おすすめポータブルヘッドホンアンプ(DAC内蔵)9選!!人気機種を厳選

室内外問わず高音質で音楽を楽しみたい方には、ポータブルヘッドホンアンプの導入がおすすめです。

どのような場面においても、ポケットサイズのポータブルヘッドホンアンプを使用すれば、最高のオーディオ環境での音楽再生を可能にするでしょう。

ポータブルヘッドホンアンプと一言でいっても、対応している入力端子や再生可能データなど性能は様々です。

そこで人気の高いポータブルヘッドホンアンプを紹介していきます。

ポータブルヘッドホンアンプとは

iOS端末やAndroid端末などのポータブル機で音楽を聞くさい、音質向上に欠かせないツールがポータブルヘッドホンアンプです。

小型で軽量なため、持ち運びも自由に行うことができます。

また、DACを内蔵している端末であれば、サウンドデータの高音質再生が可能になります。

DACとは
「Digital Analog Converter」の略で、デジタル信号をアナログ信号に変換する機能を有する回路やドライバICのことを指し示します。

お手持ちのスマートフォンやPCで音楽を楽しむためには、録音したアナログ信号をデジタル信号に変換し、再びアナログ信号に変換する必要があります。

そのさい原音通りに変換し直すことは不可能ですが、DACの性能が高ければ高いほど原音に近づけることが可能で、高音質だと感じられます。

おすすめUSB-DAC

ONKYO DAC-HA200 

「ONKYO DAC-HA200」は多彩な入力端子を持ち、手軽に高音質サウンドを楽しめるエントリーモデルのポータブルヘッドホンアンプです。

Android端末およびiOS端末などのモバイル端末はもちろん、パソコンと連動させることで、USB-DACとしてオンキヨーサウンドを楽しむことができます。

そして最大96kHz/24bit出力でハイレゾ音源再生を可能にし、クリアで躍動感のあるサウンドに期待できるでしょう。

評価も高く安定的に音質向上を望めるので、「迷ったらこれっ!」といった製品です。

主なスペック
・再生周波数帯域    10Hz~100kHz(AUDIO IN時)
・歪率         0.003%以下(AUDIO IN時)
__________  (32Ω、1kHz、出力85mW+85mW、JEITA)
・最大入力       1Vrms
・ヘッドホン最大出力  145mW+145mW(32Ω、1kHz、10%、JEITA)
__________  60mW+60mW(300Ω、1kHz、10%、JEITA)
__________  35mW+35mW(600Ω、1kHz、10%、JEITA)

・電池持続時間     AUDIO IN:約11時間 iOSデバイス:約8時間
・充電時間       約8時間(USB入力時)
・サンプリング周波数  96kHz(最大)
・ビット数       24bit
・入力端子       ステレオミニ音声端子×1
__________  USB端子(タイプA)×1
__________  Micro USB端子(タイプB)
__________  光ミニ×1

・出力端子       3.5mmステレオミニプラグ
・DAC/アンプ       PCM5102 / MUSES8920
・外形         64x21x112 mm(幅×高さ×奥行)
・重量         210g

JVC SU-AX7

「JVC SU-AX7」は、高級オーディオ機器メーカーであるJVCから、高音質技術を凝縮したポータブルヘッドホンアンプとして発売されました。

特筆すべきは、非ハイレゾ音源であればハイレゾ化し、ハイレゾ音源であればより高音質再生を可能にするJVC独自の高音質化技術「K2テクノロジー」を搭載していることです。

高価ですが、こだわり抜かれたデザインと音質は間違いなく最高レベルでしょう。

また、バランス接続に対応している、より高音質化が進んだ上位機種版も発売されているので予算に合わせて選択することが可能です。

主なスペック
・再生周波数帯域    10Hz~100kHz(LINE IN時)
・ヘッドホン最大出力  140mW + 140mW (16Ω 10%歪)
・操作部        K2スイッチ(ON/OFF)
__________  GAIN切換スイッチ(Hi/Low)
__________  INPUT切換スイッチ(iPod、PC、LINE IN、OPTICAL)
/_________
・電池持続時間     アナログ接続時 : 約12.5時間
__________  デジタル接続時 : 約5時間
・充電時間       パソコンのUSBポート : 約7時間
__________  USB変換ACアダプター : 約5時間
・サンプリング周波数  192kHz(最大)
・ビット数       24bit
・入力端子       iPod/iPhone/iPad用[USB(A)]
__________  DC IN(USB Audio入力/充電用)[USB(マイクロB)]
__________  OPTICAL IN[角型光]
__________  LINE IN [φ3.5㎜ステレオミニ]

