【WordPress】画像圧縮プラグイン「EWWW Image Optimizer」の設定方法と使い方

ブログに画像をアップロードし続けると、サイトの表示速度が遅くなってきます。

表示速度が遅くなるとサイトの離脱率も一気に上がってしまうでしょう。

これは非常にもったいない。

そこで、画像圧縮プラグインであるEWWW Image Optimizerを紹介します。

EWWW Image Optimizerを使用すれば、WordPressにアップロードする画像を自動的に圧縮してくれます。

画像ファイルを小さくすることで、サイトの表示速度アップにも期待できますね。

そんな、「EWWW Image Optimizer」の設定方法と使い方を紹介していきます。

EWWW Image Optimizer – WordPress

EWWW Image Optimizerをインストール

プラグインの新規追加から、EWWW Image Optimizerをインストールします。

「今すぐインストール」をクリックしてインストールしたのち、有効化してください。

EWWW Image Optimizerの設定方法

プラグイン一覧からEWWW Image Optimizerの基本設定を開きます。

Basic

Bacic欄では、「Remove Metadata」にチェックが入っているかどうか確認します。

デフォルト状態でチェックが入っているはずですが、一応確認してみてください。

※メタデータとはメインファイルに付いてくるコメント等の付帯情報です。

チェックを入れることで、余分なデータがカットされます。

ExactDN

 

設定するところはありません。

Advanced

 

設定するところはありません。

リサイズ

 

設定するところはありません。

Convert

Convert欄では、「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れてやります。

これで、拡張子が勝手に変更されてしまうのを防ぐことができ、画質劣化を抑えることが可能です。

WebP

 

設定するところはありません。

EWWW Image Optimizerの設定は以上です。

EWWW Image Optimizerの使い方

EWWW Image Optimizerの使い方は大変簡単です。

新規アップロードする画像

これから、新規で画像をアップロードする場合は、自動的に画像を圧縮してくれます。

よって、特に何もすることなく今まで通りにアップロードすればOK。

過去にアップロードした画像を圧縮

既にアップロードしている画像は、EWWW Image Optimizerの「一括最適化」という機能で、すべて圧縮していきましょう。

EWWW Image Optimizerを有効化すると「メディア」欄に「一括最適化」項目が追加されています。

一括最適化をクリックしてください。

そうすると、下画面が表示されます。

「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

画像のスキャンが始まり画像ファイルが圧縮されていくでしょう。

EWWW Image Optimizerの使い方は以上です。

画像ファイルを自動的に圧縮できて、サイトの表示速度のアップにも期待できます。

大変便利なプラグインなので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

EWWW Image Optimizer – WordPress

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー

<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!