記事をリライトしたらGoogle Search Consoleでインデックス登録を促そう

記事をリライトすることで、検索順位が大幅に改善することもあれば悪化することもあるでしょう。記事をリライトしたらGoogle Search Consoleでインデックス登録を行うことをおすすめします。

記事の内容が変わったことをいち早くGoogleに知ってもらうためです。そうすれば検索順位に関してもいい意味で影響が出るかもしれません。

インデックス登録とは

記事が検索できるようになるまでの流れは、簡単に書くとこちらのようになっています。

クローラーが記事を発見する

クローラーが記事をGoogleのデータベースに運ぶ

記事がGoogleのデータベースに登録される

クローラーとは検索エンジンのロボットのようなもの。記事がGoogleのデータベースに登録されるまでの流れを「インデックスされる」といいます。クローラーに記事を発見してもらってインデックスまでされないと検索エンジンに乗ることすらありません。

リライトしたあとも同様に、記事が変わったことをGoogleのデータベースに伝えないといけません。その方法が、Google Search Consoleでのインデックス登録となります。

インデックス登録の手順

Google Search Consoleにてリライトした記事のURLを検査してください。

そうすると「Gooleインデックスからデータを取得しています」という文言が出てきます。

インデックス登録を行うために「インデックス登録をリクエスト」をクリックしてください。

「公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする」という文言がでてきます。

「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されればインデックス登録は完了です。

ステータスも「インデックス登録をリクエスト済み」に変わっています。リライトしたことがGoogle側に伝わりました。

まとめ

記事をリライトしたあとのGoogle Search Consoleを使ったインデックス登録について紹介してきました。

インデックス登録したからといって確実に検索順位が上がるわけではありませんが、ひと手間かける価値は十分にあります。「もともと検索順位が高かったのに、リライトしたあとに検索順位が下がってしまった」なんてときは検索順位を戻す有効な手段になるでしょう。

リライトしたあとはGoogle Search Consoleでインデックス登録を行ってみてください。