製品系のレビュー記事を書く前に必ず使っておきたいツール【たったの2つです】

ブロガーであれば新しいガジェットを購入したとき、ブログ記事にしたいと思うのはごく自然なことでしょう。

もちろん、自分の好きな製品を買うのがベストだけど、ちょっと待って…!

 

どうせならいろいろな人に記事を見てもらいたいと思いませんか。

 

ブロガーならきっと思うはず。

つまりどういうことかというと、アクセスが集まりそうな製品を最初から調べてから購入したほうがアクセスアップに繋がるよね、というお話です。

・月間検索数が100のイヤホン

・月間検索数が10000のイヤホン

この2つでは絶対に後者の方がアクセスは集まるはず。こういった情報を調べてから製品を選んでみてはいかがだろうか。

そんな、製品の人気度がわかるツールがこちら

・Googleトレンド
・キーワードプランナー

どちらもGoogleが提供している無料ツールで、すぐに利用することができるよ。キーワードプランナーのみ登録が必要。

キーワードを打ち込むだけで、製品の人気度やこれからの伸びを予想できるので、うまく使えばより多くのアクセスをゲットできるかもしれない。

誤解がないよう、基本的に自分が欲しいと思っている製品を購入してレビューするのがベスト!ただ、いくつか候補があるならば、その中からアクセスの集まりそうな製品を選ぶというのも1つの手だと思います。

この記事を読んでわかること:
レビュー系記事では人気のある製品を選ぶほうが良い

Googleトレンド

Googleトレンドは、キーワードの人気度をグラフ形式で調べることができます。そして図のようにキーワードを比較することも可能。

このグラフは、Appleの「AirPods」とAnkerの「Zolo Liberty」を比較したグラフとなる。

見ていただいたらわかるように、人気度には大きな開きがあるよね。

AnkerのZolo Libertyもワイヤレスイヤホンに少しでも詳しい人ならみんな知っているくらい有名なワイヤレスイヤホンです。

でも、AirPodsが有名過ぎるため、グラフにしたときにこれくらいの差が出てしまいます。

では、どちらを購入したほうがアクセスを集めやすいだろうか。

 

絶対にAirPodsだろう。

Apple製品なんて絶対に嫌だという人はSonyとかの製品で比較してみればいいけど、どうせお金を出して購入するのであれば、こういったデータを知っておいて損をすることはないよね。

追加で、キーワードの関連キーワードも見ることもできる。

AirPodsの人気度のグラフが急上昇したのは「AirPods 2が発売されたからだろう」、ということが関連キーワードから推測できる。

AirPodsは今後も安定したキーワードになりそうですね。

こういったことを予想するだけでも、製品を選ぶさい、どういったものを購入するべきか明確にしやすいと思う。

ぜひ導入してみてはいかがだろうか。

キーワードプランナー

キーワードプランナーは、キーワードの月間検索数を簡単に調べることができるツールです。

「新しいキーワードを見つける」では、キーワードの月間検索数を確認することができる。

また、同時に複数の関連キーワードも映し出してくれるので、どのようなキーワードが人気なのかも確認してみよう。

AirPodsの場合、10万~100万という月間平均検索ボリュームがあることがわかる。

もちろん検索数が多いほど競合も強くなるので、多ければ多いほど良いというわけではないけど、検索が無いものよりは検索数があるものを選択したほうがいいだろう。

もちろん直球勝負じゃなくて、関連キーワードからあまり手が出されていないキーワードを攻めるのも1つの手になる。

Zolo Libertyの場合は1万~10万。しっかりとした記事がかければ、こちらのほうが上位表示されやすいかもしれない。ただ、こういったワードにどれだけ将来性があるかはGoogleトレンドを参考にするべきだろう。

キーワード選定の難しいところは、検索ボリュームが多いほど競合が増えて上位表示されづらい、検索ボリュームが少ないほど上位表示されやすいがそもそもアクセスが集まらないというジレンマがあります。

・検索ボリュームが多い アクセスアップのチャンス、ただ競合も多数
・検索ボリュームが少ない 上位表示のチャンス、ただ全体のアクセスも少なめ

このような特性を理解したうえで、製品のレビュー記事を書いたほうが、アクセスアップの戦略を立てやすいだろう。

「検索のボリュームと予測のデータを確認する」では、複数のキーワードの動向を確認することができます。

複数のキーワードを記入して「開始する」をクリック。

「過去の指標」からそれぞれのキーワードにどれくらいの検索ボリュームがあるか即座に調べることが可能。

キーワードはエクセルなんかにまとめておいてコピー&ペーストで一気に調べてしまったほうが効率的だろう。

 

キーワードプランナーも合わせて確認しておきたいところだ。

まとめ

製品系のレビュー記事を書く前に必ず使っておきたいツールを紹介してきました。

自分の欲しいと思ったものを購入してレビューするのが、レビュー記事の前提となりますが、どのような製品を選んだほうがアクセスを集めやすいかは知っておいて損はないと思う。

無料で利用できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー
<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!