本気でブログを取り組むためにゲーミングチェアを購入 【GTRACING GTBEE】

ブログを書いていると、長時間パソコンの前で作業することになります。

そんなブログ運営をより快適にするために、椅子にこだわるのは重要なポイントかなと思いました。

さっそく、Amazonで「椅子」と検索して、人気のあるゲーミングチェアを購入しました。

それが、「GTRACING GTBEE-BLACK」です。

リーズナブルな価格で、ある程度評価も良かったので、このゲーミングチェアに決めました。

実際に購入してみて、使用感など紹介します。

この記事を読んでわかること:
ゲーミングチェアを選び方

ゲーミングチェアの特徴

ゲーミングチェアの特徴をざっと記載します。

長時間の作業でも快適な座り心地

管理人は今まで、5,000円程のデスクチェアを使用していたので、ゲーミングチェアを導入することにより、座り心地は格段に上がりました。

現時点で格安の椅子を使用している方は、どのゲーミングチェアを選択しても満足感は得られると思います。

なにより、長時間のデスク作業において、ゲーミングチェアはベストな選択肢になるでしょう。

どのゲーミングチェアも「人間工学に基づいて設計された3D形状」を謳っているので、姿形はだいたい似てきます。

しかし、そのため初めてゲーミングチェアを購入する管理人にとっては、違いがよくわからないというデメリットも感じました。

「GTRACING GTBEE」 においても例外ではありません。

逆を言えば、どれを選んでもある程度のクオリティーは確保できる、と考えてもよさそうです。

家電量販店などで試し座りができればベストですが、できない方は予算と好きなデザインで選択してしまっても問題ないでしょう。

リクライニング機能

こちらもゲーミングチェアや高級デスクチェアならではの機能ですね。

ゲーミングチェアを購入するまでは、「リクライニング機能いる?」という感じでしたが、いざリクライニングしてみると、

最高。

デスク作業に煮詰まったときなど、レバー1つでリクライニングができてリラックスや仮眠ができるので、もう無くてはならない機能になりました!

肘掛けの高さ調整

低価格帯の椅子は、そもそも肘掛けがなかったり、存在しても高さは固定されている場合がほとんどです。

しかしゲーミングチェアでは、そういった部分も微調整することができて、ユーザーに合わせた環境構築が可能ですね。

GTRACING GTBEE の場合は上下にしか調整できませんが、高価格帯のものは前後左右にも動かせたりするので、より自身にぴったりなポジションを見つけることができるでしょう。

クッション

ゲーミングチェアはクッションが付いてきます。

首と腰の部分ですね。

腰のクッションは上下に動かせるので、自身にあったポジションで固定できます。

座椅子

途中で組み立てるのをやめれば座椅子になります。

 

・・・

次っ

ゲーミングチェアのポイント

大きめのサイズ感

ゲーミングチェア全般にいえることですが、サイズ感は大きめです。

ゆったりとしているわけですが、肘掛けの間隔は以前使用していたデスクチェアよりも広がりました。

このサイズ感が合うかどうかというのは、どうしても人それぞれになってしまうので判断が難しいところです。

購入するさいは、大きめの椅子が来ると意識しておいたほうが良いのかもしれません。

エアキャップは止めないほうがいいかも

ゲーミングチェアのパーツにはネジ穴を埋めるエアキャップが付いてきます。

ゲーミングチェアの見栄えを良くするためにネジ穴を埋めるわけですが、ここで注意が必要なのは一度埋めてしまうと、取り外すのが随分と難しくなります。

もうぴったりと埋まってしまいました。

ゲーミングチェア自体、大きな製品となるので、引っ越しなどで移動するさいは分解が必須になると思います。

ゆくゆく分解するかもしれないのであれば、エアキャップは埋めないほうがいいのではないかと感じました。

細部の作りは値段相応

GTRACING GTBEE は2万円を切る価格で、ゲーミングチェアの中では低価格のモデルとなります。

そのため、細部の作りから値段相応だなと感じるときがありました。

特にわかりやすいのが、裁縫部分の部分と肘掛けの材質です。

裁縫部分は、お世辞にも綺麗とは言えないかな・・・。

肘掛けの部分は安価なプラスチックです。

あくまでも価格が価格なので、コストパフォーマンス重視ということですね。

使用に問題があるわけではありませんが、こういったところに高価格ゲーミングチェアとの差があるのでしょう。

これから、購入される方はそういったポイントも注目してみてはいかがでしょう。

結局高いやつと安いやつは結局どっちがいいの?

ゲーミングチェアの購入を考えていて、「高いやつと安いやつ結局どっちがいいの?」と迷われている方、たくさんいらっしゃると思います。

一足先に購入した管理人が感じたことですが、ゲーミングチェアは「高いやつ」を購入するのが良いのではないかと思いました。

座り心地のアドバンテージはもちろんですが、デザインや処分するときのことを考えるとです。

2万円を切る価格帯だと、どうしても細部の粗さが目に付いてしまいました。

たぶん、これはどのメーカーでも変わらないような気がします。

もちろん座り心地には関係ない部分なので、気にしないという方も多いとは思いますが・・・。

また、最悪「売却するかも」という視点を持っておくと良いのではないでしょうか。

試し座りなしでネット購入する場合、どうしても運要素が絡んできます。

いざ手放したいとなっても、廃棄するのも大変でしょう。

そこで考えるのが業者への買い取りですが、あまり安いものやノーブランドのものだと買い取ってくれない可能性があります。

ある程度高価なものだとそれなりの査定金額で買い取ってくれるかもしれません。

処分するときの労力は格段に下がるのではないでしょうか。

ゲーミングチェアまとめ

ここまで、ゲーミングチェアの特徴について紹介してきました。

長時間のデスク作業には、ゲーミングチェアがおすすめできます。

コストパフォーマンス重視する方には、GTRACING GTBEE でも満足できると思いますが、デザインに拘って気分も上げていきたいという方はもう少し上位の機種をおすすめします。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー

<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!