JBL PebblesとCreative Pebbleを徹底比較!選び方や注目ポイントとは

JBL PebblesとCreative Pebble。PCスピーカーの中でも、これほど名前が似ている製品はありません。同じPCスピーカーであり、双方ともかなりの高評価を受けている製品でもあります。

そのためどちらを選択すれば良いのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。結論から言うと、実際に2つのスピーカーを使い比べてみた結果、品質はJBL Pebblesの方が優れていました。

その理由を2つのスピーカーを比較しながら紹介していきます。

JBL Pebblesの記事:
大定番!!JBL Pebbles バスパワードスピーカー を使い込んでみた

Creative Pebbleの記事:
高評価の嵐!Creative Pebbleを聴き込んでレビュー

全体的にJBL Pebblesが優れている

すでに書いてしまいましたが、PCスピーカーとしてはCreative PebbleよりJBL Pebblesが優れています。

JBL Pebblesの優れている部分はこちら

・高級感のあるデザイン
・クリアな音質
・電源周りの使い勝手

「ほぼ全てで勝っているやん!」といった感じですが、Creative Pebbleにも有利なポイントがあります。

Creative Pebbleの優れている部分はこちら

・圧倒的な低価格
・コストパフォーマンス

JBL Pebblesもコストパフォーマンスに優れたPCスピーカーですが、Creative Pebbleはそれ以上といっても過言ではないでしょう。AmazonなどでCreative Pebbleはとにかく高評価がすごいですが、使用してみるとその理由にも納得できます。

一方、JBL Pebblesはすべての性能が優れていて、バランスが取れているPCスピーカーですね。価格面ではCreative Pebbleに及ばないものの、非常に満足度の高い製品となっています。

徹底的にコストパフォーマンスにこだわり、ある程度スッキリとしたサウンドが聴ければいいのであればCreative Pebbleがおすすめ。デザインや音質等にもある程度力が入っていて、それなりに良い音響を目指すのであればJBL Pebblesといった感じです。

この2つのスピーカーの判断基準はコストかそれ以外か、でしょう。

デザイン

JBL Pebbles

JBL Pebblesは平べったい丸みを帯びた外観が特徴的ですね。本体カラーはブラック/ホワイトの2色ですが、差し色のオレンジがものすごくオシャレです。

筐体は全体的にアルミに覆われており高級感があります。またずっしりとした重みもあり剛性を感じられるのも素晴らしいポイントですね。

側面にあるダイヤルを回すことで音量調整が可能であり、電源のオン・オフはありません。背面にはスリップストリームポートがあり低音再生の要となっています。PCスピーカーとしてはかなり優秀な部類になります。

Creative Pebble

Creative Pebbleは球状デザインとなりドライバーが斜め45°上向きになっているところが最大の特徴でしょう。全体的にプラスチックが使用されているので高級感はありません。また剛性もJBL Pebblesと比べると一段劣るでしょう。

側面から背面にかけて艶消しのマットブラックは安っぽさが目立たなくなるのでGoog!正面にダイヤル式で音量調整ができて、左に回し切ると電源オフになります。

背面には迫力のある低音再生を可能にするためのパッシブラジエーターが備え付けられており、音が鳴るとパッシブラジエーターがベコベコと動きます。これほど低価格のPCスピーカーでは珍しい仕様ですね。

外部出力とイヤホンジャック

JBL Pebbles

JBL PebblesはUSBバスパワーでUSB端子に繋げれば使用することができます。ケーブルも少なくなり、机周りもスッキリとするので、ケーブル問題を抱えている方におすすめ。

USBケーブルだけで完結するのでイヤホンジャックも占有すること無く、取り回しは抜群でしょう。

入力用にAUX端子が備え付けられている点も見逃せません。この端子があることでスマートフォンなどをJBL Pebblesに直接繋げることが可能であり、パソコンがなくとも利用することができます。

Creative Pebble

Creative Pebbleですが、こちらも電源はUSBバスパワーとなるものの音声出力にはイヤホンジャックを使用することになります。つまりUSB端子とイヤホンジャックを占有してしまいます。

またCreative Pebbleに端子等は備え付けられていないので拡張性は皆無ですね。

音質

結論からいうとこちら

・ノートパソコンのスピーカー < Creative Pebble < JBL Pebbles

JBL Pebbles

JBL Pebblesから出力されるサウンドに一番厚みがありクリアに聴こえてきます。JBL Pebblesは内部にUSB DACが内蔵されているので、それが高音質再生の1つの要因となっています。

また、背面にあるスリップストリームポートで低音が強化されているので、低音再生にも力を発揮してくれるでしょう。キレと迫力のあるサウンドを両立してくれます。

ネットで動画や音楽をじっくりと聴きたいというのであれば、こちらを導入しておきたいところ。

・内蔵USB DACにより音質を強化
・キレのあるクリアなサウンドと豊かな低音を再現

Creative Pebble

Creative Pebbleでもクリアな音質が楽しめます。背面にあるパッシブラジエーターのおかげで低音再生も可能ですが、音の厚みという点でJBL Pebblesに軍配が上がります。

ただ、Creative Pebbleも音質が悪いというわけではなく今までノートパソコンやディスプレイのスピーカーを使ってきた方からすれば確実に音質はレベルアップするでしょう。

Creative Pebbleの値段を考えたときに、これほどの音質が確保されているのであれば、コストパフォーマンスは確かに絶大です。

優れた音質ですが、あくまでもコストに対しての話なので、低価格帯のPCスピーカーという域から脱しているわけではありません。過度な期待には注意が必要ですね。

・価格に対して音質は優れている
・あくまでも低価格PCスピーカーというカテゴライズで高音質

まとめ

JBL PebblesとCreative Pebbleを比較して紹介してきました。どちらも優れたPCスピーカーなので、どちらを選択しても大きく失敗したと感じることはあまり無いのではないでしょうか。

ただ意識するべきポイントとして、全体的に見たときはJBL Pebblesの方がPCスピーカーとして優れている、というところ。

まさにコストを取るか、それ以外を取るかとなっています。気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。