Jetpackを使ってWordPressとSNSを連携させる方法を紹介

Jetpackプラグインを使えば、ブログ記事を効率的にSNSでシェアすることが可能になります。

一度設定してしまえば、記事投稿とSNSでの拡散を自動化できるので、ぜひ導入したいところ。

この記事では、FacebookとTwitterの連携方法にフォーカスしています。

それでは、その方法を紹介していきます。

この記事を読んでわかること:
Jetpackを使ったWordPressとSNSの連携方法

Jetpackの準備

1.WordPressの「プラグインの追加」にて「Jetpack」と検索します。「Jetpack by WordPress.com」というプラグインをインストールしたあとに「有効化」してください。

2.プラグインを有効化すると、画像が切り替わり「Jetpackを設定」をクリックしてプラグインの設定をおこないます。

3.自分のアカウントを作成してください。そのあとにJetpackには有料プランと無料プランがあるので、赤枠の無料プランを選択してください。

クリックして、連携の表示が確認できれば、Jetpackの準備は完了です。

Jetpackの設定

1.WordPressにJetpackという欄が追加されているので、その中の「設定」を選択して、設定画面から「共有」をクリックしてください。

2.「パブリサイズの接続」にて「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックしてください。

FacebookとWordPressを連携

1.Facebookの横にある「Connect」をクリックしてください。

プラグインを有効化した時点で、画像のようにSNSとすでに連携されていれば、ここの説明は無視して、下の「設定の確認方法」に進んでください。

2.Facebookへログインします。

3.WordPressと連携させたいアカウントを選択してください。

4.「WordPressに許可するアクセスの設定」をおこない「完了」をクリックしてください。

すべて「はい」にすればOKです。

5.「WordPressがFacebookにリンクされました」と表示されれば完了です。

TwitterとWordPressを連携

1.Twitterの横にある「Connect」をクリックしてください。

2.「WordPress.comにアカウントの利用を許可しますか?」にて「連携アプリの認証」をクリックしてください。

3.Twitterアカウントの認証を迫られるので、「Connect」をクリックしてください。

これで、TwitterとWordPressの連携は完了です。

また、連携したいアカウントが表示されない場合は、一度適当なアカウントで連携させたあとに、Twitter欄の右端にある矢印マークをクリックしてください。

そこから、「Connect a different account」をクリックして、別のアカウントを設定してください。

設定の確認方法

1. WordPressとSNSを連携させたあと、記事編集画面を確認しましょう。「公開」の一覧に「パブリサイズ共有」という項目が追加されていて、Facebook及びTwitterのアカウントを確認することができます。

これで、WordPressとSNSが連携されていことを確認できました。

「公開」した瞬間に、各SNSに記事がアップされます。

2.パブリサイズ共有の「編集」を選択して「カスタムメッセージ」に任意のメッセージを記入することで、各SNSにアップしたときに、ブログ記事と任意のメッセージを同時に表示させることが可能になります。

注意点としては、140文字以上のメッセージになるとTwitterではメッセージが表示されなくなります。

また、カスタムメッセージを設定せずに「公開」した場合、Facebookでは、ブログ記事の冒頭からの文字がSNSいっぱいに表示されることになり、視認性がかなり悪くなります。

Jetpackを使ってWordPressとFacebookを連携させる場合は、カスタムメッセージに何かメッセージを残したほうが良いでしょう。

まとめ

Jetpackを使ってWordPressとSNSを連携させる方法を紹介してきました。

自動的にSNSにアップロードしてくれるだけではなく、任意のコメントも残せるので大変便利な機能だと思います。

WordPressとSNSを連携させて、ブログ運営を時間短縮してみてはいかがでしょうか。

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー
<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!