マウス「m-Book R500SN-M2S5」をレビュー パソコンを買い替えた話

今までデスクトップパソコンでブログを書いていましたが、ようやくノートパソコンを購入しました。

マウスコンピューターの「m-Book R500SN-M2S5」は、値段に対して高性能だったので、コストパフォーマンスを重視して選択しました。

そんな、m-Book R500SN-M2S5の特徴を紹介していきます。

マウスコンピューター – Webサイト

この記事を読んでわかること:
m-Book R500SN-M2S5の特徴

m-Book R500SN-M2S5の性能

m-Bookのおおまかな性能がこちら。

・OS     Windows 10 Home 64ビット
・CPU     インテル® Core™ i7-8565U
・GPU    GeForce® MX150
・メモリ   16GB PC4-19200 へアップグレード
・M.2 SSD  512GB
・液晶パネル 15.6型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
・無線    IEEE802.11 ac/a/b/g/n (最大433Mbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
・重量    約 1.7kg

この性能で、お値段は「109,800円(税別)」!!

特に、パネルが15.6型でありながら本体重量が1.7kgしかないところに心惹かれました。

15.6型だと、だいたい2kg以上の製品が多い中、これはかなり軽い。

デスクトップパソコンを使用していた分、どうしても持ち運びやすそうな機種が欲しかったので、かなり重視しました。

やっとこれでスタバで「どやぁ」、できるぜ。

あと、今やSSDは必須ですよね。

「速さ=正義」だと思います。

このモデルはSSDを512GBも積んでいるので、これも購入理由の一つになりました。

ノートPC – マウスコンピュータ

SSDのベンチマーク

SSDの読み込み書き込み速度をCrystalDiskMarkで測定してみました。

やはり速いですね。

パソコンを使い始めて間もない、というのもあるでしょうが。

グラフィックのベンチマーク

参考程度の数値となります。

バイオハザード6
解像度:1920×1080 画質:中
結果:快適

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
解像度:1920×1080 画質:標準品質
結果:非常に快適

ドラゴンクエストX
解像度:1920×1080 画質:標準品質
結果:すごく快適

モンスターハンターフロンティア
解像度:1920×1080
結果:普通くらい

搭載されているGeForce® MX150は、ゲーミング向けではないので、やはりすごく良い結果は出ませんでしたね。

このパソコンで最新タイトルの3Dゲームは、よほど設定を落とさないとプレイできないでしょう。オンラインゲームであれば、設定次第ではプレイできると思います。

また動画編集でも、簡単な切り貼りだと問題ないでしょうが、凝った編集は厳しいと思います。

ゲームや動画編集をバリバリやりたい方は、グラフィックス性能に強い上位機種を選択しましょう。

ただ、GeForce® MX150は内蔵GPUの2~3倍の性能があるので、PhotoshopやIllustratorなどでデザインを設計したりする方には、良い選択肢になるのではないでしょうか。

デザイン

本体は、厚さ20mmを切るアルミボディーです。

写真では分かりづらいですが、確かに薄く、何より軽い。

宅配便で受け取ったときも、その軽さに中身大丈夫かなと心配になったほどでした。

パネルを開けた状態です。

中身はブラック一色で、よく見るBTOパソコンといった感じですね。

特に高級感などはありません。

タッチパッドは、クリック部分も含めて一体型となっています。また、右上の四角は指紋認証となっています。

パソコンを起動したとき、この部分に触れるだけでログインできるので、セキュリティー面も考慮しつつ、すばやく立ち上げることができるでしょう。

カメラとスピーカーは画面下部に設置。

7mmほどのベゼルレスデザインで見た目はスタイリッシュですね。

接続端子は下記のようになります。

左側
・HDMI
・USB3.0
・USB3.0
・USB Type-C

右側
・キーロック
・SDカード
・USB2.0
・イヤホンジャック

キーボードの配置は△

性能やデザインは満足ですが、たった一つだけ不満な点が存在します。

それはキーボードの配置です。

標準的な日本語配列を踏襲してはいますが、細部が微妙に異なります。

・「\」の位置

・「¥」の位置

そのぶん「BackSpace」が大きくなり「左Shift」が小さくなっています。

ブログ記事を書くだけだと、それほど影響は出ないかと思います。

しかし、ゲームをプレイする方は「左Shift」を多用しますし、プログラミングではどちらのキーもよく使います。

このあたり慣れが必要になるので、キー配置が微妙に異なることは意識しておかなければならないでしょう。

まとめ

マウスコンピューターの「m-Book R500SN-M2S5」をレビューしてきました。

ようやくノートパソコンを購入できたので、これからは場所に縛られず作業ができそうです。

なにより、停電で書いていたブログのデータが消えると行ったことも無くなりそうですね。(台風のとき2回くらいあった涙)

m-Book R500SN-M2S5の特徴として、コストパフォーマンスは高いですが、操作性のところで慣れが必要なパソコンでした。

高頻度で外に持ち出さず、キーボードも別に用意するといった方には良い選択肢になるでしょう。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

マウスコンピューター – Webサイト

ノートPC – マウスコンピュータ