音楽作成におすすめ!! 49鍵MIDIキーボード「Roland A-49」を使い込んでみた

DTMには「MIDIキーボード」があればより音楽制作をスムーズに進めることができます。

既に25鍵のMIDIキーボードを所有していますが、ミニ鍵盤のためどうしても演奏には向いていません。そこで、Rolandの人気MIDIキーボードである、「A-49」を購入しました。

49鍵MIDIキーボードのなかではコンパクトでしっかりとした打鍵感が人気となっています。

49鍵MIDIキーボードの中ではかなり有名なモデルでしょう。

49鍵MIDIキーボード「Roland A-49」をレビューしていきます。

【サウンドハウス】ROLAND ( ローランド ) / A-49-BK

性能

見た目通りシンプルなユーザーインターフェイスでフルキーボードを搭載した49鍵MIDIキーボードです。

DTMなどの音楽制作でも高い人気を誇ります。

49鍵キーボードの中ではコンパクトな筐体となっているので比較的、設置場所も確保しやすいのではないでしょうか。

それでもなかなかの大きさにあることに違いはないのでしっかりと設置場所を確認するのが吉。

無償のDAWソフトも付属しているので、作業内容を保存しミックスダウンまで行うことができます。

「A-49」があれば作曲における作業は一通りこなせるのではないでしょうか。

既に何かのDAWソフトを使用している場合や使いたいソフトが決まっている場合は無理に付属ソフトを使う必要はないでしょう。

・キーボード      49鍵(ベロシティー対応)
・コントローラー    ボタン=S1、S2(アサイナブル)
つまみ=C1、C2(アサイナブル)
フット・ペダル=ホールド
エクスプレッション
ピッチ・ベンド/モジュレーション・レバー
Dビーム・コントローラー
・ボタン        [ファンクション]ボタン
[SuperNATURAL]ボタン
[オクターブ +/-]ボタン
[トランスポーズ]ボタン
・ディスプレイ     パワー・インジケーターLED
オクターブ・インジケーターLED
・接続端子       HOLD端子(標準タイプ)
EXPRESSION端子(TRS標準タイプ)
MIDI OUT 端子
USB COMPUTER端子(USBタイプB)
・インターフェース   USB
・電源 USB         PC端子より取得
・付属品        取扱説明書
A-49 CD-ROM
USBケーブル
Ableton Live Lite ダウンロードコード
・外形寸法 / 質量    幅 (W) 836 mm 奥行き (D) 182 mm 高さ (H) 84 mm
2.5 kg
・別売品        ペダル・スイッチ(DP-2/DP-10)
エクスプレッション・ペダル(EV-5/EV-7)
・対応OS         Windows Windows 7 SP1以上
Mac OS X v10.5.8以上 ※すべて日本語版

デザイン

<省スペースな49鍵MIDIキーボード>

「弾き心地を徹底追求した本格シンセ鍵盤を採用」というキャッチフレーズが掲げられていますが、打鍵感はたしかにしっかりとしています。

安いMIDIキーボードだとキーの推し心地がフニャフニャしているものもありがありますが、「Roland A-49」ではほどよく重さを感じます。

ある程度しっかりしている方が演奏も行いやすいでしょう。

幅84cm、奥行19cmのコンパクトボディーのため机の作業スペースを占有してしまうこともありません。(※机の奥行59cmほど)

本体にはプラスチックが多用されていますが、剛性も確保されているので多少手荒に扱ったとしても問題なさそうです。

なにより、グランドピアノと同じフルキーボードというのが素晴らしい。

それぞれのキーをしっかりと押し込めるのですごく演奏しやすいです。

USB給電対応なのでパソコンに繋げば即座に使用できますが、そのためパソコンでの使用が前提となっています。

各種ボタンがありますが、管理人が使っているのは「OCTAVE」ボタンぐらいです。

「ライブパフォーマンス」に使える機能として「D-BEAM」やピッチを変更できるレバーがありますが使っていません。ライブで演奏する方にはいいのかも。

キーの正確な大きさですが、

1鍵の横方向:2cm
1鍵の縦方向:白鍵13cm/黒鍵8.5cm
白鍵までの高さ:5.5cm

MIDIキーボードの背面には各種接続端子が用意されています。「MIDI OUT」やペダルにも対応しています。

付属DAWソフトライセンス

下記のどちらかのDAWソフトのライセンスが付属しています。

・Ableton Live Lite
・Cakewalk Sonar LE

両方とも無料のDAWソフトの中では有名な製品のようです。

最初のDAWソフトしても良い選択肢になるのかと思いますが、現在シンガポールのBandLab社から「Cakewalk by Bandlab」という無料DAWがリリースされています。(Cakewalk Sonar LEの上位モデル)

「Cakewalk by Bandlab」は、Gibson社が経営難に陥り開発/販売が停止された「Sonar」の同等品です。(Bandlab社が「Sonar」を開発するCakewalk社を親会社であるGibson社から買収しました)

「Sonar」の中でも最上級モデルである「Sonar Platinum」の同等品を無料で使用できるため管理人としては「Cakewalk by Bandlab」がオススメです。

フルキーとミニキー

「A-49」はフルキーボードです。

DTMで作曲などを始めるさいは、間違いなく「フルキー」のMIDIキーボードを選択することをおすすめします。

DAW上で作業をするときキーボード上を指がキーを探すためものすごく左右に動きます。

ミニキーではキーピッチが狭くて、どうしても押す必要のないキーまで同時に押してしまうということが頻発してしまいました。

そのためけっこうなストレスとなっていることがあり作曲の妨げになってしまうかもしれません。

ミニキータイプのものはコンパクトで持ち運ぶできるというメリットがありますが、持ち運ぶ予定もなく自宅でじっくりと作業したい方はフルキーの製品を選んでおけば間違いないでしょう。

ミニキーと比べても非常にタッチしやすく作曲以外のストレスを軽減することができます。

最後に

ここまで、「Roland A-49」を見てきました。

49鍵キーボードでありながらコンパクトでしっかりとした打鍵感を持つ優秀なMIDIキーボードです。

カラーもブラックとホワイトがあり好みによってチョイスできます。

有名なMIDIキーボードなのでネット上にたくさんの情報があるというのも、選択する上で大きなメリットになると感じます。

価格帯としてはフルキーの入門モデルとなりますが、プロの作曲家の方でも使用されている方はたくさんいるようで、初心者から上級者まで満足させれるモデルとなっています。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

【サウンドハウス】ROLAND ( ローランド ) / A-49-BK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!