赤い閃光!! PHILIPS BASS+ SHL3075 を聴き込んでみた

みなさんどうもこんにちは。オーディオ大好きのツウです。

前々からSHL3075のレッドカラーが気になっていました。
先日、セールで安くなっていたので購入。

BASS+シリーズという名前から分かる通り、重低音に重きを置いているヘッドホンで、
音質面にも注目していきたいところです。

赤い閃光!!
PHILIPS BASS+ SHL3075 を見ていきます。

開封

外箱は、このような状態です。
BASS+の文字が大きく印字されています。


ヘッドホン本体のみとなっております。

外箱や内容物はかなりあっさりしているので、
こういうところで経費削減しているんだろうなー、という印象です。

デザイン

<落ち着いたレッドカラー>

カラーは、ブラック/ホワイト/ブルー/レッドの4色が展開されています。

その中で、レッドカラーをチョイス。


見た目は派手な赤色ではなく、落ち着いた色合いでどちらかと言うとワインカラーに近いです。これだけでオシャレアイテムに早変わりしそうです。


全体的にプラスチックが使用されているので、 安っぽさはどうしても出てしまいます。

ネットなどで見かける広告写真は、すごく綺麗に撮影されているので高級感を感じますが、 それをイメージして購入すると少し違った印象を受けるかもしれません。

ですが、値段が値段なので割り切れれば全く問題はありません。


アーム部分の調整は、スライド式になっています。
簡単にアームの長さ調整ができますが、 稼働は少し硬めです。

使用していくうちにちょうどよくなると思われます。

<リモコン>

ヘッドホンのリモコン部分です。

ボタンは1つだけで、音楽の再生/停止/スキップ
の操作が可能です。

また、スピーカーも付いているので通話が可能で、 ハンズフリーコール機能によって、
楽曲再生から通話に自動で切り替わるようになっています。

<プラグ>


プラグ部分はΦ3.5mmストレートプラグとなっています。

<しっかりとした装着感と収納性>

オンイヤータイプのヘッドホンであるため、
耳の上に直接イヤーパッドを乗せる事になります。

イヤーパッド自体が柔らかく長時間の試聴でも
耳が痛くなるということはありませんでした。

側圧は強めで、しっかりと装着することができるため ヘッドホンがずれたりしません。
これは、外出中の移動などに配慮しているためだと思われます。

また、ハウジング部分が折り込めるスイーベル構造のため収納性にも優れています。

<イヤーパッドの大きさ>


直径7cmほどのイヤーパッドとなります。

<重量>

133g (ケーブル含む)
ヘッドホンの中では、軽量の部類に入ります。
実際に頭にかけてみるとわかりますが、かなり軽いです。

音質

32mmネオジウムマグネット採用のドライバーにより、力強く豊かの重低音を再現すると謳われています。

ネオジウム磁石とは
ネオジム・鉄・ホウ素からなるレアアース磁石の一つで、日本人によって開発されました。永久磁石の中でも強力な磁力を持ち、磁力を要する製品の小型化や高性能化を実現させました。
日本では、「ネオジム磁石」が正しい呼称とされているようです。

<高音>

重低音にフォーカスされたヘッドホンですが、高音域も滑らかに出力されています。

全体的におとなしいイメージで全体的に迫力に欠ける印象でしたが、
長時間の試聴を続けることにより、 楽器類の音は確かな伸びと余韻を感じることができるようになりました。

上位機種と比べると音の厚みはやや薄めですが、この価格帯で考えると十分な音質を感じさせてくれました。

<低音>

一番のセールスポイントとなっている低音域の音ですが、
謳い文句どおりクリアな低音を楽しむことができます。

打楽器の振動やベースラインの音はきちっと聞こえてきますが、
音自体がまとまっているので、低音域だけが強力な主張を繰り広げることはないです。
上位機種の奏でる重低音をイメージしてしまうと、あっさりした印象を受けてしまいます。

しかし、この価格帯のヘッドホンの中ではまとまりのある低音を感じることができました。

性能

周波数特性 9~23000Hz
インピーダンス 32Ω
感度 103dB
最大入力 40mW
音響システム 密閉型
磁気タイプ ネオジウム
ドライバー直径 32mm


気になったところ

素晴らしいヘッドホンですが、使用して気になるところをいくつか紹介します。

<プラスチック感>

イメージ画像とのギャップは正直感じてしまいました。

プラスチックの多用で、本体重量は申し分ないですが、外出中での使用も念頭に置かれたヘッドホンなので見た目の高級感はある程度必要になってくるのでは、と感じました。

ビジュアル重視だと、気になるところではあります。

最後に

ここまで、PHILIPS BASS+ SHL3075を見てきました。

小型でしっかりとした音質のヘッドホンで安定感がありました。
外出中での使用も考えられているので取り回しは優れています。

また、カラーデザインも豊富で 内外で気軽に音楽を聞きたいという方にオススメです。
セールも開催されているので、購入はそのタイミングが狙い目!

気になった方、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!