未経験から動画編集を仕事にしたい場合はPremiere Proを使うのが1番である理由

動画編集において、どんな編集ソフトを使えばいいのかはかなり迷うところですよね。

未経験から動画編集を仕事にしたい場合、動画編集ソフトはPremiere Proが1番おすすめです。

Premiere ProとはAdobe社が提供している動画編集ソフトのことです。そのPremiere Proが良い理由を本記事では紹介していきます。

Premiere Proが1番良い理由

管理人が考えるPremiere Proが1番良い理由はこちら。

・Premiere Proの求人数は圧倒的に多い
・個人間での委託でもPremiere Proが条件であることが多い

これらをもう少し詳しく見ていきます。

Premiere Proの求人数は圧倒的に多い

ネット上で動画編集の求人やアルバイトを調べてみると動画編集の求人で条件になっているソフトは圧倒的にPremiere Proが多いです。

一部には「DaVinci Resolve」や「EDIUS」を使用するといった求人もあるものの、その差はかなり大きくあるでしょう。

つまりPremiere Proの使い方を知っていたほうが手っ取り早く動画編集の仕事に繋げることができるかもしれません。

Premiere Proは映像業界のデファクトスタンダードになっているので、求人を探す上での恩恵はかなり大きなものになるでしょう。

個人間での動画編集業務でもPremiere Pro使用が多い

企業だけでなく個人間で動画編集を請け負う場合であっても、Premiere Proを使用できることが条件になっているものが多くあります。

特にYouTubeの編集ではPremiere ProまたはFinal Cut Proを動画編集で使用している方が圧倒的に多い状況です。実質この2強だと思っていただいて間違いありません。

動画編集の仕事はクラウドソーシング等を通して受注することが多いですが、SNSを通して仕事を受注することもできるようになってきています。

YouTuberから仕事を請け負いたいと思ったときでもPremiere Proを使えることは大きなアピールポイントになるでしょう。

Premiere Proを使うメリット

Premiere Proを使う上での最大のメリットは案件数というふうに書いてしまいましたが、そのほかにも学習のしやすさというメリットにも注目です。

情報が豊富であるため学習しやすい

先程も書いたようにPremiere Proは映像業界ではデファクトスタンダードに近い立場にあります。そのため普段から映像制作で使用している方も多くいるため、動画編集に対する情報が豊富にあるといったメリットが存在します。

マイナーな動画編集ソフトだと、いざ自分の考えている編集を表現したくても情報が少ないがため、なかなか思い通りにならないこともざらにあります。

Premiere Proを使うことで、わからないことがあればすぐにググって情報を集めることができるといった状況は初学者にとってはかなりありがたいポイントではないでしょうか。

その他のAdobe製品との連携が強い

Premiere ProはPhotoshopやAfter Effectsといったその他のAdobe系ソフトと簡単に連携させることが可能です。

そのため、編集ソフトだけでは表現できないような複雑な編集が可能になります。

例えばですが、Illustratorで作成したロゴやイラストを動画素材にしたり、After Effectsで作成したモーショングラフィックを動画に付け加えたりすることで、より豪華な演出ができるようになりますよね。

そういったAdobe系ソフトのみで、動画の編集や必要な素材作り、モーショングラフィックにまで対応できるのが大きな強みでしょう。

Premiere Proを使うデメリット

Premiere Proを使うメリットを書いてきましたが、もちろんデメリットも存在します。操作が複雑なのと費用がそれなりに掛かってしまうところです。

多機能がゆえに操作が複雑

Premiere Proはとにかく多機能です。そのおかげで様々なギミックに富んだ動画編集も可能になっていますが、そういった編集が即座に行えるようになるわけではありません。

少なからず1、2ヶ月は使い方に慣れる必要があるかと思います。

しかし操作方法自体はネットに転がりまくっているので、よっぽど複雑なことをしない限り、それほど苦労することなく任意の編集ができるようになるのではないかと思います。

買い切りではなく月額制

Premiere Proは買い切りではなく月額制です。

毎月料金を支払わないといけないという心理的なハードルがあるためデメリットと感じてしまいます。今後動画編集を仕事にしていきたい場合には、どうしても必要な初期費用となるでしょう。

・Premiere Pro 単体プラン 2,480円/月
・コンプリートプラン 5,680円/月

まずは体験版

Premiere Proを使いたい場合には、まず体験版を試してみてください。初回登録で2週間の体験版が利用可能になります。

そこで、Premiere Proが自分に合うかどうか見極めてみてもいいでしょう。

まとめ

未経験から動画編集を仕事にしたい場合はPremiere Proを使うのが1番である理由を紹介してきました。

Premiere Proで動画編集できるということは、それだけ仕事に結びつきやすいといった特徴があります。

サブスクリプション制なので、月々で使用料金がかかってしまいますが、動画編集のスキルを身に付けてしまえば、月額ぐらいの料金は簡単にペイできてしまいます。

動画編集を仕事にしてみたい方はPremiere Proをぜひチェックしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!