IFTTTを使ってYouTubeとTwitterアカウントを連携する

YouTubeに動画をアップロードしたさいTwitterで自動的にツイートできるようにしたいという要望にお答えします。

以前はTwitter等のSNSと自動共有する機能がYouTubeには標準で実装されていましたが、現在そのサービスは終了してしまったようです。「設定→接続済みのアプリ→アカウントに接続」という設定方法のことですね。

そこで別の共有方法を紹介します。結論から言うとIFTTTというWebサービスを利用します。

IFTTTの詳しい説明はこちらの記事でまとめています。

IFTTTを使用してWordPressとTwitter/Facebookを連携させる方法

IFTTTを利用すればYouTubeとTwitterアカウントを連携させることができるので、YouTubeに動画をアップロードすれば自動的にツイートしてくれるでしょう。

IFTTT – Webサイト

YouTubeとTwitterの連携

IFTTTの検索欄で「YouTube Twitter」と検索してください。YouTubeとTwitterに関するアプレットが表示されます。

アプレットの一部が表示されました。この中から用途に合ったアプレットを探します。ユーザーがアプレットを作成してもいいですが、時間がかかるので世界の誰かが作成してくれたアプレットを利用します。

今回の用途に合いそうなアプレットにアンダーラインを引きました。実際に導入してみて効果を確認してください。

注意しないといけないことは絶えずアプレットは更新され続けます。画像に写っているアプレットも時間が経てば別のアプレットに置き換わっているかもしれません。

「YouTube video to Twitter」というアプレットを導入します。アプレットをクリックしてください。なお左上にある1つめのアプレットは管理人の環境だと機能しませんでした。アプレットにはそういったこともざらにあります。

アプレットを機能させるために「Turn on」をクリックしてください。

IFTTTにそれぞれのアカウントを連携させていきます。OKをクリックしてください。

「連携アプリを認証」をクリック。

つづいて連携させるYouTubeチェンネルを選択します。

YouTubeとTwitterアカウントの連携作業は以上です。あとは実際に機能するかどうかをYouTubeに動画をアップロードして確認しましょう。機能しない場合はアカウントの連携が正確にできているかどうか確認します。

それでも機能しない場合には他のアプレットを導入することになります。

まとめ

IFTTTを使ってYouTubeとTwitterアカウントを連携する方法を紹介してきました。

IFTTT – Webサイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!