【DAW】Tracktion6 を日本語化する方法

みなさんどうもこんにちは。オーディオ大好きのツウです。

以前、「BEHRINGER UMC202HD」というオーディオインターフェイスを購入したさい「Tracktion」というフリーのDAWソフトがバンドルされていました。

せっかくなので使用感など確認しようと思います。(貴重なブログネタなので・・・)
「Tracktion」はダウンロードした段階では英語になっているので日本語に変更します。

そもそもTractionとは

最初にも書きましたが、フリーのDAWソフトです。最新版のみ有料ですが、新バージョンが出る度に以前の旧バージョンはすべて無料で開放しています。また、無料版にありがちな機能制限も無く全機能が使えるようです。これはかなり太っ腹だと思いました。

これがあればすぐにDTMを始めることができます。ただ、評判によるとどうも使用感にクセがあるソフトのようなのでそういったところにも注目していこうと思います。

それでは日本語化

まず「Tracktion6」のメニュー画面にて、「Settings」を選択します。

続いて「Settings」内の項目にある「General Behaviour」を選択します。

そこでまず、「Font」の欄にある「…」の中から「MS UI Gothic」を選択します。(調べてみると、このフォントが日本語と一番相性が良いようです。)

その後、「Language」から「日本語」を選択すれば完了です。
これで画像のように日本語化されます。

最後に

「Tracktion6」の日本語化について見てきました。無料なので興味のあるかたはチェックしてみてくださいね。

Tracktion 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!