最強タブレット「iPad Pro 10.5インチ(2017) 256GBモデル」をレビューするよ!!

※2017年モデルの「iPad Pro 10.5」についての記事となっています。

管理人は今までApple製品のタブレットやパソコンを触れることなく過ごしてきました。

唯一所持していたのがiPhone5でしたが、現在は「spotify」を聞き流すためだけの端末になっています。

iPhoneを選択したのも当時既に型落ち安かったからでした。

自分でも言葉にできない謎の反骨精神でiOS端末を使用してきませんでしたが、このたび「iPad pro 10.5」を手にしました。こちらも型落ちということでいくらか安くはなっていました。

結果的には大満足、感動レベルです。

iOS製品全般に言えることですが、デザイン、性能ともこれほど洗練されている端末があるでしょうか。

その分価格も大変なものになっていますがぁぁ。

それではタブレット「iPad Pro 10.5 」をレビューしていきます。

iPad Pro 10.5 

「iPad Pro 10.5」は「地球上で最も先進的なディスプレイ」、「新しい10.5インチディスプレイ」、「ほとんどのノートパソコンよりもパワフル」といった謳い文句を掲げ颯爽と現れました。

Appleの技術力をこれでもかというほど注ぎ込まれた製品でしょうから、自信の高さを感じます。

そんな「iPad Pro 10.5」には複数のモデルがあり選択肢が豊富です。

「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+Cellularモデル」があり、「Wi-Fi+Cellularモデル」はSIMカードを搭載することで野外でもスマートフォンのように、「Wi-Fi」スポットを気にすることなく使用することができるでしょう。

頻繁に野外へ持ち出す方や仕事で使用したい方にとって「Wi-Fi+Cellularモデル」は非常に便利なモデルとなっています。

「Wi-Fi」スポットを探したりスマートフォンのテザリングを利用して「iPad Pro」に繋げるといった、これらの動作は長い期間で考えるとそれなりにストレスになると思われます。

上記の内容に対して少しでも面倒だなと思われる方は「Wi-Fi+Cellularモデル」を選択されたほうがゆくゆく幸せになれると考えています。

しかしその分値段も上がってしまうので、自宅でしか使用しないといった方には通常の「Wi-Fiモデル」で十分でしょう。

管理人もタブレットは一切持ち歩かないので「Wi-Fi」モデルにしましたが、全く問題なく使用できています。

ユーザーの環境によって端末を選択できるので自身にとってベストな端末をチョイスできるのではないでしょうか。

このタブレットがあればどんな場所でもおしゃれに見られること間違いなしです。

iPad Pro 10.5 の性能

「iPad Pro 10.5」の性能はこのようになっています。

・ディスプレイ  10.5 インチ(Retinaディスプレイ)
_________LEDバックライトMulti-Touch
_________2,224 x 1,668ピクセル解像度(264ppi)
_________反射防止コーティング
・カラー     ゴールド/シルバー/スペースグレイ/ローズゴールド
・OS         iOS11
・チップ     64ビットアーキテクチャ搭載A10X Fusionチップ
_________組み込み型M10コプロセッサ
_________6コアのCPUと12コアのGPU
・オーディオ
・ストレージ   ROM 64GB
_________ROM 256GB
_________ROM 512GB
・外部メモリ   
・カメラ     フロントカメラ1200万画素
_________リアカメラ700万画素
_________12メガピクセルカメラ
_________f/1.8の開口部
・スピーカー   4スピーカーオーディオ
・Wi-Fi       802.11 a/b/g/n/ac
・Bluetooth
・SIMカード    nano-SIM(Apple SIMに対応)
_________Apple SIMを内蔵6
・センサー    Touch ID、3軸ジャイロ、加速度センサー
_________気圧計、環境光センサー
・位置情報    全モデル
・バッテリー容量 10時間
・サイズ     幅174.1mm×高さ250.6mm×厚さ6.1mm
・重量      469g

スペック表を見ても驚くほど高性能であることがわかります。これほどのマシンパワーをどこで活かせばいいのかよくわかりません。

リフレッシュレートが120Hzに対応しており、ホーム画面の動きから既にめちゃくちゃなめらかです。

むしろ120Hzのリフレッシュレートを活かせるコンテンツを探すほうが大変だと思います。

正直「iPad Pro 10.5」を使用していて120Hzの恩恵を受けたことはほとんどありませんでした。

ホーム画面で行き来をするさいに画面がヌルヌルだということを感じたぐらいでしょうか。今後120Hzに対応したコンテンツがもっと増えてくればより感動が増えるのですが。