・出力端子       3.5mmステレオミニプラグ
・外形         75x25x140 mm(幅×高さ×奥行)
・重量         280g

SONY PHA-1A

シンプルさが際立った「SONY PHA-1A」は、外部ノイズに強いアルミケースを使用することで、高級感とコンパクトさを両立させています。

重量も極めて軽く、持ち運びしているときの物がかさばるストレスを極力排除してくれるでしょう。

USB接続では最大192kHz/24bit出力のハイレゾ音源に対応し、音質的な実力も十分に備えています。

とにかくコンパクトにまとめたい方におすすめです。

主なスペック
・再生周波数帯域    10Hz~100kHz
・ヘッドホン最大出力  約148mW+148mW(8Ω、10%ひずみ)
__________  約80mW+80mW(32Ω、1%ひずみ)
__________  約16.4mW+16.4mW(300Ω、10%ひずみ)
/_________
・電池持続時間     約6時間
・充電時間       約3.5時間
・サンプリング周波数  192kHz(最大)
・ビット数       24bit
・入力端子       Digital(USB マイクロ B、USB Type A)
__________  DC in(USBマイクロ B)

・出力端子       3.5mmステレオミニプラグ
・外形         62x18x109 mm(幅×高さ×奥行)
・重量         145g

SONY PHA-2A

「SONY PHA-2A」はφ4.4mmバランス接続に対応したポータブルヘッドホンアンプです。

ヘッドホンバランス接続を利用することでノイズと信号のロスを通常接続よりさらに低減することが可能になります。

なにより、ケーブル1本でバランス接続も可能にしてしまうので、コンパクトにまとめたい場合には非常大きなメリットとなります。

また、PCM:最大192kHz/32bit、DSD:2.8MHz、5.6MHzのオーディオ出力に対応しており性能も超強力です。

シンプルなデザインにこだわりながら、性能も妥協したくない方におすすめです。

主なスペック
・再生周波数帯域    10Hz~100kHz
・ヘッドホン最大出力  バランス接続(約320mW+320mW、32Ω、1%歪)
__________  ノーマル接続(約100mW+100mW、32Ω、1%歪)
/_________
・電池持続時間     約5時間(デジタル/バランス接続時)
・充電時間       約8時間(パソコン使用時)、約5時間(AC-UD20使用時)
・サンプリング周波数  192kHz(最大)
・ビット数       32bit、DSD2.8MHz, 5.6MHz(5.6MHzはWinodwsのみ)
・入力端子       Digital(USB マイクロ B、USB Type A)
__________  DC in(USBマイクロ B)

・出力端子       ヘッドホン端子(バランス標準)
__________  ヘッドホン端子(ステレオミニ)
・DAC         ES9018K2M
・外形         80x23x133 mm(幅×高さ×奥行)
・重量         290g

ラトックシステム  REX-KEB02iP

お手頃な価格でフルバランス接続を試したいのであれば「ラトックシステム REX-KEB02iP」の右に出る機種はないでしょう。

バランス接続にはφ2.5mmマイクロジャック×2が搭載されているので、これに対応したイヤホンやヘッドホンが接続対象になります。

豊富な接続端子を備えているので、ポータブル機としてだけでなく、PC接続で使用する据え置き機としても利用できますね。

硬派な「ブラックカラー」一色で、重厚感のある筐体からは、パワフルで迫力のあるサウンドが期待できます。

DACだけを見れば「SONY PHA-2A」と同じ「IC」を使っているのもポイントです。

主なスペック
・操作部        電源スイッチ(ボリュームノブ一体型)
__________  ヘッドホンレベル切替スイッチ(Low / High)
__________  入力切替スイッチ(OPTICAL / COAXAL)
__________  デジタルフィルター切替スイッチ(Slow / Sharp)
/_________
・電池持続時間     約5時間 ※iPod互換モード/バランスヘッドホン使用時
__________  約5時間 ※USB_DAC(BT)モード/バランスヘッドホン使用時
__________  ※共に300Ω負荷 ボリューム12時位置で再生時
・充電時間       約2時間45分(5V/2.1A ACアダプター接続 本体電源OFF時)
・サンプリング周波数  384kHz(最大)
・ビット数       24bit DSD128
・入力端子       同軸(COAXIAL)、光(OPTICAL)、USB-A、USB-miniB

・出力端子       ヘッドホン出力(ステレオ標準)
__________  2.5Φマイクロジャック モノラル x2
__________  3.5Φステレオジャック x1
・外形         69x23x102 mm(幅×高さ×奥行)
・DAC         ES9018K2M
・重量         250g

TEAC HA-P50-R

「TEAC HA-P50-R」は、お求めやす価格でハイレゾ音源が楽しめるポータブルヘッドホンアンプです。

iOS端末用アプリ TEAC HR Audio Player for iOS(無償)を使用することで、iPhone から直接つなぐだけで最大96kHz/24bit のハイレゾ音源を再生することが可能です。

直感的な操作感で扱いやすく、そのうえ音質にも妥協することなく楽曲を楽しむことができるでしょう。

アルミ製のボディは堅牢性に優れているので、屋内外の環境から内部機器を保護します。

主なスペック
・再生周波数帯域    10Hz~100kHz(AUDIO IN 入力時)
・ヘッドホン最大出力  160mW+160mW(32Ω、1KHz、10%、JEITA)
__________  65mW+65mW(300Ω、1KHz、10%、JEITA)
__________  35mW+35mW(600Ω、1KHz、10%、JEITA)
/_________
・電池持続時間     約8時間(デジタル入力時)
・サンプリング周波数  96kHz(最大)
・ビット数       24bit
・入力端子       3.5mm(1/8″)ステレオミニジャック
__________  ※OPTICAL入力と同一端子(自動検出)
__________  USB Micro B-type(USB2.0準拠)
__________  USB A-type(USB2.0準拠)
__________  光ミニジャック ※ライン入力と同一端子(自動検出)

