【Mixhost】LiteSpeed CacheでWordPressを高速化する

WordPressを高速化機能として、LiteSpeed Cacheを紹介します。

LiteSpeed Cacheは、Mixhostで使用可能なキャッシュプラグインとなります。

導入するだけで、WordPressの高速化に期待できるため、「LiteSpeed Cache」に対応しているレンタルサーバーをお持ちの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

無料で使用できます。

LiteSpeed Cacheの導入

1.WordPressの管理画面のプラグインにて新規追加をクリックします。

右上の検索窓から「LiteSpeed Cache」と検索してください。

LiteSpeed Cacheが表示されれば、インストールして有効化します。

LiteSpeed Cacheの設定

LiteSpeed Cacheの設定方法を説明します。

1.左側のカーソルにある「LiteSpeed Cache」から「設定」をクリックします。

2.設定画面の{1}全般で「LiteSpeed Cache を有効にする」で有効を選択します。

これだけでも、プラグインの効果は発揮されますが、より細かく設定したい場合は{5}最適化を選択します。

3.{5}最適化で各項目を「オン」にします。

初期設定では、ほとんどがオフになっています。

注意点として

「このリストでオプションを有効にするときは、十分にテストしてください。圧縮化/結合の設定を変更したら、全てをパージを実行してください。」

と表記されているので、設定によっては不具合が発生するかもしれません。

見栄えに問題が発生しないように微調整をする必要がありますね。

「2.」の「LiteSpeed Cache を有効にする」にするだけでも効果はあるので、その状態で様子をみるのでも十分だと思います。

LiteSpeed Cacheの効果

当ブログでのLiteSpeed Cache を有効にした場合の効果を紹介します。

スピードテストにはPageSpeed Insightsを使用しました。

まず、LiteSpeed Cacheを有効にする前の数値です。

モバイルがひどすぎですね・・・。



LiteSpeed Cacheを有効にした場合



モバイル、パソコンともにスコアを上昇させることができました。

効果ありです。

最後に

LiteSpeed Cacheについて紹介してきました。

レンタルサーバーがプラグインに対応していれば、問題なく簡単に登録することができるでしょう。

また、WordPressの高速化の効果もあるので、試してみる価値は十分にありますね。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

<使用しているサーバー>
MixHost

<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!