【Minecraft】音符ブロックを使って演奏する!

みなさんどうもこんにちは。オーディオ大好きのツウです。

最近、youtubeでマインクラフトの音符ブロックを使用して、人気の曲を演奏する動画をよく見ています。普段ゲームはあまりしない管理人ですが、すごくおもしろいなと思い管理人も挑戦してみました。

音符ブロック

マインクラフトには、音符ブロックなる音を奏でるブロックが有ります。そのブロックの組み合わせ次第では自由自在に曲を演奏することができます。
マインクラフトwikiより最大で2オクターブの範囲の音を鳴らせます。

フィッシュボーン回路

フィッシュボーン回路とは、マインクラフトの音符ブロックの最もポピュラーな並べ方のひとつです。

親骨から子骨が出ている様子から「フィッシュボーン回路」と名付けられたようです。
利点は、実際の楽譜に近い感覚でブロックを並べることができます。

楽曲の冒頭部分ですが、この五線譜に沿ってマインクラフトの音符ブロックを並べてみます。最初はとっつきづらいかったですが慣れれば案外すんなりできました。

シ・ド・ソ・シ・ド・ソと続いていますが、音符1つ1つの音の長さでいうと、
1/8小節・1/8・1/8・1/8・1/8・1/8・3/8となっています。

これに、音符ブロックを対応させていきます。


親骨4個が楽譜の1小節に相当するので、親骨一個あたり1/4小節となります。そこから、1/4小節分の小骨を出していきます。


楽譜は、1/8小節・1/8・1/8・1/8・1/8・1/8・3/8となっていたので、上図のように設置しました。

これを繰り返して曲を組み立てていきます。

組み立てた曲がこちら。

ところどころ怪しいところはあるもののなんとかメロディーにはなっていると思います。有名な曲なのでご存知のかたも多いのではないかと思います。

本来はここから、ベース音などを加えていき音の厚みを増やしていくようです。かなり奥が深い!

最後に

こうやって一つのメロディーになるとなかなかの感動があります。
ちょっとした時間に手軽に取り組めるのもいいですね。

 気になった方はぜひチェックしてみてくさい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!