Google Home miniをレビュー!コストパフォーマンスに優れたスマートスピーカー

Google Home Miniをゲットしたので、使用感をレビューしていきます。

すでに多くの情報が出回っていますが、大きな変化があったとすればYouTube Musicの無料プランがGoogle Homeで聴けるようになったことでしょう。これだけでも購入する価値あり!

それではGoogle Home Miniの使用感をレビューしていきます。

Google Home mini – Google公式ストア

デザイン

開封すると、Google Home Miniとmicro USB、取扱説明書が同梱されています。Micro USBはコンセント部分が丸型で少し珍しい。

Google Home Miniはシンプルでスッキリとしたデザインが特徴的。ちょっとしたインテリアにもなり、とても設置しやすいですね。

電源を投入すると、真ん中の4つのLEDが点灯しました。

Google Home Miniの使い方

Google Home Miniは「OK(ねぇ)、Google」と呼びかけることで反応してくれます。このあとに質問を続ければ、何らかの返事をしてくれるでしょう。

また、Google Home Miniは本体の左右をタップすることでも音量を調整することができます。ちなみにGoogle Home Miniの音量は0~100段階まであり、1タップで10段階ずつ変動してくれます。そのため音の変化が大きく微調整しづらいかも。

「OK(ねぇ)、Google 音量下げて」と音声で調整しても同じく10段階で変化することに。微調整したい場合はGoogle Homeアプリから調整する必要あり。

本体のサイドにはマイク用スイッチとmicro USBが搭載されています。マイク用スイッチをオフにするとミュート状態になって喋りかけても反応しなくなります。オレンジ色が見えたらOFF状態。

裏面はオレンジのラバー状になっていますが、ラバー上に円形で加工されている部分があり、それがGoogle Home Miniのリセットボタンとなっています。本体の不具合等で一度Google Home Miniをリセットしたい場合は長押ししてください。

本体設定はGoogle Homeアプリで

Google Home Miniの本体設定はGoogle Homeアプリで行います。Google Home Miniの本体設定やアプリとの連携はすべてGoogle Homeアプリを通して設定していくことになります。

Google Home
Google Home
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

アプリの指示に従って操作を進めていけば問題なく本体設定は完了するでしょう。

micro USBなので汎用性が高い

Google Home Miniの電源端子はmicro USBなので汎用性が高め。

この電源端子であれば自宅に所持している方も多くいるので、いざ純正のケーブルが使えなくなっても代替できそうですね。実際にスマートフォンの充電器やパソコンからも給電できました。

YouTube Musicの無料プランが聴き放題

Google Homeをはじめとする音声アシスタントの大きな魅力の1つに音楽再生があります。そしてGoogle HomeではついにYouTube Musicの無料プランが聴き放題となりました。

今までは有料プランに契約していないとGoogle HomeではYouTube Musicを利用することができなかっただけに、ものすごく嬉しい変化。

YouTube Music
YouTube Music
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Google Homeアプリを使ってYouTube Musicとアカウントを連携すれば、あとはGoogle Home Miniに話しかけるだけで、音楽を流すことができるでしょう。これがものすごく便利なんだ!

部屋にいてBGMが欲しいなと思ったときに「OK(ねぇ)、Google 音楽を再生して」とか話すだけで音楽が流れてくる。Google Home でYouTube Musicの無料プランが聴き放題になっただけでも購入したかいがありました。

音量は十分にある

意外だったのはGoogle Home Miniのコンパクトな本体からは考えられないほど音量が大きいことです。なんなら想像以上にうるさいかもしれない。音量はだいたい10ないし20段階目で使用している。

また、音質も悪くない。Google Home Miniの上位機種であるGoogle Homeと比べて音質が劣るという評価が多数あったので、音質は大丈夫なのか不安でしたが、問題なく音楽を聴くことができます。スマートフォンのスピーカーなんかと比べると、遥かに高音質な印象を受けました。

もちろん、音楽再生専用に作られているわけではないので、しっかりと作り込まれたスピーカーなんかと比べてしまうと当然音質では劣ってしまいます。しかし、音楽をBGM代わりにするといった用途であれば、ストレス無く音楽を聴くことができるでしょう。

音声の聞き取り精度は素晴らしい

Google Home Miniは「OK(ねぇ)、Google」と呼びかけることで反応しますが、その聞き取り精度は素晴らしいものがあります。反応すると4つのLEDが光りますが、小声でボソボソと話しかけてもほとんどの確率で音声を拾ってくれます。

この音声の聞き取り精度はすごいなと思いました。Google Home Miniからそれなりに離れていても(部屋の端から端くらい)普通に聞き取ってくれるので、そういったところは非常に扱いやすいですね。

ただ、Google HomeのAI自体まだまだ発展途上なので、ユーザーの質問に対して「すみません、よく分かりません」という反応もまだまだあります。聞き取り精度はかなり良くても、質問に答えられない印象は結構ありました。

Google HomeとGoogle Home Miniの違い

Google HomeとGoogle Home Miniの違いはサイズと音質だけです。ソフト面で変わることはありません。天気を訪ねたり、アラームをかけたり家電を自動で動かすことはどちらでもできるので、やはり音質で決めるべきでしょう。

Google Homeの方が音質は優れているので、音楽再生もメインとなるのであればGoogle Homeがいいでしょう。音声アシスタントを扱ってみたい、BGM代わりに音楽を流したという感じであればGoogle Home Miniでも十分だと感じました。

Google HomeとGoogle Home Miniでは5,000円ほどの差額があり、Google Homeの値段を高く感じる人も多くいるでしょう。本当に使い続けるかどうかわからない状態で音声アシスタントに1万円以上の出費はなかなか大変ですよね。

そこで廉価版のGoogle Home Miniであれば購入するハードルもグッと下がります。音声アシスタントを試してみたいという方にはうってつけではないでしょうか。

まとめ

Google Home Miniの使用感を紹介してきました。主な目的がYouTube Musicの無料視聴にあったのでとても満足しています。またアラームをかけたりするのも想像以上に便利。音声アシスタントを試してみたいという方には大変おすすめできます。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

Google Home mini – Google公式ストア

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!