【まとめ】WordPressブログを始めるためのロードマップ

レンタルサーバー「mixhost」を使用したWordPressサイトの作り方をまとめました。

サイト作成までの手順はこちら。

レンタルサーバーの契約

独自ドメインの取得

サーバーとドメインの連携

WordPressの導入

WordPressの初期設定

最初は少し難しいかもですが、1つずつクリアしていきましょう。

また、WordPressブログを立ち上げたあとに必要になるであろう情報もまとめています。

レンタルサーバーの契約

まず最初にmixhostと契約する必要があります。mixhostは高速・高機能なレンタルサーバーで、月額880円(スタンダードプラン)から契約することが可能です。

またSSL化も容易なので、セキュリティー面でも安心して利用することができるでしょう。

mixhostに最適化されてキャッシュプラグインなど、WordPress高速化のためのギミックも多く用意されている点にも注目です。

MixHost-レンタルサーバー

10日間の無料お試しが可能なため、自身の利用環境に合わなかったとしてもリスクをゼロにできるでしょう。

・SSL化が容易
・WordPressの高速化
・自動バックアップ

独自ドメインの取得

ドメインとは、ブログの住所のようなのもので、サイトのURLになります。この部分もユーザーが名前を決めてやらないといけません。

「https://〇〇〇.com」の〇〇〇の部分や「.com」の部分を調整または変更することになります。

一度決めると変更することはできないので、慎重に決めましょう。

ドメインの取得会社は多くありますが、どれも大きくは変わりません。絶えず何らかのキャンペーンが実施されているので、お得になるタイミングを狙ってみてもいいでしょう。

エックスドメイン -ドメイン
お名前.com -ドメイン

サーバーとドメインの連携

サーバーとドメインの準備ができたら、これらを紐付ける必要があります。

WordPressブログを作る上で一番難しいところかもしれませんが、ここを乗り越えれば一気に完成に近づくでしょう。

下記2つの設定が必要になります。

・ドメイン側の設定(ネームサーバーの設定)
・サーバー側の設定(ドメインの追加)

WordPressの導入

いよいよWordPressのインストールに移ります。WordPressのインストール自体は非常に簡単です。

手順さえ踏めば問題なく導入できるでしょう。

WordPressの初期設定

WordPressをインストールしたあとはいくつか行わないといけない初期設定があります。

・常時SSL化
・パーマリンクの設定
・テーマのインストール
・コメントの設定

ブログを書き始める前にサクッと終わらせましょう。

余力があれば、こちらもチェックしてみてください。なおこちらは、ブログ運営を開始してからでも設定可能なので、今すぐ行う必要はありません。

mixhostのデメリットとして、初期ドメイン(mixhostと契約したときにもらえるドメイン)は独自ドメインを取得すると自動的にサブドメイン扱いとなります。

そのサブドメインにアクセスすると、ファイルツリーが丸見えなので、これから複数のブログを立ち上げていこうと考えている方にとっては、あまり好ましくない状態になっています。

1つの解決方法として、サブドメインにアクセスがあったとしても、リダイレクト設定で別のサイトに飛ばしてやるのが簡単な解決方法だと思います。

WordPressの高速化

Mixhostには、特定のプラグインを導入することでWordPressの高速化が可能です。ブログを運営していて動作が重いな、と思ったとき導入してみてはいかがでしょうか。

アイキャッチ画像の作り方

ブログを初めて最初に悩みがちなのがアイキャッチ画像の作り方です。しかしネットにはアイキャッチ画像を作る上で便利なフリーソフトが多くあります。

おしゃれなアイキャッチ画像を作成したい場合はぜひチェックしてみてください。

Canva – Webサイト

画像ファイルが大きいときに使える便利なプラグインが「EWWW Image Optimizer」です。自動で画像ファイルを圧縮してくれるので、記事作成の時間短縮やサーバー容量の軽減に繋がるでしょう。

サイトマップの導入

記事を書いても、Googleにその記事を認識してもらわないと、検索エンジンで表示されるまでに長い時間を要してしまいます。

そこでサイトマップを導入して、Googleのクローラーを呼び込みましょう。

そうすることで、Googleに絶えずブログの最新状況を伝えることができます。

商品紹介

ブログでレビュー記事を多く扱う方にとって心強いプラグインが存在します。「Rinker」というプラグインを使用すれば、手軽に素早く商品リンクを貼り付けることができるでしょう。

商品紹介では超おすすめできるプラグインです。

SNSとの連携

ブログ運営においてSNSは強力な拡散ツールになり得ます。有名ブロガーの方でSNSをやっていない方はほぼいらっしゃらないでしょう。

ブログとSNSを早期に連携することで連携することで、情報拡散を有利にしましょう。

IFTTTという、Webサービスを使用するとWordPressとSNSを連携させることが可能です。メリットは、WordPressとSNS連携用のプラグインを1つ減らせます。また、様々なSNSに対応しているところでしょう。

デメリットは、設定がやや難しいことと、任意のメッセージがつけづらいところです。

IFTTT- Webサイト

また、Jetpackというプラグインからも連携が可能です。メリットは、連携設定はJetpackのほうが簡単で、任意のメッセージも毎回残せます。

デメリットはプラグインが増えることですね。

まとめ

WordPressブログを始めるためのロードマップを紹介してきました。

難しいのは最初だけで、一度経験してみると、その後はものすごくスムーズに進めるようになると思います。

ぜひブログ運営にチャレンジしてみてください。

こちらにブログ運営に役立つツールをまとめました。

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー
<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!