IFTTTを使用してWordPressとTwitter/Facebookを連携させる方法

WordPressでブログを書きながら、SNSでも記事を公開している方は多いと思います。

WordPressとSNSを連携できれば、更新忘れを防げるだけでなく、時間短縮にも繋がりますよね。

それを解決できるのが「IFTTT」です。

そこで、IFTTTを使ったWordPressとSNSとの自動連携について紹介していきます。

この記事を読んでわかること:
WordPressとSNSの自動連携のやり方

IFTTTとは

まずIFTTTとは、アプレット(旧名:レシピ)と呼ばれるツールを使ってWebサービス同士を連携することができる、Webサービスのことです。

これだけでは分かりづらいので、もう少し説明。

IFTTTの意味は下記の頭文字から来ています。

IF(もし)

This(ユーザーが〇〇をした)

Then(その時)

That(△△をする)

IFTTTは、ユーザーが何かをしたとき、何かを発生させる装置と思っていただいてかまいません。

そして、「〇〇」や「△△」を決めるのがアプレットです。

今回の場合は、

「もし」「ユーザーがWordPressで記事を更新した」「その時」「Twitterに自動投稿する」

を目指します。

それでは、詳しい設定方法を見ていきましょう。

会員登録

まず、IFTTTの会員登録を行いましょう。

IFTTT- Webサイト

メールアドレスを登録すれば、すぐに開始することができます。

GoogleアカウントやFacebookアカウントも利用可能です。

アプレットを見つける

最初に、「WordPressとTwitterを連携させることができるアプレット」を探さないといけません。

ここで、意識しておくべき点がいくつかあります。

・アプレットは個人で作成可能

・他者の作成したアプレットは使用可能

・同じ機能をもったアプレットは星のように存在する

・ユーザーが欲しい機能を有したアプレットを自分で見つける必要がある

上記にもありますが、自分でアプレットを探す必要があり、更新頻度も高いことから次から次と似たようなアプレットが出てきます。

説明文も大半が英語なので、少し難しいかもしれませんが、わからないときはGoogle翻訳を利用しましょう。

まず「WordPress」と「Twitter」の連携から。

WordPressとTwitterの連携

1.IFTTTの検索で「WordPress」と検索してください。これで、WordPressに関係するアプレットがわかります。

2.検索結果が表示されたら、WordPressとTwitterが連携できそうなアプレットを探します。

赤枠で囲んだ「WordPress to Twitter」は直訳で「WordPressからTwitter」なので、今回欲しい機能に関係していることがわかります。

3.アプレットを選択すると、アプレットの詳しい情報が出てきました。「Turn on」をクリックします。

4.IFTTTとWordPress/Twitterのアカウントをそれぞれ連携させていく必要があります。「OK」をクリック。

5.「ユーザー名」と「パスワード」を打ち込んで、IFTTTとTwitterを連携させます。

6.「Blog URL」と「Usename」「Passward」を打ち込んで、IFTTTとWordPressを連携させます。

7.それぞれのアカウントを連携してやると「Configure」画面になります。画像下の「Tweet text」に任意のワードを継ぎ足してやると、その文字も一緒にツイートされるようになっています。

「Save」をクリックしてやれば「WordPress」と「Twitter」の連動は完了です。

8.「My Applets」の中の「Applets」に「WordPress to Twitter」が追加されいてるはずです。追加されたアプレットにエラー等出ていないか確認しましょう。※エラーが出たら設定が間違っている可能性があります。

WordPressとFacebookを連携させる場合

基本的に「Twitter」と連携させたときとやり方は変わりません。

1.「Automatically share new posts to a Facebook Page」というアプレットを見つけたので、これを使用していきます。

※何度も書きますが、似たようなアプレットはたくさんあるので、このアプレットである必要はありません。設定方法もほとんど変わらないと思います。

2.IFTTTとFacebookのアカウントを連携させていきます。「WordPress」はすでに連携させてあるので、今回はFacebookのみですね。

3.こちらも連携させることができました。これで、Facebookにも自動的にブログ記事が投稿されるようになりました。

まとめ

IFTTTを使用してWordPressとTwitter/Facebookを連携させる方法について紹介してきました。

最初は少しとっつきにくいかもしれませんが、いろいろなアプレットを操作していると自ずと操作できるようになります。

また、英語も多少読めたほうがいいのですが、Google翻訳を使えば大半の意味は理解できるので、連携させるうえでの大きなハードルにはならないと思います。

これで、SNSへのブログ記事投稿を少しでも時間短縮しましょう。

気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

IFTTT- Webサイト

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー
<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!