新型Kindle Paperwhiteの特徴とは!! 過去モデルと比較

Amazonから新型の電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」が発表されました。

電子書籍を読むことに特化した端末であり、これ1台で大量の書籍を読むことが可能です。

そして、従来モデルには無かった新しい機能が付け加えられているので、さらに快適な電子書籍体験を得られるでしょう。

それでは新型Kindle Paperwhiteの特徴を紹介していきます。

新型Kindle Paperwhiteの発売日

新型Kindle Paperwhiteの発売日は11月7日より、amazonから発売が開始されます。

本体価格

新型Kindle Paperwhite 8GB 広告付き Wi-Fi   13,980円
新型Kindle Paperwhite 32GB広告付き Wi-Fi   15,980円
新型Kindle Paperwhite 8GB 広告なし Wi-Fi   15,980円
新型Kindle Paperwhite 32GB広告なし Wi-Fi   17,980円

新型Kindle Paperwhite 32GB広告なし Wi-Fi+無料4G   22,980円

価格体系に関しては、従来モデルの発売当時と大きな変化はありません。

1番話題になっているのは、Wi-Fi+無料4Gモデルです。

本体性能

スペック表

モデル 新型Kindle Paperwhite 第7世代Kindle Paperwhite
内蔵ライト あり-LED 5個使用 あり-LED 4個使用
ページ送り タッチスクリーン タッチスクリーン
解像度 300 ppi 300 ppi
バッテリー 数週間
明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
数週間
明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用
接続 Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料4G
Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料3G
重量 Wi-Fi : 182g
Wi-Fi + 無料4G : 191g
Wi-Fi : 205g
Wi-Fi + 無料3G : 217g
サイズ 167 x 116 x 8.18 mm 169 x 117 x 9.1 mm
ディスプレイサイズ 6インチ 6インチ
反射抑制スクリーン あり あり
ストレージ 8 GB / 32 GB 4 GB / manga Ver
防水性能 あり なし

防水機能

新型Kindle Paperwhite   IPX8

従来モデル         なし

新型Kindle Paperwhiteの最大の進化ポイントは、ついに防水機能が搭載されたことでしょう。

防水性能に関しては、IPX8という最高クラスの等級になっており、深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がないことが確認されています。

お風呂でも問題なく使用できるようになったので、気を付けないとかなりの長風呂になってしまうかもしれません(汗

現行Kindleシリーズで防水機能が備わっていたものは、上位機種のKindle Oasisだけでした。

しかし、Kindle Oasisは一番安いモデルでも29,980円という価格であり、購入する上で大きなハードルとなっていました。

これだけお金を出せば、そこそこ良いタブレットが購入できるでしょう…。

今回の第10世代にあたるKindle Paperwhiteにて、ついに防水機能が導入されたので喜んでいるファンもかなり多いのではないでしょうか。

E-Inkディスプレイ

新型Kindle Paperwhite  6インチ1,080×1,440ドット(300ppi)16階調E-Ink

従来モデル        6インチ1,080×1,440ドット(300ppi)16階調E-Ink

ディスプレイの基本仕様に関しては、ほとんど変化がないように見えますが、細かな変更点が存在します。

E-Inkディスプレイは、マット調のディスプレイで太陽光などの環境光の反射がなく、本物の紙のような読みやすさ併せ持っています。

新型Kindle Paperwhiteはフロントライトが4個から5個に増えており、より明るさが増しているため読みやすさが向上しているでしょう。

フロントライト方式は、直接目を照らすバックライト方式と異なり、ディスプレイを照らすので、目に優しく疲れづらいのが特徴です。

就寝前の読書にも最適な端末であると言えます。

Wi-Fi+無料4Gモデル

こちらも注目の機能ですが、従来の3Gモデルは無くなり、4Gモデルが展開されました。

Wi-Fi+無料4Gモデルでは、外出先でWi-Fiスポットが無くとも4G回線が使えるため、回線に繋がる環境であればいつでも書籍をダウンロードできます。

4G回線というだけあって、従来の3Gモデルを遥かに凌駕する高速ダウンロードに期待できるでしょう。

4G回線料金はamazonが負担してくれるため、回線の契約や回線料金箱など煩雑なことを考える必要がなく、箱から取り出せば即座に使用できます。

amazonすごすぎです…。

本体サイズの変化

厚み:9.1mm→8.18mm

重量:205g→191g(Wi-Fiモデル)

従来モデルより、厚み・重量ともに10%ずつ薄く軽くなりました。

コンパクトは間違いなく正義です。

また、従来モデルではベゼルとディスプレイの間に段差がありましたが、新型Kindle Paperwhiteでは完全にフラットになっているので、よりすっきりとした印書を受けます。

性能も大事ですが、持ち歩くことになるかもしれないだけにデザインも重量になってくるでしょう。

新型Kindle Paperwhiteになって間違いなくデザイン性は向上していることがわかります。

アクセサリ

Amazon純正カバーは、水に強いファブリック素材や高級感のあるレザー素材でKindle Paperwhiteを外部環境から保護してくれます。

手帳タイプで全体を覆い、カバーの開閉だけで端末が起動/スリープと切り替わってくれます。

頻繁に外へ持ち出す場合は必須アイテムとなるでしょう。

新型Kindle Paperwhiteまとめ

新型Kindle Paperwhiteは、待望の防水機能、Wi-Fi+4Gモデルとより扱いやすくなって帰ってきました。

これで、文字通りどのような状況でも読書をすることが可能になるでしょう。

この進化は、間違いなく「買い」といってもいいのではないでしょうか。

またスマートフォンや通常のタブレット全盛において、あくまでも電子書籍に特化した端末を展開してくることに、amazonの本を読むことに対する強いこだわりを感じさせられます。

最後に

ここまで新型Kindle Paperwhiteの特徴を紹介していきました。

読書好きはもちろん、これから読書を始める方にとっても最適な端末になるでしょう。

amazonが提供するサービスであるKindle Unlimitedと組み合わせて使用すると、より充実した読書ライフを送れるのではないでしょうか。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

従来モデルが値引き中です。

防水機能やWi-Fi+4Gモデルが必要にならない方であれば、こちらの従来モデルでも問題なく使用できましコストパフォーマンスは高くなります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!