完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS Q32」を聴き込んでみた!!

※本製品はSoundPEATS様より提供していただきました。

携帯端末やタブレットのイヤホンジャック廃止が一段と進み、ワイヤレス接続のイヤホンの需要が急激に伸びています。

その中でも、ケーブルを一切無くした完全ワイヤレスイヤホンが人気沸騰中です。

「SoundPEATS Q32」はBluetooth5.0に対応した、SoundPEATS製の完全ワイヤレスイヤホンであり、同社のなかでも高い人気を誇っているモデルでもあります。

なんといっても「ケーブルが存在しない」ということがこれほど便利だったのか、ということを痛感できるでしょう。

完全ワイヤレスイヤホンが自身に合うかどうか自信がないとき、いきなり高額製品には手を出しにくいですよね。

そんなとき、価格もお手頃でエントリーモデルとしてはなかなか優秀なモデルだと思いました。

完全ワイヤレスイヤホン「SoundPEATS Q32」をレビューしていきます。

知っておきたいこと

ワイヤレスイヤホンの場合、ワイヤードイヤホンと比べて構造が複雑です。音声データの転送方式により、音質が変化してしまうため注意したほうがよい部分があります。

それが「コーデック」と「プロファイル」です。

コーデック

コーデックとは、音声データを転送するさいの圧縮/展開方式のことです。コーデックの違いが音質やオーディオデータの遅延に大きな影響を及ぼしてしまいます。

Bluetoothイヤホンで標準的なコーデック規格として「SBC」というコーデックがあります。Bluetoothイヤホンで表記に特に断りがない場合は、ほとんどこの「SBC」というコーデックが利用されています。

この「SBC」より優れた音質と低遅延を可能にしているコーデックが「AAC」や「apt-X」といった方式となっています。

音質にこだわりたい方は特にこのコーデックの部分に注目してみてください。

・SBC:圧縮率は高めです。この「SBC」コーデックに対応したBluetooth製品がだんとつで多いです。

・AAC:遅延が小さく高品質なサウンドを楽しむことができます。iTunesの音声形式がAACのため、主にiOS製品に対する音声データの送受信に利用されます。

・apt-X:圧縮率はSBCと比べると小さく低遅延の高品質なサウンドを楽しめます。主にAndroid製品で利用されています。

プロファイル

プロファイルとは、Bluetooth機器同士で通信するための規格のことです。プロファイルを確認するだけで備わっている機能をおおまかに推測することができます。

Bluetoothイヤホンで主に使用されるプロファイルが「A2DP」「AVRCP」「HFP」「HSP」の4つとなります。

A2DP: 音声データを転送するためのプロファイルでありワイヤレスイヤホンには必ず利用されています。

AVRCP: ワイヤレスイヤホンの操作に関わるプロファイルであり、スキップ、再生、停止といった基本操作を可能にしています。

HFP: ワイヤレスイヤホンで電話の発着信を行うことができるプロファイルです。

HSP: マイク音声の通信をサポートしているプロファイルです。音声通話が可能なワイヤレスイヤホンに搭載されています。

本体性能

本体価格が5,000円台と完全ワイヤレスイヤホンとしては、かなり安価な部類となるでしょう。

安いぶん性能面が心配になるところですが、最新のBluetooth5.0や防水機能、CVCノイズキャンセリング等に対応していて多機能であることがわかります。

また充電ケースにイヤホンを収納すれば最大約20回分の充電ができ、60時間の音楽再生が可能となるので、一度フル充電にしてしまえば数日間は快適に利用できますね。

モデルQ32
タイプBluetooth完全ワイヤレスイヤホン
左右分離化型
BluetoothVer 5.0
(通信距離10m)
対応プロファイルAVRCP V1.6/HF-P V1.7/HSP V1.2/A2DP V1.3
対応コーデックSBC
重量4.7g(片側)
再生時間約4時間(音量60%で使用の場合)
待機時間120時間
充電ケース・イヤホン充電可能回数18~20
防水IPX4
ノイズキャンセリングCVC8.0
自動ペアリング対応
AIアシスタントSiri

