おすすめワイヤードイヤホン10選!! 人気機種を価格別に厳選

イヤホン選びは困難を極めます。

価格帯ごとに様々なイヤホンが各社から展開されており激戦を繰り広げています。音質はもちろんですがデザインも優れたものを選びたいですよね。

少しでも質の高いイヤホンに変えることで音の聴こえ方は大きく変わります。

そんな中、音質・デザイン共に評価の高いイヤホンを見ていきます。

おすすめイヤホン 5,000円以下

エントリーモデルだと侮ることはできません。各社から様々なエントリーモデルのイヤホンが投入されており競争も苛烈です。

ZERO AUDIO ZH-DX200-CT

「ZERO AUDIO ZH-DX200-CT」は価格に対して音質が良く、コストパフォーマンスの優れたイヤホンです。

超小型マイクロドライバーユニットにより、中低音域再生が得意でバランスのとれた性能を有しています。

また、ケーブルには高級機種にも採用されているOFC(無酸素動線)のフレキシブルケーブルが使用されており伝送ロスを軽減してくれます。

イヤホン本体は軽量、高強度のカーボンファイバーと削り出しアルミハウジングにより小型で取り回しにも優れています。

○主なスペック
タイプ:密閉ダイナミック
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:8Hz~24,000Hz
ドライバサイズ:5.78mm
出力音圧レベル:102dB/1mW
重量:3.2g(コード除く)

RHA MA390 Universal

「MA390 Universal」は専用にカスタム設計されたAerophonic™デザインと高品質6063アルミニウムにより、優れたデザイン性を持ったイヤホンです。

金属製のボディのため、この価格帯では屈指の高級感を誇るでしょう。

また新開発の130.8ダイナミックドライバーはサウンドに迫力と没入感をもたらします。

高いデザイン性と高音質を両立した優秀なモデルとなっています。

○主なスペック
タイプ:密閉ダイナミック(モデル130.8)
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:16Hz~22,000Hz
出力音圧レベル:102dB/1mW
重量:15g

final E2000

finalは高級ブランドです。そのエントリーモデルである「final E2000」は5,000円以下の価格帯のイヤホンでは根強い人気を誇ります。

アルミ削り出しでアルマイト処理された筐体は、不要な振動をおさえ音質的にもデザイン的にもイヤホン性能に貢献しています。

φ6.4mmダイナミックドライバーユニットにより、この価格帯では考えられない臨場感を提供してくれるでしょう。

音響工学と心理学の研究成果に基づいた音質設計を行っており、クリアで解像度の高いサウンドが特徴的です。

筐体背面はステンレスメッシュ構造になっており、音が籠もるのを軽減し抜け感にも期待できます。

○主なスペック
タイプ:ダイナミック
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:5Hz~40,000Hz

ドライバサイズ:6.4mm

感度:102dB/mW
重量:12g

茶楽音人 Co-Donguri Brass

「茶楽音人 Co-Donguri Brass」はトルネード・イコライザーなど、独自の音響技術を活かしすことで高音質化を実現しているイヤホンです。

また注目ポイントとして、この価格帯のイヤホンでは珍しくハイレゾ音源にも対応していることでしょう。

コンパクトなイヤホンながら、本体に真鍮を採用しているため共振にも強く、耳掛けタイプでタッチノイズ対策を施すことができ、クリアな音質を実現しています。

○主なスペック
タイプ:密閉ダイナミック
インピーダンス:18Ω
ドライバサイズ:10mm

感度:106dB/mW
ハイレゾ対応
重量:22g

おすすめイヤホン 10,000円以下

格安のイヤホンを使用していたのであれば明確な違いを体感できるクラスのイヤホンです。「いい音」で音楽を堪能できます。

SONY MDR-EX650AP

「SONY MDR-EX650AP」は真鍮製のハウジングを採用することで不要な振動を抑え、鮮明なサウンドを実現しています。

また、真鍮を活かしたデザインで高級感を演出してくれます。

小型・好感度のφ12mmドライバーユニットを搭載することでイヤホンとは思えない、迫力あるサウンドと強い没入感を体験できるでしょう。

からみにくいセレーションケーブルにより取り回しも良好です。音質、デザイン共に10,000円以下の価格帯でトップクラスの実力を有しています。

○主なスペック
タイプ:密閉ダイナミック
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:5Hz~28,000Hz
ドライバサイズ:12mm
重量:9g

