整することが可能となります。

また、左右どちらにでも設置できるように「L」「R」の切り替えスイッチが搭載されているので、ユーザー環境に合わせて設置、切替えすることができます。

1/4TRSやRCA、AUXに対応しており、オーディオ機器との接続に必要な入力端子を豊富に揃えています。

【サウンドハウス】MACKIE CR3

主なスペック
・タイプ        2ウェイ・バスレフ方式
・内蔵ユニット     7.6cm(3インチ)ポリプロピレン コーティング ウーファー
__________  1.9cm(3/4インチ)シルクドームツィーター
・再生周波数帯域    80Hz~20kHz
・最大ピーク音圧レベル 97dB
・クロスオーバー周波数 3kHz
・総合出力       25W+25W
・入力端子       1/4インチTRS
__________  RCA端子
__________  AUX端子
・出力端子       3.5mmステレオミニプラグ
・電源         AC
・外形         208x140x158 mm(高さ×幅×奥行)
・重量         4.1kg(ペア)

Eris E3.5

「Eris E3.5」は2ウェイ・ニアフィールド・モニターとして、音楽制作ではサウンドの正確なレスポンス確認とミックスバランスの調整で大きな力を発揮します。

1/4インチTRS、RCA、AUXと豊富な入力端子を揃えているので、多くのオーディオ機器と組み合わせることができるでしょう。

コンパクトな本体は設置場所を選ばず、空間の占有を最小限に抑えます。

ポップノイズを最小限に抑える回路が内蔵されておりスピーカーON/OFF時のポップノイズが軽減されるのも注目ポイントです。

【サウンドハウス】Eris E3.5

主なスペック
・タイプ        2ウェイ・バスレフ方式
・内蔵ユニット     3.5″ Kevlar ウーハー
__________  1″ シルクドームツィーター
・再生周波数帯域    80Hz~20kHz
・最大ピーク音圧レベル 100dB
・クロスオーバー周波数 2.8kHz
・総合出力       25W+25W
・入力端子       1/4インチTRS
__________  RCA端子
__________  AUX端子
・出力端子       3.5mmステレオミニプラグ
・電源         AC
・外形         210x141x162 mm(高さ×幅×奥行)
・重量         2.9kg(ペア)

IK Multimedia iLoud Micro Monitor

超コンパクトサイズのリファレンス・モニタースピーカーです。

コンパクトであるため持ち運びも容易で、設置場所が制限されているような場所でも十分使用できるでしょう。

高効率のD級パワーアンプが搭載されていることで、パワフルかつクリアなサウンドを期待でき、全音域で余裕のあるモニターが可能になります。

また、Bluetooth接続にも対応しておりスマートフォンなどのポータブル機器からのリスニングを気軽に行うことがで、配線の煩わしさからも開放されます。

【サウンドハウス】IK Multimedia iLoud Micro Monitor

主なスペック
・タイプ        2ウェイ・バスレフ方式
・内蔵ユニット     3.0″ ウーハー
__________  3/4″ シルクドームツィーター
・再生周波数帯域    (-10dB)45Hz~22kHz
__________  (-3dB)55Hz~20kHz
・最大ピーク音圧レベル 107dB
・総合出力       35W+35W
・入力端子       RCA端子
__________  3.5mm(1/8″)ステレオミニジャック
・出力         Bluetooth対応
・電源         AC
・外形         180x90x135 mm(高さ×幅×奥行)
・重量         1.7kg(ペア)
__________  920g(左スピーカー単体)
__________  800g(右スピーカー単体)

YAMAHA HS5

「すべての音を、見るために」というキャッチコピーを掲げているとおり、DTMなどの音楽制作で絶大な信頼を得ています。

5インチウーハーと1インチツィーターを搭載しており、YAMAHA HSシリーズではコンパクトモデルとなります。

再生周波数帯域が54Hz~30kHzまでの幅広い帯域をカバーしていることもポイントです。

音質はフラットで高音域から低音域まで素直に出力してくれるので、モニタリングにも最適な機種でしょう。

【サウンドハウス】YAMAHA HS5

主なスペック
・タイプ        2ウェイ・バスレフ方式
・内蔵ユニット     5.0″ ウーハー
__________  1″ シルクドームツィーター
・再生周波数帯域    (-10dB)54Hz~30kHz
__________  (-3dB)74Hz~24kHz
・クロスオーバー周波数 2.0kHz
・総合出力       45W+25W
・入力端子       XLR3-31 type (balanced)
__________  Phone (balanced)
・電源         AC
・外形         285x222x170 mm(高さ×幅×奥行)
・重量         10.8kg(ペア)

YAMAHA MSP5 STUDIO

「STUDIO」シリーズは、フラッグシップモデルのスタジオモニターとして音楽制作に重要な「原音に忠実な再生能力」を徹底的に追求しています。

モニタリングにおいて最高のパフォーマンスを発揮してくれるモニタースピーカーの1つです。

音の解像度、再生能力、フラットでクリアな音質、細部までこだわり抜かれたデザインは、どれをとってもユーザーの要求に高いレベルで応じてくれるでしょう。

高クオリティーで癖のないモニタースピーカーとして、評価も非常に高いためモニタースピーカー選びに失敗したくないという方におすすめです。

【サウンドハウス】YAMAHA MSP5 STUDIO

主なスペック
・タイプ        2ウェイ・バスレフ方式
・内蔵ユニット     5.0″ ウーハー
__________  1″ チタンドームツィーター
・再生周波数帯域    (-10dB)50Hz~40kHz
・最大ピーク音圧レベル 101dB
・クロスオーバー周波数 2.5kHz
・総合出力       35W+35W
・入力端子       XLR3-31 type (balanced)
__________  Phone (unbalanced)
・電源         AC
・外形         279x179x208 mm(高さ×幅×奥行)
・重量         7.9kg

TASCAM VL-S3BT

DTMなどの音楽制作ではモニタースピーカーは必須アイテムとなります。

しかし、住宅事情で十分なスペースを確保することができなくても「TASCAM VL-S3BT」はその問題を音質と共にクリアにします。

コンパクトながらも3インチサイズのウーハーを備えており、14Wのパワーアンプはクリアでバランスの良いサウンドを出力します。

また、Bluetoothに対応しているのでポータブルオーディオ機器とのワイヤレスイヤホン接続を可能にし、リスニング用スピーカーとしても活用することができます。

【サウンドハウス】TASCAM VL-S3BT

主なスペック
・タイプ        2ウェイ・バスレフ方式
・内蔵ユニット     3.0″ (76.2mm)ウーハー
__________  1/2″ (12.7mm)シルクドームツィーター
・再生周波数帯域    80Hz~22kHz
・クロスオーバー周波数 8kHz
・総合出力       14W+14W
・入力端子       RCA端子
__________  3.5mm(1/8″)ステレオミニジャック
・出力         Bluetooth対応
・電源         AC
・外形         170x110x138 mm(高さ×幅×奥行)
・重量         2.1kg(ペア)

最後に

おすすめコンパクトモニタースピーカーを見てきました。

限られた音楽スペースを有効活用するため音楽制作のおいて高品質なコンパクトモニタースピーカーの需要はますます高まっています。

小規模なスタジオや自宅で音楽制作に取り掛かる方にとっては設置場所の確保はより重要な要素になると思います。そんなときコンパクトモニタースピーカーは、ユーザーの要求に対して高いレベルで応えてくれるのではないでしょうか。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!