デザイン

開封

パッケージはこちら。

付属品ですが、SoundPEATSらしく大量のイヤーピースが備え付けられています。自身に合ったイヤーピースを見つけることができるはずです。

・イヤーピース 3種類
・イヤーフック 3種類
・充電用USBケーブル
・キャリングケース
・取扱説明書

充電ケース

SoundPEATSと印字されたシンプルでコンパクトな充電ケースです。

全面プラスチックですが、バリや傷もなく丁寧に仕上げられており安っぽさは感じません。

低価格であるがゆえに、どこかに問題があるのではないかと疑いがちになってしまいますが、それらを上回る性能・デザインの良さを感じさせてくれるのがSoundPEATSです。

本体には、USBボートと中心部分に押しボタンがあり、ボタンを押すと充電残量がわかるようになっています。

充電ケースの大きさも7.5cmほどで十分に取り扱いやすい大きさではないでしょうか。蓋をあけると、イヤホン本体が存在します。

イヤホン収納時はマグネットで吸着されるので、落としたり無くしたりする心配がないのがGoogポイントです。

本体

イヤホン本体は、長方形の丸みおびたボディにプラスチック素材が使用されています。

こちらも高級感こそ感じられはしませんが、決して悪くない質感です。大きさとしては10円玉ほどでしょうか。

ケースからイヤホンを出した途端に片側のイヤホンのLEDが点滅しだしたので、Bluetoothのペアリングが始まっとことがわかります。

接続先の端末のBluetooth機能をオンにするとペアリングが開始され、数秒で接続が完了しました。ペアリングについては非常に便利です。

ノズル部分が斜め方向に飛び出していることで、耳にしっかりと引っかかり、ノーマルタイプのイヤーピースでも十分なホールド感を得られたのが良かったポイントです。

イヤーフックにすると、さらに安定した付け心地を体感できるので、スポーツや激しく動くときにはこちらがおすすめでしょう。

イヤホン本体の、ロゴが入っている部分はスイッチとなっているので、簡易的な操作が可能です。

管理人は手元にあるスマートフォンで結局操作していますが、携帯端末に触ることができない場面になったときに、これらの操作方法を覚えておくと役立つな、と思いました。

・ワンクリックで、音楽の一時停止。
・左側のイヤホンをダブルクリックで、前の曲
・右側のイヤホンをダブルクリックで、次の曲

重量も両方で約9gと軽量で、長時間装着していても疲れが出てきません。軽いは正義ですね。

音質

「SoundPEATS Q32」は、明瞭でクリアなサウンドが特徴的です。特にボーカル音の伸びがよく、息遣いもしっかりと感じ取ることができました。

サウンドを素直に鳴らしてくれている、といった印象で不自然に低音や高音がブーストしているということはありません。

しかし、音の厚み・迫力といった側面に関しては、以前紹介したSoundPEATS Q35 Proに軍配があがるなといった印象を受けましたが。

ただ、全音域で聞き取りやすい自然なサウンドをSoundPEATS Q32では体感することができるでしょう。

この価格帯で完全ワイヤレスイヤホンともなると、音質面に対する不安がありましたが、実用に十分耐えうる音質が確保されていました。

少なくとも、格安イヤホンのような膜がかかったような薄っぺらなサウンドではありません。

ただ、上位機種のイヤホンと比較してしまうと、どうしても物足りなさは存在します。

あくまでも同価格帯のなかでは素晴らしいコストパフォーマンスを発揮してくれているといった印象であり、大きすぎる期待は禁物です。

Bluetooth5.0

Bluetoothの最新規格であるBluetooth5.0は、従来のBluetooth4.2よりさらに通信速度が早くなり、より安定したワイヤレス接続を実現しています。

そのため、音切れや遅延を気にすることなく使用することができそうです。

しかし、接続側もBluetooth5.0に対応している必要があり、現在はiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XSmax、その他メーカーのハイエンドモデルなど、一部の端末のみでの採用となっています。

現状、Bluetooth5.0の恩恵が受けづらい状態であるということを認識しておく必要があるでしょう。

Bluetooth5.0でワイヤレス接続ができると、通信速度の向上、安定的な接続といったアドバンテージがあります。

しかし、Bluetoothは音質を左右させるものではないので、ペアリングが問題なくできる範囲で使用する場合は音質の劣化を心配する必要はありません。

管理人の環境ではBluetooth5.0での接続はできませんが、youtubeなどの動画視聴で遅延を感じることはほぼありませんでした。

全く問題ないレベルです。

(※遅延はユーザー環境によって大きく左右される項目なので、人によっては遅延する場合もありますが、通信環境によっては遅延がほとんど発生しないポテンシャルを秘めていることはわかりました。)

