新型iPad Pro 2018の特徴とは!!  進化ポイントを解説

Appleより新型のiPad Pro 2018が発売されました。

前機種から一段とパワーアップしており、ノートパソコン以上の性能を発揮してくれます。

また従来モデルからデザインが一新されて、iPhoneと同様でベゼルレスのフルスクリーンモデルとなっているところも注目ポイントでしょう。

iPad Pro 2018の特徴を紹介していきます。

iPad Pro 2018の特徴

ついにiPad Proからもホームボタンが無くなったため、ベゼルがさらに薄くなり、表面のほぼすべてがスクリーンとなりました。

Appleでは「1枚の魔法のガラス」と形容しているように、無駄な箇所をすべて削ぎ落としています。

そして、今まで以上に軽く薄くなっているにも関わらず、本体性能は大幅にアップしているところも注目ポイントです。

タブレットの域を脱しており、パソコンとしての気色が強いです。

本体価格

モデルiPad Pro 11iPad Pro 12.9
wi-fiモデルCellularモデルwi-fiモデルCellularモデル
64GB89,800106,800111,800128,800
256GB106,800123,800128,800145,800
512GB128,800145,800150,800167,800
1TB172,800189,800194,800211,800

11インチモデルと12.9インチモデルでは、それぞれ2万円ほどの差があります。

高額ですが、各モデルとも1TBのストレージが追加されています。

Apple storedocomo
ausoftbank

プロセッサーの性能

モデルiPad Pro 11iPad Pro 12.9
プロセッサーA12X Bionic

A12X Bionicは、Appleの強力なプロセッサーであり、iPhone XS/XS MAX/XRに搭載されている「A12 Bionic」の強化版にあたります。

モデルiPad Pro
(A12X Bionic)
iPhone XS
(A12 Bionic)
iPad Pro 2017
(A10X Fusion)
CPUコア8コア4コア6コア
GPUコア7コア6コア12コア
ニューラルエンジン8コア8コア

A12 Bionicと比べると、CPUコアもGPUコアも増加しており、処理能力のアップに期待できます。

Adobe Photoshop CCのPC版に対応(厳密に言うとほぼ対応)していることからも、パソコン用に匹敵するプロセッサーであることは間違いないでしょう。

また旧機種のiPad Pro 2017と比べCPU性能は90%アップし、GPU性能も200%アップしていることから、間違いなく正当進化している端末です。

メモリ

基本的に4GBとなります。

公式ではアナウンスされていませんが、1TBモデルのみ6GBのメモリを実装していることが判明しています。

より複雑な作業を行うユーザーのために、1TBモデルではメモリ面で差別化を図ったのでしょう。

アナウンスしたほうが、より良いアピールなるのではないかと思うのですが・・・。

ディスプレイ

モデルiPad Pro 11iPad Pro 12.9
ディスプレイLiquid Retinaディスプレイ
解像度2,388 x 1,668(264ppi)2,732 x 2,048(264ppi)
仕様ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
600ニトの輝度

Apple製品なので安定の高解像度ですね。

iPad Proのディスプレイがきれいなことは、言わずもがなでしょう。

発色や見栄えは抜群です。

ProMotionテクノロジーにより、滑らかな操作性に期待できます。

さらにiPad Pro 2018ではベゼルレスデザインで、全面がディスプレイとなっているので、今までにない没入感を得られるのではないでしょうか。

FaceIDに対応 TouchIDは廃止

iPhoneと同じくホームボタンの廃止で、FaceIDによる顔認証システムのみとなっています。

iPad ProのFace IDは、縦方向や横方向からでも認識できるのでiPhoneと比べて利便性が上がっていることがわかります。

指紋認証が無くなったのは残念ですが、TouchID廃止によるベゼルレスデザインとなったのが最大のメリットですね。

また、イヤホンジャックも廃止されており、余分なポートは徹底的に省かれています。

iPad Proの薄さを実現するためでしょう。

Apple系のデバイスにはワイヤレスイヤホンは必須になりそうですね。

USB-type Cの搭載

iPad Pro 2018では従来モデルに搭載されていたLightningポートが廃止されUSB type-Cが採用されています。

USB type-C搭載で喜ぶ方は多いのではないでしょうか。

USB type-CはAndroid端末を始め様々な機器に搭載されているポートです。

互換性も良く、通信や給電といった面でも強力なので、さらに使い勝手が良くなるでしょう。

外部デバイスとのやり取りも行いやすくなるでしょうし、Appleの柔軟な対応には驚くばかりです。

カメラ

モデルiPad Pro 2018iPad Pro 2017
画素数メイン:12Mピクセルカメラ

フロント:7Mピクセルカメラ

絞り値f/1.8
レンズ構成5枚6枚
光学手ぶれ補正非搭載搭載
ビデオ撮影4K60fps4K30fps

iPad Pro 2018のメインカメラはコンパクトな本体にカメラシステムを収めるため、1から設計をやり直しています。

本体が薄すぎて、過去のカメラシステムが流用できなかったのでしょう。

ものすごい気合の入れようですが、従来モデルと比べ光学手ぶれ補正が非搭載となっており、レンズ構成も6枚から5枚に減少しているので、カメラの性能自体は若干下がっているかもしれません。

ただ、ニューラルエンジンを利用した「スマートHDR」に対応しているので、極端に写真写りが落ちるということはないでしょう。

写真自体は、現行のカメラシステムと比べ、より素晴らしい写真が影できるかもしれません。

フロントカメラに関しては、ポートレートモードに対応しています。

TrueDepthカメラにより、人物にピントを合わせたまま背景をぼかすことが可能になります。

フロントカメラでは人物を映すことが圧倒的に多いので、フロントカメラを良く利用する方にとっては大きなメリットになりますね。

第2世代Apple Pencilへ進化

iPad Pro 2018の発売に合わせて第2世代Apple Pencilも発売されました。

新しいApple PencilはiPad Proにマグネットで装着できるうえに、充電とペアリングを同時に行ってくれます。

前モデルはLightningケーブルで充電する必要があったので、いざ使用するときにバッテリーが無くなっているという状況が生まれがちでした。

しかし、新しく進化したApple Pencilのおかげで、非常にスマートな取り回しが可能になります。

その上、タッチ操作にも対応しているので、タッチ操作に様々な機能を割り当てて、作業の効率化を図ることができます。

ただ、iPad Pro 2018と第1世代Apple Pencilとは互換性がないので、流用しようと考えている方は注意が必要でしょう。

Smart Keyboard Folio

iPad Proを使いこなす上では必須になるアイテムだと言われています。

保護カバーにもなり、装着するだけでペアリングが可能です。

撥水性のあるファブリック素材を採用しているので、耐水性能が高いところもポイントです。飲み物をこぼしたり突然の雨に遭遇したりして焦ることは無くなるでしょう。

iPad Pro 2018まとめ

ここまでiPad Pro 2018の特徴を紹介してきました.

デザインも性能も申し分ない端末です。

さらに、その驚異的な性能からパソコンを購入する感覚に近いですね。

Adobe Photoshop CCに対応しているので、写真をよく撮影して加工する方やデザインやイラストを作成する方にとっては非常に強力なツールになるのではないでしょうか。

まさに、クリエイティブな作業において本領を発揮する端末でしょう。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

Apple storedocomo
ausoftbank

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!