YouTubeのプライバシー設定!登録チャンネルを非公開にする

YouTubeを利用していると、チャンネル登録や高評価した動画が増えていきますよね。しかし設定次第では他のユーザーから、そういった情報が丸わかりになっている場合があります。

そのような状態が気になってしまう方向けにプライバシー設定を使った対象法を紹介していきます。

パソコンで設定する場合

パソコンで設定する場合はこちらのWebページから設定します。

YouTube で共有するコンテンツを管理する

そこで「すべての登録チャンネルを非公開にする」にチェックを入れてください。このように設定しておくことで自分の登録してあるチャンネルは他のユーザーからはわからなくなります。

また自分が他のチャンネルを登録したとき、本来であればチャンネル主側に「○○さんがあなたのYouTubeチャンネルを登録しました!」というメールが届くはずです。

しかし、こちらも「すべての登録チャンネルを非公開にする」にチェックを入れておくことでチャンネル主側に通知されなくなります。

チャンネル登録するとき相手に知られたくない場合はチェックを入れておくといいでしょう。ただYouTubeの不具合で、設定を完了していても相手側に通知が届いてしまう場合があるようなので、そこは割り切るしかありません。

その他にも、「高く評価した動画をすべて非公開にする」「保存した再生リストをすべて非公開にする」を設定することができます。

とりあえずすべての項目にチェックを入れておいても問題ありません。

スマートフォンで設定する場合

YouTubeアプリを立ち上げてアカウントを確認します。その状態でユーザー名の横にある▽をクリックしてください。

アカウントの「マイチャネル」を選択してください。

続いて歯車のマークをクリックしてください。

プライバシーに関する設定ができるので、「すべての登録チャンネルを非公開にする」にチェックを入れましょう。これで他のユーザーからはわからなくなります。

まとめ

YouTubeのプライバシー設定のプライバシー設定について紹介してきました。他のユーザーに登録しているチャンネルやお気に入りの動画を知られたくない場合には設定してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でtwo_audioをフォローしよう!