ONKYO E700M

「ONKYO E700M」はユーザーを魅了する実力とロングセラーになる理由を兼ね備えています。

φ13.5mm強磁力希土類マグネット搭載ドライバーによって繊細なサウンドを再現することが得意でハイレゾ音源にも対応しております。

また、低音域だけではなく中高音域のバランスにも優れたセミオープンタイプであることが特徴的です。

軽量なアルミハウジングを採用し人間工学に基づいたデザインにより耳に快適にフィットし長時間のリスニングによる疲れを軽減してくれます。

○主なスペック
タイプ:セミオープン
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:6Hz~40,000Hz
ドライバサイズ:13.5mm
感度:108dB/mW
ハイレゾ対応

重量:18g

Pioneer SE-CH9T

「Pioneer SE-CH9T」は、ハイレゾ音源対応、リケーブル対応、タッチノイズを軽減するオーバーフィットスタイルと、この価格帯において高いカスタマイズ性を誇ります。

このイヤホンには、φ9.7mmドライバーや、クリアで躍動感のあるサウンドを実現するためのギミックが多数用意されており、その音質はユーザーを唸らせます。

癖のつきにくいセレーションケーブルとオーバーフィットスタイルで装着感にも期待できますが、ノズル外形が太いため耳の小さな方は注意が必要です。

○主なスペック
タイプ:密閉ダイナミック
インピーダンス:26Ω
再生周波数帯域:5Hz~50,000Hz
ドライバサイズ:9.7mm
出力音圧レベル:108dB
ハイレゾ対応
リケーブル対応

重量:9g(コード含まず)

おすすめイヤホン 20,000円以下

この価格帯になれば音質・デザイン共に一定の水準を確保してあり、下位クラスと比べて明確に差を感じることができます。

ハイエンドと下位クラスの中間に位置するクラスとなりますが、ハイエンド機にも匹敵する実力のあるイヤホンが存在します。

SHURE SE215 Special Edition

この価格帯の名機といえば「SHURE SE215 Special Edition」になるでしょう。

このイヤホンを絶賛する声は星の数ほど存在します。

シングルダイナミック型MicroDriverを搭載することにより、強化された低音と繊細なサウンドを表現してくれます。

タッチノイズを軽減するオーバーフィットスタイルと周囲の雑音を高いレベルで遮音っするイヤパッドはユーザーに自然なサウンドと音楽に集中できる環境を提供してくれます。

発売当時と比べ価格が下がってきているのも注目ポイントです。

○主なスペック
タイプ:密閉ダイナミック
インピーダンス:17Ω
再生周波数帯域:21Hz~17,500Hz
感度:107 dB SPL/mW
リケーブル対応

重量:20g

JVC HA-FW03 CLASS-S

WOODシリーズ「JVC HA-FW03 CLASS-S」は「木」にこだわった日本生産の高品質イヤホンです。

「新ウッドドームユニット」を採用することで、柔らかで美しい音色を表現してくれます。高級感のある上質なボディからはメリハリの効いたスッキリとしたサウンドを楽しむことができるでしょう。

人間工学に基づき“エルゴノミックフィットフォルム”を採用することで、装着感が向上し高い安定性を誇ります。

ただ、WOODシリーズの上位機種と比べるとリケーブル対応はしておらずカスタマイズ性では1段下がります。

○主なスペック
タイプ:密閉ダイナミック
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:6Hz~50,000Hz
ドライバサイズ:11mm

出力音圧レベル:104dB/1mW
ハイレゾ対応

重量:14g

SONY XBA-N1

「SONY XBA-N1」はドラム状の突起がついたデザインが特徴的です。

特筆すべき点は、φ9mmダイナミックドライバーユニットと小型化・高音質化を実現したBAドライバーユニットを組み合わせた、HDハイブリッドドライバーシステムを搭載しています。

それにより迫力のある低音域からキレのある高音域まで、全音域をバランスよく表現してくれます。

リケーブル対応していますが、信号伝送ロスを抑え音の劣化を低減するOFC素材やからみにくいセレーション構造などデフォルトでも十分優秀なケーブルを採用しています。

○主なスペック
タイプ:密閉ハイブリッド
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:4Hz~40,000Hz
ドライバサイズ:9mmダイナミック
________BAユニット
感度:105dB/mW
ハイレゾ対応
リケーブル対応
重量:6g(ケーブル含まず)

最後に

ここまで、価格別おすすめワイヤードイヤホンを見てきました。

人気のある機種なので、評価も高く安心してチョイスできます。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!