【必須】Google XML Sitemapの導入とSearch Consoleの設定方法

ブログなど、何らかのサイトを立ち上げたとき、サイトマップの設定が必須となります。

サイトマップが設定されていることで、記事を公開してから検索されるまでの時間を短縮できるかもしれません。

まだ設定をされていない方は、サクッと設定を行うことができるので、ぜひ試してみてください。

導入および設定の流れ以下のようになっています。

Google XML Sitemapプラグインのダウンロードと有効化

Google XML Sitemapの設定

Google Search Consoleにサイトマップを追加

Google XML Sitemapとは

Google XML Sitemapとは、WordPress向けにXML形式のサイトマップを作成できるプラグインとなっています。

サイトマップを作成することで、ウェブ上のクローラーにサイトを巡回してもらい、検索結果に反映してもらうことが可能となります。

クローラーとは、Googleなどのロボット型検索エンジンがWEB上のファイルを収集するためのプログラムとなります。

Google XML Sitemapのインストール

1.WordPress管理画面の「プラグインの追加」にて「Google XML Sitemap」と検索します。

2.「Google XML Sitemap」が表示されれば、「今すぐインストール」をクリックして、インストールが完了すれば「有効化」を選択してください。

インストール方法は以上となります。

Google XML Sitemapの設定

Google XML Sitemapの設定方法を見ていきます。

1.管理画面の「設定」→「XML Sitemap」を選択してください。

2.「基本的な設定」で画像のようにすべてにチェックが入っているか確認しましょう。

3.「投稿の有線順位」では、「優先順位を自動的に計算しない」を選択してください。

4.「Sitemapコンテンツ」では、「ホームページ」「投稿を含める」「固定ページを含める」「カテゴリーページを含める」「最終更新時刻を含める」にチェックを入れてください。

「固定ページを含める」にチェックを入れるかどうかは、人によって異なります。固定ページもSEO的に力を入れているのであればチェックをいれましょう。

5.各項目の更新頻度の設定を決めます。コンテンツに関係する重要なページほど頻度を高めにしましょう。

必ずしも、この頻度でクローラーが回ってくるというものではなく、あくまでも目安になります。

また、高ければ高いほど良いというわけでもなく、コンテンツの投稿頻度に合わせてやるのがおすすめです。

6.優先順位の設定を決めてやりましょう。「1.0」から「0.1」の間から選択することができて、数値の値が大きいほど優先順位は高くなります。

(5.)の設定に合わせて、数値を調整してやればいいでしょう。

7.設定ページに一番下に「設定を更新」とあるのでクリックして保存してください。

設定ページの「〇〇に開始されたping結果」から、生成されたサイトマップを確認できます。

Google XML Sitemapの基本的な設定は以上です。

Google Search Consoleにサイトマップを追加する

サイトマップを作成しただけでは、自分のサイトにクローラーを呼び込むことはできません。

Google Search Consoleにサイトマップを追加してやる必要があります。

1.Google Search Consoleを立ち上げて「サイトマップ」を選択します。

2.「新しいサイトマップの追加」にて、「 index.php?xml_sitemap=params= 」を記入して「送信」をクリックしてください。

3.追加したサイトマップのステータスが「成功しました」となれば完了です。

まとめ

Google XML Sitemapの導入とSearch Consoleの設定方法について紹介してきました。

設定しないといけないことは、シンプルなものばかりなので、すぐに設定できると思います。

自分のブログやコンテンツをGoogleに認識してもらうために、サイトマップの作成と登録は済ませておきましょう。

気になったチェックしてみてくださいね。

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー

<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!