財布を断捨離してみた話

何かを捨てる、処分術みたいなものが流行ってますね。

管理人は、もともとクレジットカードばかり使用していたので、「もしかしたら財布使わなくても大丈夫なんじゃないか」と考え、思い切って財布を断捨離してみました。

それが思いのほか快適だったので、財布を断捨離して良かったところと不便だったところを紹介していきます。

財布を断捨離して良かったところ

圧倒的な管理のしやすさ

もうこれに尽きるでしょう。

財布を断捨離することで得られる最大のメリットは、普段持ち歩いている貴重品を1つ減らせることです。

現代人であれば、大部分の方にとって「財布」と「スマートフォン」は必須だと思います。

2つとも「超」がつくほどの貴重品ですよね。

もし紛失してしまえば、目の前が本当に真っ暗になるレベルの・・・。

その、超貴重な財布を所持しなくなったことで、スマートフォンだけを考えていれば良い状態にできました。

財布をたまに無くしてしまうという方にはかなり有効的な対処法にもなりうるでしょう。

カードが少なくなった

現在所持しているカードは3つだけです。すべて、スマートフォンケースに収納しています。

・クレジットカード

・マイナンバーカード

・健康保険のカード

財布を使っていると、どうしてもカードが増えていきがちですよね。

全く使用していないカードが何枚も入っている状態、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

財布を持たなくなったことで、そもそもカードを多く所持する選択肢がなくなりました。

ポイントの大部分は、スマートフォンアプリで管理できるようになっているので、定期的に使用するカード以外は所持する必要はありません。

本当に必要なカードだけを厳選できるようになります。

身軽になった

スマートフォン一台で、外に飛び出せます。

自動販売機を使わなくなった

自動販売機を利用することが無くなりました。

そもそも、小銭を持ち運ばなくなったので。

少し節約になっているかも。

 

・・・

 

「せや、コンビニ行こ」

レジが爆速

まず現在の管理人の状況ですが、基本的にすべて下記で支払いを行っています。

・クレジットカード

・スマホの電子マネー

そのため、コンビニやスーパーのレジでの支払いは爆速です。

現金を取り出すという動作が無くなり、クレジットカードや電子マネーを認証してもらうだけで支払いが終わるので早い。

この便利さには感動しました。

財布の購入

今後、財布を購入する機会はおそらく無くなるので、将来的に見れば節約になっているかもしれない。

必要なとき、いざとなったら業者から借りるという手もあるよね!

財布を断捨離して不便だったところ

充電は必須

スマートフォンを利用する頻度が格段に上がりました。

そして、スマートフォンへの依存度も上がりました。

もうスマホなしでは生きていけません。

現金しか使えないラーメン屋

大好きなラーメン屋さんは現金支払にしか対応していません。

「クレジットカードを導入しろ」とは言えないので、こんなときはスマートフォンケースのポケットに現金を差し込みます。

ラーメン屋にクレジットカードが導入されますように。

公共機関は現金

病院や歯医者、その他公共機関での支払いは現金が主流ですよね。

病院にいって現金無いは、非常に問題でしょう。

最近はクレジットカードが使えたり、電子マネーが導入されつつあるようですが、体感としてはまだまだ少ない。

電子マネーがもっと普及しますように。

知り合いと会うとき

知り合いに会うとき、スマホとクレジットカードだけでは、おそらくその日の計画は破綻するでしょう。

誰かと会う時に現金は必須です。

小銭が発生したとき

財布がない・・・。

ポケットがある。

だらしなく見られる

そんな姿を見て、まわりの人間はこう思うでしょう。

「こいつ、ヤバ」

なんだかんだステータス

「財布」「時計」「靴」といった所持品はステータスになり得ますよね。

どんな財布を使っているかで、その人の印象を判断されていることも往々にしてあると思います。

そもそも完全にキャッシュレスというのは、まだまだ不可能でしょうし、必要なツールでもあるので、無理に処分する必要もありません。

管理人も普段使っている財布は処分しましたが、高めの財布は残してあります(笑

まとめ

財布を断舎離してみました。

何かを得るということは、何かを失うことになるのかもしれません。

ただ、変化を起こすことで、今までとは違う何かが見えるかもしれません。

財布を使わない生活、思いのほか快適です。

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー
<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!