新型Macbook Air 2018の特徴とは!!  旧型Macbook Airとの比較

Appleから新型のMacbook Air 2018が発売されました。

旧型であるMacbook Air 2017と比べてどのように進化しているのか紹介していきます。

Macbook Air 2018の特徴

「Air」の名の冠する通り、軽さとコンパクトさを重視しているのがMacbook Airですが、8年ぶりに筐体のデザインが一新されました。

生まれ変わったMacbook Airの登場に喜ばれた方は多いのではないでしょうか。

また、ディスプレイにもMacbook Airでは初となるRetinaディスプレイが採用されたことにより、解像度が大幅にアップしています。

全体的に性能の底上げがなされていますが、ハード面の変化がより大きく、さらにスマートな外観になっていることがわかります。

しかし、近年MacbookやMacbook Proでも軽量化が進み、Macbook Airの重量におけるアドバンテージは小さくなってきていると感じました。

Macbook Air 2018においても、そういった状況は続きそうです。

本体価格

モデル Macbook Air 2018 Macbook Air 2017 Macbook Pro 2018
128GB 134,800円 98,800円 142,800円
256GB 156,800円 120,800円 164,800円
512GB 178,800円 142,800円 186,800円

Macbook Air 2018の値段はMacbook Air 2017と比べると同ストレージごとに3万円ほど値上がりしています。

一番安いモデルでも13万円台と、もう少しでMacbook Proも視野に入ってきそうです。

いっそMacbook Proを購入したほうが・・・、となりそうな価格帯だと感じました。

比較的安価だったMacbook AirシリーズのメリットもMacbook Air 2018では薄そうですね。

プロセッサーの性能

モデル Macbook Air 2018 Macbook Air 2017
プロセッサー Intel Core i5 デュアルコア 1.6GHz

(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)

Intel Core i5 デュアルコア 1.8GHz

(Turbo Boost使用時最大2.9GHz)

グラフィック UHD Graphics 617 HD Graphics 6000

動作周波数やグラフィックの性能から、Macbook Air 2018にはIntel Core i5-8210Yが搭載されていることが判明しています。

IntelのUシリーズやYシリーズは、省電力向けのプロセッサーであるためやや非力で、動画編集や3Dゲームなどの重い処理には向いていません。

クリエイティブな作業を行う方はMacbook Proを購入するべきでしょう。

管理人のように、ブログを書いたりyoutubeを見たりするぐらいであれば全く問題ない性能です。

メモリ

モデル Macbook Air 2018 Macbook Air 2017
プロセッサー 8GB

オプションで16GBまで増設可能

8GB

8GBが標準仕様になっています。

8GBもあれば大抵の作業は問題なくこなせるでしょうが、ブラウザでタブを何十と開いたりする場合は16GBあればより快適になるでしょう。

Macbook Airは後からメモリを増設することができないので、注意が必要ですね。

デザイン

モデル Macbook Air 2018 Macbook Air 2017 Macbook Pro
インチ 13.3インチ
重量 1.25kg 1.35kg 1,37kg

Macbook Airのデザインは、奥から手前に向けて傾斜があるくさび形デザインです。

手前になるほど、本体の厚みが薄くなるので手を自然な形でキーボードに置くことができ、長時間のパソコン作業でも疲れづらいというメリットがあります。

Macbook Air 2018では、旧機種よりサイズが一回り小さくなり重量も100gほど軽くなったことで、さらに取り回しが便利になるでしょう。

ただ、技術の発達でMacbook Proなどもかなり軽量になってきているので、相対的に「Macbook Air=軽さ」というアドバンテージが薄くなってきているのではないでしょうか。

ディスプレイ

モデル Macbook Air 2018 Macbook Air 2017
解像度 2,560×1,600

Retinaディスプレイ

1,440×900
アスペクト比 16:10

Macbook AirにもついにRetinaディスプレイが採用されました。

RetinaはAppleが提唱する高精細ディスプレイのことです。

本製品で一番大きな進化ポイントではないでしょうか。

2,560×1,600という高い解像度で、400万以上のピクセルが搭載されています。

動画、写真の隅々までくっきりとシャープに表現してくれるでしょう。

TouchIDに対応

Macbook Air 2018ではTouchIDセンサーを使用した指紋認証に対応しています。

指紋認証だと、素早く手軽にロックを解除できるので、パスワードを毎回記述する必要が無くなり、セキュリティー面の向上に貢献してくれます。

USB-type Cの搭載

Macbook Air 2018に搭載されているポートはUSB-type Cとイヤホンジャックだけになりました。

USB-type Cは充電、データ伝送、ビデオ出力とオールラウンドにこなしてくれる素晴らしいコネクタです。

また、iPhoneやiPadではイヤホンジャックが次々と廃止されましたが、Macbookでは続投となりました。

これにより、まだしばらくの間はApple製品でも有線タイプのヘッドホンやイヤホンで音楽を楽しむことができます。

eGPUに対応

Macbook Air 2018のグラフィックは、CPUに搭載されているGPUコアが映像処理を行っており、ものすごく性能が高いというわけではありません。

GPUが独立して搭載されているもののほうが、グラフィック性能は圧倒的に高いです。

ブログを書いたり写真を少し加工したりするぐらいであれば、内蔵GPUでも全く問題はないでしょう。

しかし、動画編集や画像編集を専用ソフトで快適に扱いたい場合には、グラフィック性能を強化する必要があるかもしれません。

eGPUとは、外付けのGPUであり、外部からパソコンに接続することでグラフィック性能を強化できます。

Macbook Air 2018ではeGPUに対応しているので、グラフィック性能を強化したくなれば外付けのGPU製品を購入しMacbook Airに接続することで、グラフィック性能を即座に強化できるでしょう。

デメリットとしては、外付けGPUはそれなりに高価であり、設置スペースも必要とします。

そのため、パソコンで動画編集やゲーミングなど重い処理をすることがわかっている場合は最初から高性能なパソコンを購入するほうが良いのではないでしょうか。

Macbook Air 2018まとめ

ここまでMacbook Air 2018の特徴を紹介してきました。

コンパクトで軽量なので、持ち運びされる方にとっては大変便利な機種になるのではないでしょうか。

しかし旧型のMacbook Air 2017から比べるとデザインも一新されて、すべての性能が向上したMacbook Air 2018ですが、価格面がどうしてもネックになります。

Macbook Proの一番安いモデルとの金額差が8,000円ほどで、重量のアドバンテージも100gしかありません。

性能はもちろんMacbook Proが優れているので、価格差を見たときMacbook Proの購入も視野に入ってきます。

重量を少しでも軽くして文書作成などがメインの場合はMacbook Air、動画や写真などを使ってクリエイティブな作業をされる方はMacbook Proがおすすめとなります。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!