Fireタブレットを比較!それぞれの特徴とおすすめの選び方とは

低価格で大人気のタブレットといえば、Amazonが販売するFireシリーズが真っ先に思い浮かびます。そのFireシリーズには3種類のタブレットが存在しており、それぞれに特徴があるので、どれを選べばいいのか迷いがち。

なにより、Fireタブレット自体は、コストパフォーマンスに優れているものの、結構クセのあるタブレットだと感じています。

そのため、性能と使用用途を理解したうえで購入することが必須!

そんなFireタブレットの特徴はこちら。

・独自のFire OS
・Amazonの利用が大前提
・圧倒的な低価格

それぞれを詳しく見ていきながら、Fireタブレットの特徴と、おすすめの選び方を紹介していきます。

Fireタブレットの特徴

Fire OS

FireタブレットにはAmazonが独自で開発したFire OSが搭載されています。AndoroidとかiOSみたいな端末の基本的な機能を構成するもの。そのFire OSですが、率直に言うとカスタマイズ性はかなり低いです。

Andoroid端末なんかに慣れていると、その拡張性の無さに面食らうと思います。Fire OSはあくまでもAmazonサービスの導線になるためのシステムなので、しょうがないといえばしょうがないですが。

できることといえば、アプリの並べ替えくらいだと考えておいたほうがいいでしょう。逆にタブレットな中身にこだわりなんて無いという方にとっては、とてもシンプルで扱いやすい端末になり得ます。

「拡張性が低い=使いづらい」というわけではないですよね。

・Fire OSの拡張性はかなり低い
・シンプルで直感的

アプリの数に制限がある

Andoroidだと「Google Play」から、Appleだと「App Store」からアプリをインストールすることになりますよね。

Fireタブレットでは、アプリストアという名前のデジタルコンテンツ用の配信サービスを利用することになります。しかし、このアプリストアでインストールできるアプリはGoogle PlayやApp Storeに比べてかなり少ない!

TwitterやNetflix、instagramといった超有名なアプリは存在しますが、少し流行っているゲームアプリなんかはほぼ無いと思ったほうがいいでしょう。

管理人の場合は電子書籍を読むのによく利用していますが、電子書籍に関してもアプリストアではAmazonが運営しているkindleしか無い状態です。

ブラウザを使えば他の電子書籍サービスを利用できますが、やはり専用のアプリが無いと何かと不便だったりします。電子書籍が好きでいろいろな電子書籍サービスを利用したいという方は注意が必要ですね。

Fireタブレットでは、様々なアプリを使いこなすという用途には全く向いていません。いざ使いたいアプリが出てきても、高確率で使えないことは意識しておいたほうがいいでしょう。

・Fireタブレットではアプリストアという専用の配信サービスを利用
・アプリの数はAndoroidやiOSと比べてかなり限定的
・アプリを使って楽しむタブレットではない

他のタブレットと比べて性能的に劣っている

Fireタブレットは、Amazonで配信されている電子書籍や動画を楽しむための端末なので、いろいろな用途に使えるAndoroidやiOS端末と比べて性能は低くなっています。よって、ゲーム用途なんかにも向きません。そもそもインストールできるアプリ自体かなり少ないですが。

ただ、テキストを読んだり動画を見たりするだけならサクサクと動いてくれるので、用途を絞れば、便利なタブレットとして使い続けることができるでしょう。

・他のタブレットと比べると性能は低め
・Amazonで配信されている電子書籍や動画がメイン
・ゲームするならAndoroidやiOS端末

Amazonサービスの利用が大前提

ここまで書いてきたように、Fireタブレットは、Amazonのサービス利用が大前提になっています。

Amazonが提供しているタブレットなので当然の話しですが、買い物はAmazon、電子書籍はkindle、動画はプライムビデオといったふうに、Amazonに深く頼ることになるでしょう。

動画や電子書籍に関して、もっと様々な企業のアプリを利用したいという方には向いていません。

・Amazonをよく利用する方には最高のタブレット
・他のサービスも利用したい方には不便かも

Fireタブレットの魅力は圧倒的な低価格

Fire 7Fire HD 8Fire HD 10
価格5,980円8,980円15,980円

ネガティブなことも書いてきましたが、Fireタブレットの魅力は圧倒的な低価格です。なんといってもこれほど実用的なタブレットが1万円前後の価格で販売されていること自体、価格破壊といっても過言ではないでしょう。

