Google Search Console「XMLサイトマップエラー」が発生したときの対処法【Google XML Sitemaps】

「Google Search Console」は、サイトの流入を解析するうえで非常に重量なツールとなります。

また、「Google Search Console」にXMLサイトマップを登録しておくと、登録したサイトに優先的にクローラーが来てくれるというメリットがあります。

クローラーとは、Googleのウェブサイトを巡回して情報を集めるプログラムのことです。

これにより、常に最新のブログ情報が「Google Search Console」や「Google アナリティクス」に反映されます。

しかし、登録したサイトマップにエラーが発生してしまいました。

エラーを解除できたので、その方法を紹介していきます。

結論から書くと、「Google XML Sitemaps」のバージョンアップにより、Search Consoleでのサイトマップの記入方法が変わっていました。

エラー内容

当ブログのサイトマップは「Google XML Sitemaps」というサイトマップを作ってくれるWordpressプラグインを使用しています。

「Google Search Console」→「サイトマップ」で送信されたサイトマップを確認します。

しかし・・・

ステータスが「1件のエラー」となっており、「検出されたURL」が「0」になってしまっています。

よって、サイトマップの意味が全く無い状態になっていました。

この状態では当サイトをクロールしてくれなくなり、「Google Search Console」や「Google アナリティクス」に正確な情報が反映されづらくなるので早急に解決していきます。

エラーの内容を確認してみると、「サイトマップにエラーがあります」との警告が出ています。

「サイトマップがHTMLです」とありますが、サイトマップの作成には「Google XML Sitemaps」を使用しているので「XML形式」で作成されているはずですが。

ちなみにHTMLでサイトマップを作成したことはありません。

対処法

対処法を探っていきます。

調べてみると、どうも「Google XML Sitemaps」はバージョンアップによりサイトマップのURLを変更する必要があったみたいです。

以前はサイトマップURLを「sitemap.xml」と登録していましたが、これだといつの間にかエラーが出るようになっていたようです。

そこで下記のURLを新たに登録し直します。

「 index.php?xml_sitemap=params= 」

「新しいサイトマップの追加」に新しいURLを記入し「送信」をクリックします。

送信できれば、登録したURLのステータスが「保留」となります。

問題なく処理されれば数日のうちに下画像のように「ステータス」が「成功しました」に変化するでしょう。

サイトマップの登録が成功しても、一気にサイトが送信して登録される訳ではありませんが、時間をおけば徐々に登録する量は増えていきます。

最後に

Google Search ConsoleのXMLサイトマップエラーが発生したときの対処法を見てきました。

バージョンアップにより登録すべきURLが変わっていたとは驚きました。

しかし無事復旧できたので良かったです。

もしサイトマップエラーが発生しましたら、登録しているURLを疑ってみてはいかがでしょうか。

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー

<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン