All in One SEO を削除するための準備【必要ないと感じたら】

WordPressの定番プラグインといえば、「All in One SEO」を思い浮かべる方が多くいるのではないでしょうか。

All in One SEOは、「このプラグイン1つでサイトのSEO対策をすべて賄ってしまおう」という思想のもとで開発されたプラグインです。

そのためWordPressでサイトを立ち上げたさいに、なんとなくインストールしている方も多くいると思います。

管理人もその一人です。

とても便利なプラグインですが、いくつか不評な点も存在します。

・サイトが重くなる

・設定項目が多すぎてよくわからない

・そもそも上手く機能しない

現在はSEO対策を最初から盛り込んだWordPressテーマやプラグインが数多く存在するので、わざわざサイトの動きを重くするかもしれないAll in One SEOを導入する必要がないという状況も生まれつつあります。

All in One SEOを「なんだか上手く使いこなせていない」と感じている方は、この機会に導入の是非を見直してみはいかがでしょうか。

この記事を読んでわかること:
All in One SEOを削除する準備方法

All in One SEOの主な機能

All in One SEOの主な機能は以下の3つに大別できます。

・SEOのメタ要素の設定

・SNSの拡散効果を上げるOGPの設定

・クローラーの巡回を促すXML Sitemapの設定

バズ部さんより引用させていただきました。

これらの要素は有料WordPressテーマやプラグインにより代替できる可能性があります。

メタ要素の設定

メタディスクリプション

記事ごとのメタディスクリプション等の設定は、有料WordPressテーマに標準搭載されている場合があります。

人気WordPressテーマである、「Cocoon」「JIN」「賢威7」などにはメタディスクリプションの記入欄が設けられているので、お使いのテーマがどうなっているか調べてみましょう。

Noindex/Nofollow化

恥ずかしい話、管理人がAll in One SEOで一番使用していた機能が、Noindex化でした。かなりもったいない使い方ですよね。

この、「Noindex/Nofollow化」は他のプラグインだ代替可能です。

そのプラグインは「WP Custom Noindex Nofollow」という名称で、下記サイトからダウンロードできます。

WP Custom Noindex Nofollow – ダウンロード

また、使用方法も説明されているので、導入に困ることはありませんでした。

ありがてぇ。

プラグインの数自体は減りませんが、サイトの読み込み速度は速くなるはずです。

OGPの設定

こちらのOGP設定も、有料WordPressテーマであれば、標準機能して実装されているかもしれません。

XML Sitemapの設定

All in One SEOを削除するうえで、サイトマップの作成が一番のハードルになるかもしれません。

こちらは、「Google XML Sitemap」というプラグインでサイトマップを作成できます。

やらないといけないことは、この3つ。

Google XML Sitemapプラグインのダウンロードと有効化

Google XML Sitemapの設定

Google Search Consoleにサイトマップを追加

詳しい導入方法を記事にしています。
【必須】Google XML Sitemapの導入とSearch Consoleの設定方法

まとめ

All in One SEOを削除する準備について紹介してきました。

SEO対策を意識した、高機能なWordPressテーマやプラグインがどんどん出現しているので、All in One SEOを使う意義は薄れてきているように思います。

また、All in One SEOを削除することでページ読み込みのスピードアップも期待できるでしょう。

All in One SEOを使用する理由がはっきりとしているのであれば別ですが、そうでなく人気だからインストールしている方は、もしかすると不必要なプラグインになっているかもしれません。

もし不要であれば削除するのも1つの手だと思います。

気になった方はぜひチェックしてくださいね。

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー

<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!