・出力端子       3.5mmステレオミニプラグ
・DAC         PCM5102
・外形         64x21x112 mm(幅×高さ×奥行)
・重量         210g

FiiO Q1 MarkⅡ

「FiiO Q1 Mark Ⅱ」は超薄型でコンパクトなボディが大きな注目ポイントですが、それからは考えられないほどの性能を有しています。

AKM製高性能DACチップ「AK4452」を採用することで、PCMデータ最大384kHz / 32bitおよび11.2MHzのDSDデータのサウンド再生に対応しています。

φ2.5mmマイクロジャックを装備することでバランス接続にも対応しているので、楽曲の本来の良さを十二部に引き出してくれるでしょう。

シンプルでスッキリとしたカラーデザインと共に、コンパクトで使用する場所を選びません。

主なスペック
・再生周波数帯域    6Hz~80kHz(-3dB)/_________
・電池持続時間     約20時間(AUX IN) 約10時間(USB IN)
・サンプリング周波数  384kHz(最大)
・ビット数       32bit DSD256
・入力端子       3.5mm(1/8″)ステレオミニジャック
__________  ※OPTICAL入力と同一端子(自動検出)
__________  USB Micro B-type(USB2.0準拠)
__________  USB A-type(USB2.0準拠)
__________  光ミニジャック ※ライン入力と同一端子(自動検出)

・出力端子       ヘッドホン出力 (3.5mm headphone jack)
__________  バランスヘッドホン出力 (2.5mm TRRS headphone jack)
__________  ライン出力

・DAC         AK4452
・外形         59x12x99 mm(幅×高さ×奥行)
・重量         101g

Sabaj D3

USB-DACの中では比較的安価な「Sabaj D3」ですが、入力端子数や性能表を見れば上位機種にも匹敵します。

標準で6.35mmステレオプラグに対応しており、アルミ製のボディは堅牢性に優れているので据え置き機としての利用も十分可能でしょう。

サイズ感はコ大変ンパクトですが、ポータブルヘッドホンアンプにしては少々重めとなっています。

頻繁に持ち運びたい方は注意が必要です。

主なスペック
・ヘッドホン最大出力  152mW+152mW(32Ω)
__________  236mW+236mW(64Ω)
__________  114mW+114mW(150Ω)
/_________
・電池持続時間     約8時間(デジタル入力時)
・サンプリング周波数  USB 384kHz(最大) 光/同軸入力 192kHz(最大)
・ビット数       USB 32bit 光/同軸入力 24bit
・入力端子       USB、OPTICAL、COAXIAL
・出力端子       6.35mmステレオミニプラグ
・DAC         CS4932
・外形         105x32x100 mm(幅×高さ×奥行)
・重量         306g

DACiFI-Audio xDSD

超高性能USB-DACである「DACiFI-Audio xDSD」は、最大PCM768KHz/32Bit及びDSD512=24.6MHzのサウンドデータに対応しているなど、驚異的な性能を有しています。

また、従来のUSB端子や S/PDIF(同軸・光)端子をはじめbluetooth(コーデック AptX&ACC)接続を可能にしており、汎用性の面から見ても一切の妥協が感じられません。

コンパクトなボディは、流線型にチタンメッキを施すことで、確かなブリップ力を確保します。

そしてiFi独自の「Sバランス」接続は、バランス接続対応のオーディオ機器の性能を最大限引き出してくれるでしょう。

主なスペック
・ヘッドホン最大出力  270mW+270mW(16Ω)
__________  48mW+48mW(50Ω)
__________  24mW+24mW(300Ω)
_________
・電池持続時間     約20時間(AUX IN) 約10時間(USB IN)
・サンプリング周波数  USB 768kHz(最大) 光/同軸入力 192kHz(最大)
・ビット数       USB DSD512(24.6/22.6MHz) 光/同軸入力 24bit
・入力端子       USB
__________  光/同軸入力

・出力端子        3.5mm ミニプラグ・ヘッドフォン出力兼ライン出力×1
__________  (3極TRS&4極 TRRS「sバランス」兼用)

・DAC         AK4452
・外形         66x19x95 mm(幅×高さ×奥行)
・重量         127g

最後に

おすすめポータブルヘッドホンアンプを見てきました。

どんなときも音質に妥協したくないという方には必須ツールとなるのではないでしょうか。

外出先で自宅の最高のオーディオ環境を再現するには、高性能ポータブルヘッドホンアンプを導入することがもっとも素早く、確実な方法でしょう

ハイレゾ音源を楽しむためにはハイレゾ音源に対応したオーディオ機器を選定する必要があります。所有しているサウンドデータを余すことなく楽しみたい方におすすめできます。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!