6コアのCPUと12コアのGPUからなる「A10X Fusionチップ」の搭載により、従来の「A9Xチップ」からCPU性能が30%、GPU性能が40%高速化したことで処理速度はキレキレです。

処理速度が極めて早いためストレスフリーで「ほとんどのノートパソコンよりパワフル」という謳い文句が伊達ではないなということがわかりました。

もう一つ見過ごせないのが本体のサイズ感です。前機種の9.7型iPad Proよりも20%大きいディスプレイを搭載しつつも、ベゼル幅を40%薄くしコンパクトにしています。

タブレットの厚みは公称値で6.1mmとなっていまして

ここまで厚みの薄いタブレットを今まで手にしてきたことが無かったので、これほど薄いのかと驚愕しました。

ベゼルの狭さも相まってかなりスタイリッシュです。

たしかにとてつもなく高価なタブレットですが、誰もが納得する一台でしょう。

本体価格

「iPad Pro 10.5」には64GB、256GB、512GBの三種類存在します。

公式サイトでの値段ですが、Amzon等の販売サイトであれば数千円ほど安くなっていました。

販売当初と比べると徐々に値下がりはしているようですが、現在のAmazonの価格ぐらいで頭打ちでしょうか。

ここからセールでもない限り大きな値下がりはなさそうです。

Wi-Fiモデル
64GB 69,800円(税抜き)

256GB 86,800円(税抜き)

512GB 108,800円(税抜き)

Wi-Fi+Cellularモデル
64GB 84,800円(税抜き)

256GB 101,800円(税抜き)

512GB 123,800円(税抜き)

いざ購入しようとすると高価な買い物になってしまいます。

「iPad Pro 10.5」は間違いなく前機種から正当進化した素晴らしいタブレットであることは間違いないでしょうが、これほどのスペックをどこで使うことになるのか大変悩ましいところではあります。

Apple pencilの使い心地がすこぶる良さそうなのでイラスト作成に特化させたり、アプリゲームでがんがん使用したとしても、おそらく「iPad Pro 10.5」のスペックを持て余すことになるでしょう。

それこそ動画編集で4K動画等を編集したり3Dに対応したソフトでデザインを構築したりといった作業を考えている方には1つの選択肢になりそうです。

デザイン

やはり10.5インチディスプレイは大きいですね。迫力があります。

これほどの大画面であれば、動画を見るさい画面の大きさに困ることはまずないでしょうし、電子書籍や雑誌などはより原寸大に近い状態で見ることができるでしょう。

そして何よりベゼルの薄さには驚きます。

画面が大きいだけに、より狭く見えます。本当にかっこいい。

Apple製品にはおなじみの物理ボタンが搭載されていて、指紋認証機能によりセキュリティー面にも配慮されています。

しかしiPhoneでは感圧式のボタンに置き換えられていっていますが、こちらはまだ物理ボタンです。

次モデルでは、このあたりもそろそろ変更になる可能性がありそうでね。

メタルボディからは曲線美を伺うことができ、とてつもなく洗練されたデザインであることがわかります。

やはり他の端末には見られない美しさを感じました。

スピーカーは上下で4箇所に施されています。写真では分かりづらいですが、手にしてみると筐体の薄さがわかります。

背面にはApple製品のロゴがついています。当然ですね。

左上にリアカメラがありますが、レンズから1mm程度飛び出しています。そこだけは傷つかないか不安です。

カメラは12Mピクセルという超高精細な写真が期待できます。また「光学式手ぶれ補正」「f/1.8」開口部により、くっきりとした明るく美しい写真を撮ることができるでしょう。

重量は469gと10.5インチクラスのタブレットでは最軽量の部類です。

見た目に反してかなり軽く感じました。

片手で持ち続けるのは大変なので(片手で操作するものでもないですが)ホールドリングなどを装着してやれば、より手軽に取り回しがきくようにはなります。

ただこの完成されたデザインに余計なものを装着するのはものすごく忍びないですが。

スペック表には10時間と記載されて言いますがベストな状態でのバッテリー持ち時間が10時間でしょうから、ゲームなどをメインで行うと早めに充電は切れてしまうでしょう。

