「WP Super Cache 削除⇒HTTP ERROR 500」から復旧【wp-config.php を削除】

またやってしまいました。

キャッシュ系プラグインの取扱には要注意が必要ですね。

WP Super Cacheを削除したため「HTTP ERROR 500」というログインエラーが発生してしまい、その状態から復旧するまでの内容となります。

※サーバーはmixhostを使用しています。

We Super Cacheを削除したらログインエラー

管理人は、キャッシュ系プラグインである「We Super Cache」を使用していましたが、別のものを使いだしたので思い切って削除することにしました。

しかし、ここで過ちを犯します。

キャッシュ系プラグインというのは、削除手順などが決まっている場合がほとんどで、手順を踏まないと削除した場合エラーが発生することがあります。

管理人もそういった手順を踏まずに、通常通りプラグインを削除してしまいました。

その結果・・・。

全ページで「HTTP ERROR 500」が出てしまい、まったく制御できない状態になってしまいました。

この状態から復旧していきます。

※サーバー(mixhost)機能から前日の状態に復旧しても良かったのですが、既に1記事を投稿してしまっていので、こちらの方法はやめました。

FTPクライアントソフトから「wp-config.php」を確認

「We Super Cache」を削除して不具合が出るときは、たいてい「wp-config.php」ファイルに問題があるということがわかりました。

さっそくFTPクライアントソフトで該当するファイルを確認します。

ファイルは、「/public_html/〇〇○.com←取得したドメイン」か「/public_html/〇〇○.com/wp-content」の中に存在します。

/public_html/〇〇○.com

/public_html/〇〇○.com/wp-content

環境によって微妙に存在する場所が違うようなので、見つからなかった場合は別の場所を探してください。

管理人は「/public_html/phone1media.com」でファイルを発見しましたが、なんとwp-config.phpのファイルサイズが「0」という状態になっていました。

おそらくWe Super Cacheを削除したとき一緒にぶっ飛んでしまったのでしょう。

「wp-config.php」のサイズが「0」になっていたときの対処法は見つけられませんでしたが、「wp-config.php」が消えてしまった場合の復旧方法は多々あったので、wp-config.phpをまるごと削除して復旧することにしました。

wp-config.phpのサイズが「0」になってしまったとき→対処法不明

wp-config.phpが消えたとき→復旧方法有り

※FTPクライアントソフトにはFFFTPを使用しています。

WordPressに情報入力してログイン

「wp-config.php」を削除して、再びWordPressにログインしたところ下記のような画面になったので、サイトの状態が変わったことがわかります。

ここで日本語を選択。

言語を選択すると次のような画面に切り替わります。

下記データを要求されるので入力していきましょう。

データベース名

データベースのユーザー名

データベースのパスワード

データベースホスト

デーブル接頭辞

それぞれの項目について説明しますが、自身の環境に置き換えてください。

データベース名

1.mixhostの管理画面から「MySQL Databases」を選択します。

2.MySQL データベースから現在のデータベースを確認できるでしょう。

データベースのユーザー名とパスワード

初期からなんの設定も変更していない場合は、WordPressにログインするときのログイン名やパスワードのことではありません。

mixhostの場合は、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールにユーザー名とパスワードが記入されています。

おそらく、それぞれのサーバーと契約を交わしたときにこういった情報がメールで送られているはずです。

データベースホスト

データベースのホストはサーバー名のことです。

1.mixhostではcPanelの右側にあるサーバー情報から確認できました。

2.サーバー情報のサーバー名となります。

テーブル接頭辞

1.mixhostの管理画面から「phpMyAdmin」を選択します。

2.phpMyAdminかの赤枠で囲ってある値がテーブル接頭辞になります。

「〇〇_」という形になっているはずです。

WordPressにログイン

入力後に送信をクリックして、「インストール実行」を選択すると完了です。

その後、通常通りWordPressにログインします。

これで、無事復旧することができました。

「wp-config.php」の属性を変更する

FTPクライアントソフト(※管理人の場合はFFFTP)を再び確認してみると「wp-config.php」が復活しています。

ここで「wp-config.php」のファイル属性を確認する必要があります。

ファイル属性を確認して、本来の数字と変わっている場合は数字を変更してやります。

「wp-config.php」のファイル属性は「400」です。

管理人の場合は「600」となっていたので「400」に修正しました。

数字を修正してOKを選択して完了です。

<使用しているサーバー>
MixHost-レンタルサーバー

<使用しているドメイン>
エックスドメイン-ドメイン



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!