【Photoshop】木漏れ日の作り方

Photoshopを使って木漏れ日の作り方を紹介していきます。

Photoshop – 公式Webサイト

グラデーションを選択

背景画像がある状態で、「調整レイヤー」⇒「グラデーション」を選択してください。

グラデーションを選択したあとプリセットを選択します。種類はどれでもかもいません。カラーモデルを「HSB」に設定して「S」パラメーターを絞ってください。

オプションの「透明部分を追加」にもチェックを入れておきます。

「開始位置を乱数的に変化させる」をクリックするごとにグラデーションのデザインが変化するので、気に入ったものが出てくるまで選んでみてください。

スタイルの変更

スタイルを「角度」に変更してください。

木漏れ日レイヤーの位置を変更

スタイルを角度に変更することで、放射状の光線になりました。木漏れ日となるレイヤーを光が差し込んでくるところに移動させます。この画像では光源(太陽)の位置に木漏れ日レイヤーの中心部分を移動させました。

木漏れ日の不要な部分を削除する

レイヤーマスクサムネイルを選択してください。

ブラシツールを選択します。カラーは黒にしてください。不要な部分にマスクをかけて木漏れ日が見えないようにしていきます。

・B:ブラシツール

不透明度を下げて馴染ませる

これだけだと木漏れ日の色合いが強すぎる場合があるので、不透明度を調整して背景に馴染ませていきます。

背景に馴染ませた状態がこちら

再調整したい場合

木漏れ日の状態を再調整したい場合にはレイヤーサムネイルをダブルクリックすることで可能になります。色味が気に入らない場合には再調整してみましょう。

まとめ

Photoshopを使った木漏れ日の作り方を紹介してきました。

Photoshop – 公式Webサイト