YouTube MusicとSpotifyを比較【使い分けるべき理由】

無料で利用できる音楽ストリーミングサービスにYouTube Musicとspotifyがあります。2つとも世界を代表する音楽アプリですよね。


どちらのアプリを使ったほうがいいの?

そんなお悩みに答えます。

結論としては、2つとも使い分けるべきだと考えています。理由とし、YouTube Musicだとオンデマンド再生が可能で、Spotifyならバックグラウンド再生が可能だから。

状況によって使い分けたほうが効率はいいと思います。

それでは、2つのアプリを詳しく比較していきます。

料金

双方とも無料プランが存在します。一応有料プランも含めた料金表がこちら。

YouTube Music Spotify
プレミアム 980円/月
※iOS:1,280円/月
980円/月
学割 × 480円/月
ファミリープラン 1,480円/月
※iOS:1,950円/月
1,480円/月

基本的にどちらも月額料金は同じですが、YouTube MusicのiOS端末のみ少し割高ですね。しかし、iOS端末でも他デバイスと同じ料金で利用する方法はあるので、実質すべて同じ料金になります。

その方法とは、WebからYouTube Musicに登録すること。iOSのApp Storeを介さずに契約すれば、同じ料金で利用することができます。

また、どちらも1ヶ月の無料トライアルがあるので、1ヶ月間だけは無料で有料版を利用することができます。やはり有料版だと自由度が一気に上がるので、無料版が良ければ試してみてはいかがでしょうか。

有料プランにする場合に学生だと学割の存在するSpotifyが有力候補になるでしょう。

YouTube Music – Webサイト

Spotify – Webサイト

音質

最高音質はSpotifyのほうが上です。ただ有料プランにする必要あり。

YouTube Music Spotify
低音質 – 48 kbps 低音質 – 24 kbps
標準 – 128 kbps 標準音質 – 96 kbps
高音質 – 256 kbps(有料プランのみ) 高音質 – 160 kbps
最高音質 – 320 kbps(有料プランのみ)

Spotifyでは、最高音質320kbpsで聴くことが可能になるので、とことん音質に拘りたい場合はSpotifyがいいでしょう。

ただ無料プランの場合ではデフォルト設定で標準音質になりますが、その場合はYouTube Musicのほうが高音質になります。

曲数

YouTube Music Spotify
曲数 未発表 約4000万曲

YouTube Musicでは、プロアーティスト意外の「〇〇歌ってみた」系の曲も多数ヒットするので、その数は膨大です。そういったことも相まってYouTube Musicの曲数は未発表となっています。

一方Spotifyは約4000万という曲数を発表しています。世界でも有数の音楽ストリーミングサービスであるSpotifyなのでトップクラスの曲数を有していますね。ただ、Spotifyは洋楽に強く、邦楽はこれからといった感じ。

一方YouTube Musicでは、多くの邦楽アーティストがMV等をYouTubeにアップロードしているので、邦楽はYouTube Musicのほうが強いでしょう。

邦楽を良く聴く方はYouTube Musicがおすすめです。

バックグラウンド再生(無料版)

YouTube Music Spotify
バックグラウンド再生 ×

Spotifyはバックグラウンド再生が可能で、YouTube Musicはバックグラウンド再生が不可となっています。有料版だとどちらもバックグラウンド再生は可能。

バックグラウンド再生は、音楽アプリの基本中の基本機能ですね。YouTube Musicの場合、バックグラウンド再生できないことが少しずつ不便になってくるでしょう。音楽を聴くときは基本的に画面つけっなしで再生することになるので電池の減りが早い。

しかし後述するオンデマンド再生できるというメリットがあるので判断の難しいところ。

オンデマンド再生(無料版)

YouTube Music Spotify
オンデマンド再生 ×
※デスクトップ版だと○
(/月15時間まで)
スキップ機能 バツ
※シャッフル再生のみ

YouTube Musicはオンデマンド再生が可能で、Spotifyだとオンデマンド再生が不可となっています。有料版だとどちらもオンデマンド再生は可能。

オンデマンド再生とは、聴きたい曲を自由に選曲できる機能のことをいいます。Spotifyは基本的にシャッフル再生にしか対応していません。そのため、聴きたい曲があってもシャッフル再生になって、その楽曲がくるまで待たないといけないというデメリットが存在します。

しかし、YouTube Musicでは好きな曲を直接再生できるので、使い勝手はかなりいいですね。

広告(無料版)

YouTube Music Spotify
広告

YouTube MusicもSpotifyも無料版では広告が付いてきます。頻度は、数曲に一度、15秒程度の広告が流れてきます。

広告に関してはどちらのアプリでもそれほどストレスではありませんでした。

自由に選曲したい、映像が見たい場合はYouTube Music

YouTube Musicの最大のメリットはオンデマンド再生やスキップ機能に対応しているので、柔軟な選曲を可能にしています。

聴きたい楽曲があるときはすぐに選べるのがポイント!また、YouTube Musicは映像にも強いので、MVを見たい場合でもベストな選択になるでしょう。

ただ、バックグラウンド再生には対応していないので、楽曲再生中はYouTube Musicしか利用できません。長時間再生になるほど、だんだんと使い勝手が悪くなってしまう面に注意が必要。

YouTube Music
YouTube Music
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

バックグラウンド再生ならSpotify

Spotifyはバックグラウンド再生が可能なので、長時間の視聴に最適でしょう。音楽を聴きながら、別のアプリを立ち上げることができるので、「~しながら音楽を聴く」といった用途には最適ですね。

ただ、アプリ版ではシャッフル再生しかできないので、ラジオを聴く感覚で利用することになります。長時間の移動時などで特におすすめ!

学生の場合だと学割で月額料金がとてもお得になり、上記のデメリットも解消できる点にも注目です。

Spotify -音楽ストリーミングサービス
Spotify -音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料
posted withアプリーチ

まとめ

YouTube MusicとSpotifyを比較してきました。それぞれのアプリを使い分けたほうが効率よく音楽を聴くことができるでしょう。

ピンポイントで選曲したいときはYouTube Musicを、別のことを行いながら音楽を聴きたい場合はSpotifyといった感じです。

どちらも使いやすい音楽アプリなのでぜひチェックしてみてくださいね。

YouTube Music – Webサイト

Spotify – Webサイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!