付属品は必要最低限でシンプルなのがApple製品らしいです。
・本体
・Lightningケーブル
・ACアダプター
・説明書

Retinaディスプレイについて

はじめてのRetinaディスプレイとあってかんり綺麗に感じます。しかし普段からApple製品を利用している方からしたら、目が肥えてるのでどれほどの感動があったのでしょうか。

管理人はその鮮明さに目を見張りました。

まず「2,224 x 1,668ピクセル解像度(264ppi)」という解像度の高さによりディスプレイのドット感を全く感じさせません。

まさに繊細の一言に付きます。

長時間の作業においても目の疲れが軽減されたというレビューをたびたび見かけましたが、画像をはっきりと認識することができるぶん、目の疲れが軽減されているということでしょうか。

画面がくっきりと見えることの恩恵は思ったより大きそうです。

また反射防止コーティングが画面入り込む余分な光の反射を抑え、本来のコントラストを保ち、くっきりとした画面になるように貢献しています。

そして耐指紋性撥油コーティングで指紋汚れが目立ちにくくなっていることがわかりました。

さらに本機種のRetinaディスプレイはiPad史上最も明るいディスプレイのようで、屋内外問わず周囲の環境に合わせて自然で正確なコンテンツの表示を可能にしています。

ディスプレイに対するApple製品のこだわりには息を飲むばかりです。すげー。

A10Xチップ

A10Xチップの搭載により端末操作やアプリの操作はさくさく動きます。

機敏な動きで低価格帯のタブレットとは明らかに一線を画しています。

アプリでゲームなどしてみましたが動作は軽快そのもので、逆に本体性能をフルで使い切るということなんて普通に使っていればまずありません。

この性能になってくるとタブレットをタブレットとして使うのではなくてPCのように扱ってようやく本来の性能が発揮されるのだと思いました。

タブレットとして使用するぶんにはその恩恵をすべて享受することは難しいでしょう。宝の持ち腐れ感がすごいですが、まぁ余裕があることは素晴らしいことだと思います。

なにより「ほとんどのノートパソコンよりパワフル」の意味がよくわかります。

インターフェイス iOS

iOSを「世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステム」と断言しています。

この感じが謎の反骨精神を生み出していたのかもしれませんが、やはりiOSの直感的でシンプルな操作感と使いやすいインターフェイスは良いのもだと認めざるをえないです。

iOSの親和性の高さはハードウェアからソフトウェアまで、一貫して設計しているAppleだからできる芸当でしょう。

1つのデバイスですべてをこなしてくれるのでユーザーの使い方にマッチすれば絶大な力を発揮しそうです。

オーディオ(音質)

タブレット本体の上下に4つのスピーカーが搭載されていますが、その音質の良さに驚きます。

これほど薄い筐体から、なぜここまでしっかりとした低音が出力されるのか不思議でなりません。

タブレットのなかでは間違いなく最高クラスの音質だと思われます。ノートPCのスピーカーや低価格帯のPCスピーカーでも相手にはなりませんでした。

タブレットのスピーカーの音質はたいして良くない、という管理人の常識が消し飛ばされました。

こんな方におすすめ

「iPad Pro 10.5」が最強クラスのタブレットであることは間違いありません。予算さえ許すのであれば、どんな方が使用しても満足できる端末となっているでしょう。

その予算が最大のネックですが・・・。

おすすめできる方

・Apple製品が好きな方
・超がつくほどのハイスペックマシンが欲しい方
・タブレットとしてではなくPCのように扱いたい方
・外出時の一緒に持ち出し作業したい方(Wi-Fi+Cellularモデル)

おすすめできない方

・Apple製品が嫌いな方

最後に

ここまで、「iPad Pro 10.5」を見てきました。久々にiOS端末を使い、その凄さを改めて感じました。Apple製品に疎い管理人でも感動レベルです。

性能もすごいですが、なにより直感的な操作方法で使いやすいです。アプリも豊富に存在するのでやりたいことは大概なんでもできてしまうのではないでしょうか。

「iPad Pro 10.5」を手にした瞬間に。タブレットと向き合う時間が生活の一部になるでしょう。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!