「functions.php」の記述トラブル!! Mixhostで復元する方法

WordPressで「functions.php」の編集するときはバックアップをとるのが常識です。

「functions.php」の記述ミスによっては、ブログ自体が真っ白になってしまったりレイアウトがおかしくなったりと、かなり面倒なことになります。

「functions.php」の編集するときはバックアップをとってください。

管理人はその常識を打ち破りました。

やらかしたこと

まず何をやらかしたかというと「functions.php」を少しいじっていたさい、誤ってすべてのコードを消してしまいました。ナニヤッテンダカ

バックアップさへとっておけば書き戻して終わるだけの話ですが、そのバックアップをとっていなかったため、ブログ自体が表示されなくなることは避けられたもののレイアウトがめちゃくちゃになってしまいました。

「あー、終わった。」と思ったものの、さすがはネット世界。解決方法があったので見ていきます。

Mixhostの復元機能を使う

管理人のブログのサーバーはMixhostを使用しています。そのため、Mixhostでのやり方しかわかりませんが、その他のサーバーでもやることは同じだと思います。

Mixhostにログインしたあと「cPanel」に再びログインします。

「ePanel」にて「File Backups」を選択します。

「File Backup」にて「Creation Time」から最新の「File Manager」を選択します。このときに記述されている日程までWordpressの状態をを戻すことになるので注意してください。

また、最新の「File Manager」のタイミングより後でWordpressに変更を加えたものは消えてしまいます。こればっかりはもうどうしようもない。

「File Manager」を選択すると「File Backups」が表示されるのでチェック欄すべてにチェックを入れてください。

チェックを入れたら「Restore Selected Files」を選択します。

続いて下画像が出てくるのでチェックをいれてメールアドレスを記入します。

問題がなければ「Restore」をクリックしましょう。

「Restore」が完了すれば、再び「cPanel」に戻り「Queue」をクリックしてください。

WordPressへの復元が始まります。

「File Restore Conmpleted!」と表示されたら完了です。

この後、Wordpressを確認すると「functions.php」の記述も復元されていました。一安心です。

最後に

「functions.php」を消してしまったときは心底焦りました。

今回は無事復元できましたが、そもそもバックアップをしっかりととっておけば問題なく解決できた話です。

「テーマを編集」などコードをさわるときは、バックアップをとることを徹底しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!