商品リンクプラグイン「Rinker」が便利すぎる!

Amazonや楽天市場の商品リンクを貼り付けるのは結構大変な作業ですよね。

Rinkerはブログに商品リンクを簡単に貼り付ける事ができるプラグインであり、WordPressに対応しています。

当ブログでも頻繁に活用させていただいており、一度導入してしまうと、サクサクと商品リンクを貼り付けることができるので大変助かっています。

ブログの作成効率を一気に上げることができる商品リンクプラグイン「Rinker」を紹介します。

【追記】
Amazonの規約変更により、Rinkerの設定を変更する必要があります。こちらをご確認ください。

Rinkerの機能

Rinkerでは下記のアフィリエイトIDを登録することができます。

・Amazon

・楽天市場

.・Yahoo! ショッピング(バリューコマース、もしもアフィリエイト)

細かな特徴として、

・価格の表示/非表示

・Google Analytics トラッキングに対応

・商品リンクは繰り返し使える

があり、簡単に設定を行うことができます。

Rinkerの導入方法

1.まず、作成者様のサイトよりプラグインのzipファイルをダウンロードしてください。

Rinker公式ダウンロードサイトへ

2.WordPressの「プラグイン」か「新規追加」を選択します。

3.「プラグインのアップロード」を選択して、ダウンロードしたzipファイルを選択します。Rinkerがインストールされたらプラグインを有効にしてください。

Rinkerの初期設定

1.設定から「Rinker設定」を選択します。

2.Rinkerを利用するためには、「Amazon Product Advertising API」の認証キーを取得する必要があります。

難しそうに聞こえますが、設定自体はさほど難しくはありません。

「アクセスキーID」「シークレットキー」を取得できれば完了です。

プラグインをダウンロードしたあと、画像にあるURLから認証キーの取得方法を確認できます。

3.アソシエイトのトラッキングIDは、Amazonアソシエイトに登録後に画面右上に表示されるので確認してください。

Amazonアソシエイト

また、認証キーの取得にはあらかじめAmazonアソシエイトに参加しておく必要があるのでご注意ください。

このほかにも、楽天アフィリエイトバリューコマースもしもドロップシッピングへのそれぞれのIDを登録することができるので必要に応じて設定を行います。

これらの方法もすべてRinkerの設定画面で確認できるので問題なく設定できるでしょう。

それでは、実際にRinkerを使って商品リンクを貼り付けていきます。

かなり簡単です。

1.記事の作成画面にて「商品リンク追加」というボタンが増えているのでクリックしてください。

2.検索画面から商品を検索して、「商品リンクを追加」を選択します。

3.商品リンクはすべてショートコードで生成されるので、任意の場所に設置してください。

画面上に表示されていることを確認できれば完了です。

実際にブログに反映された様子がこちら↓

なんのカスタマイズもしていませんが、デフォルトでもかなりスタイリッシュにできあがります。

ほとんどの方はこれで完成形になるのではないでしょうか。

商品リンクプラグインRinkerを紹介しました。

一度設定してしまえば、商品リンクの貼り付け時間を一気に短縮できるでしょう。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

Rinker公式ダウンロードサイトへ

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー
<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!