通信環境さえしっかりとしていれば、音楽鑑賞だけではなく動画も快適に見ることができそうですね。

自動ペアリング

最初に一度ペアリングを完了させると、次に使用するときはケースから出した時点で自動的にスマートフォンなどの端末とペアリングしてくれます。(※もちらん携帯端末のBluetoothをオンにしておくこと)

自動ペアリングは、高価格帯の完全ワイヤレスイヤホンにはよく搭載されていますが、SoundPEATS Q32にも搭載されていたので良い意味で期待を裏切られました。

毎回手動でペアリングするとなると、その動作がすごく面倒になりがちですが、この自動ペアリング機能のおかげで一気にストレスフリーとなるのを感じるでしょう。

利便性に置いてケーブルレスと自動ペアリングの組み合わせは最強です。

CVC8.0ノイズキャンセリング

SoundPEATS Q32ではCVC8.0ノイズキャンセリングに対応しています。CVC8.0はCVCノイズキャンセリングの一番新しい規格となっています。

CVC8.0によって、通話中は周辺の雑音を軽減してくれるので快適な通話を実現してくれるでしょう。

注意ポイントとして、音楽鑑賞中に周りの雑音を積極的に打ち消してくれるアクティブノイズキャンセリングのことではないので、音楽を聞くときの音質に関係するものではありません。

各種ノイズキャンセリング
・アクティブノイズキャンセリング: マイクから拾ったノイズの逆位相の音を、イヤホン内部から出力してノイズを打ち消します。

ノイズを積極的に打ち消してくれますが、多くのバッテリーを消費することになります。

・パッシブノイズキャンセリング: イヤーピースの種類や本体の形状によって物理的にノイズをブロックする機能となります。

アクティブノイズキャンセリングと比べると、キャンセリング機能は低くなりますが、バッテリーも必要なくシンプルな構造にできます。

・CVCノイズキャンセリング: 「CVC」とは、通話用のノイズキャンセリングを指し示します。通話時に相手の音声を聞き取りやすくするメリットがあります。

音楽用のノイズキャンセリングではないので、音楽鑑賞において周囲の騒音を打ち消すことはありません。

防水機能

IPX4クラスの防水機能に対応しております。

雨や汗などの水気には対応できますが完全防水ではないので、水に浸水させてしまう、豪雨で絶えずイヤホンが水にさらされる状態は避けましょう。壊れます。

保護等級
0級        特に保護がされていない
1級        鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
2級        鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
3級        鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
4級        あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
5級        あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
6級        あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
7級        一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
8級        継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

イヤーフックと充電ケースの相性の悪さたるや

気になったところもいくつか紹介していきます。イヤーフックを付けた状態で充電するのは、少し煩わしさを感じてしまいました。

羽の部分が邪魔になって無理やり押し込む感じで充電することになります。もちろんイヤーフックを付けた状態で充電は可能です。

しかし、見た目的にも美しくなく、スムーズな出し入れができなくなるのでノーマルのイヤーチップを使う方が多いのではないでしょうか。

モノラルモードかステレオモードがわかりづらい

SoundPEATS Q32は、左右分離型の完全ワイヤレスイヤホンとなっているので、左右のステレオ再生と片側からのモノラル再生に対応しています。

状況によってステレオとモノラルを切り替える事ができるという機能です。

ペアリングを何度か続けていくうちに、いつのまにか片側からしか音が聞こえなくなったりするので、一瞬動作不良なのかと驚くことがありました。

使い方を理解しろよっ、というだけの話なのですが・・・。

ペアリングで困ったときは、接続端末のBluetoothをオフにしたり、イヤホンをケースに戻して再び取り出すと正常に接続されることがほとんどです。

SoundPEATS Q32まとめ

ここまで、SoundPEATS Q32を紹介してきました。

エントリークラスの完全ワイヤレスイヤホンであり、初めて購入する機種としてはうってつけでしょう。

SoundPEATS Q32自体が高い人気を誇っているので、安心しておすすめできる機種でもあります。

ケーブルが無くなるだけで、これほど便利になるということを最も手軽に体感できるワイヤレスイヤホンではないでしょうか。

管理人も使用してみて、非常に使い勝手がよく、完全ワイヤレスイヤホンが今後の主流になっていくのだろうなと感じさせられました。

完全ワイヤレスイヤホンに興味はあるけれど、自身の使用環境に合っているかどうかわからない、お手頃な価格で試してみたいという方におすすめです。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。