Amazonで定期的に行われるセールではさらに安くなります。信じられないほどの安さなので、多少のデメリットには目をつむれますね。

Fireタブレットは、なにかと制約が多いので、タブレット自体の性能と自分のやりたいことがマッチしている人にこそおすすめです。

Amazonに依存する形にはなってしまいますが、電子書籍や動画を楽しみたいという場合であれば最高のタブレットになるでしょう。目的がはっきりしているほどお買い得になるタブレットです。

・圧倒的な低価格
・タブレットの性能とユーザーのやりたいことがマッチしている
・目的がはっきりしているほどいい

Fireタブレットの種類

Fireタブレットには、こちらの3種類が存在します。

それぞれに比較ポイントはこちら。

Fire 7Fire HD 8Fire HD 10
ディスプレイ7インチ8インチ10.1インチ
解像度1,024 ×600ドット1,280 × 800ドット1,920 × 1,200ドット
OSFire OSFire OSFire OS
CPUクアッドコア1.3GHzクアッドコア1.3GHz1.8GHz x 2、1.4GHz x 2 クアッドコア
メモリ(RAM)1.0GB1.5GB2.0GB
メモリ(ROM)8,16GB16.32GB32,64GB
オーディオDolby Atmos
モノラル
Dolby Atmos
ステレオ
Dolby Atmos
ステレオ
バッテリー容量8時間12時間10時間
重量295g369g500g

Fire 7

Fire 7の特徴はFireシリーズで最も小型で5,980円からという低価格にあります。重量も軽いため持ち運びを考えるならば最適でしょう。

ただマシンパワーは、Fire HD 8やFire HD 10に比べて劣ってしまうため、室内での利用を考えているのであれば、Fire 7をチョイスするメリットはあまり存在しません。

メモリが少なかったり、スピーカーがモノラルだったりと低価格がゆえの簡素化を感じますね。圧倒的な低価格と取り回しの良さが一番の優先事項となっている場合におすすめです。

電子書籍向けの端末といった印象。

・Fireシリーズの中でもとびきり低価格
・小型最軽量で携帯性は抜群

Fire HD 8

Fireシリーズの中でも一番人気を誇るのがFire HD 8です。Fire 7とFire HD 10の中間に位置するだけ合って基本的性能はバランスの良い感じですね。値段も1万円を切ることから、コストパフォーマンスは間違いなくFireシリーズの中で一番高いでしょう。

重量も重すぎず、持ち運びにも苦労しません。程よいサイズ感から、電子書籍に動画といった様々なコンテンツを快適に楽しむことができます。

自宅専用として使用するのであれば、Fire HD 10も視野に入ってきますが、Fire HD 8の汎用性と価格は魅力的ですよね。

どれを選んでいいか迷ったときには、Fire HD 8を選択しておけば間違いないでしょう。

・Fireシリーズの中で一番のコストパフォーマンスを誇る
・バランスの良い性能とデザイン

Fire HD 10

Fire HD 10は大画面でFireシリーズでは最大の性能を誇ります。持ち運びに適した重量やサイズ感では無いですが、自宅使用に限定するのであれば一番おすすめできるタブレットです。

解像度も高く、動画コンテンツなどで高精細な描写を楽しむことができるでしょう。またFireシリーズのWi-Fi機能で唯一「802.11ac」に対応しているので、高速通信が可能になり快適な操作を可能にしてくれます。

また、Amazonの音声アシスタント「Alexa」にも対応するようになったので、Amazon Echoのような使い方も可能になりました。やはり高性能な分、こういった機能面で有利な部分がたくさんありますね。

大画面で動画などを楽しみたい方におすすめ。

・高解像度でFireシリーズでは一番画面が綺麗
・Wi-FiがFireシリーズで唯一802.11acに対応
・音声アシスタントAlexaに対応している

まとめ

ここまで、Fireタブレットの比較と特徴を紹介してきました。Fireシリーズは、コストパフォーマンスが高く間違いなく素晴らしいタブレットです。

ただ、利用できる範囲に制約があるので自分がやりたいことと、タブレットでできることをマッチさせておく必要があるでしょう。

Amazonが提供するサービスやコンテンツをよく利用する方にはとてもおすすめできます。気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!